マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:右近くん( 40 )


2017年 12月 05日

高槻城太郎からのご案内~右近くんにっき20171204~みんなで城になろう!

d0129713_22224825.jpg
みなさん、しわっす!
(毎年こんなこと言ってる気がする)

たかつきじょうたろう(だれ?←新キャラです)からのお知らせです!
高槻城下町のみなさんが人文字で高槻城を描きます。

「子ども夢企画」
 ・主催:高槻市立第一中学校区地域教育協議会(つばさネットワーク)
 ・日時:2017年12月9日(土)10時~12時30分
 ・場所:第一中学校
 城下町の中学生のみなさんが中心になって企画。
 当日いろんなイベントがあるようですが、しめくくりに、
 高槻城公儀修築400年を記念して、人文字で高槻城をつくります。
 みなさんもいっしょにお城になりませんか?
 おそらく12時ごろからはじまります。
 (雨天中止)

当初のイメージhttp://fukei.exblog.jp/24422595/
よりも、ずっとまじめな城ができそうです。
(みんな、いいお城になるんだよ)

ところで、「たかつきじょうたろう」。
8月に描いて、そのままになっていました。
年末になってやっと登場。
余白がさびしいので休憩中に城下町ファミリーを描き加えてみました。
ふたごのやぐらちゃんたち、そのまんまの赤松っちゃん。
てっせんぼうやは江戸時代高槻城の妖精です・・・
お気に入りは、ゆらゆらしてるいしがきさんと、
水も滴るほりさん、かな・・・
右近くんファミリーともどもよろしくお願いします。

公儀修築から400年の今年もあとわずか。
でも実際には高槻城はもっと古いですし、まぁ、ひとつの節目ということで、
来年も記念の企画は続けられたらいいなと思っています。
(まだ実行してない企画もあります)
またお知らせしたいと思います。

では、寒くなっていますが、みなさんお元気で!


[PR]

by ti-ao | 2017-12-05 22:23 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日

みんなの高槻城つくろう!~右近くんにっき20170611~

d0129713_22004801.jpg
d0129713_22005939.jpg

今年は高槻城の公儀修築から400年、記念の年。
「築城400年まつり」やりませんか!


たとえば、
「人文字でつくるお城」(白と黒の人文字で城を描き、屋上から撮影する)
「お堀ばたキャンドル」(一人一灯持ち寄って、堀のカタチを浮かび上がらせる)
「壁描き天守」(城郭内の公民館や学校の壁からみんなで描いた城の絵をつり下げる)


おとなもこどもも役所も市民も。
みんなで400年まつりを。
そして、いつか高槻城の復興を。
城下町らしさを大事にしたまちづくりを。
そんな高槻城下町ルネサンス。
未来の子どもたちに何を残すのか。
今から考えて一歩一歩。


さらに、
高槻城下町連盟をつくり、
大阪城下町連盟、日本城下町連盟、国際城下町連盟へとつなげ、
国内と海外の城下町の人たちとつながっていく。
というのはどうでしょうか。


(休日のゆめのまたゆめ)


[PR]

by ti-ao | 2017-06-11 22:01 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 28日

高槻城下町のヒミツ~このまちのたからものさがし~高槻小学校の授業

d0129713_22073173.jpg
d0129713_22074472.jpg

 右近くんが言いました。
「このまちにはお城があってんて」
「ぇ、そうなんや。てゆうことは城下町もあったってゆうことよね」
 おどろいて、伊勢ひめが答えます。
「うん、今はどうなってるんかな?城下町」と右近くん。
「えっ、まさか、なくなっちゃったの?!」と伊勢ひめ。

神社、お寺、教会、武家屋敷、町家、お地蔵さま、道しるべ。
道は昔から残っているのかな。堀はどうなったのかな。
お城はどうなったのかな。
いつもの道にヒミツ(たからもの)がいっぱいある。
高槻城下町のヒミツ、みんなでさがしてみてね。

そして、
たいせつなことは、
このまちのたからものをさがしている子どもたちこそが、
このまちのいちばんのたからものだということです。
ありがとう。


2017年1月25日(水)2時間目~4時間目 雲ひとつない青い空
高槻市立高槻小学校の3年生のみなさん(おおよそ80名くらい)と
高槻城下町の探検、たからものさがしに出かけました。

校長先生や担任の先生方と昨年からお話する中で決まった
「いつもの通学路のたからもの(ヒミツ)さがし」
先生と私の間では、このテーマははじめから一致していました。
かつて城があり、今も城下町であるいつものまち。
そのことに興味を持ってもらうきっかけになったらいいな。
そして、10年後、20年後には、このまちが城下町であることが、
まずは地元のみなさんにとって、あたりまえのことになっていてほしい。

未来の子どもたちに伝えるために、今の子どもたちに伝える。

ただし、あれを知ってほしい、これを知ってほしいと、
こちらのつよい思いを押し付けるのではなく、
基礎的なことをなるべくまんべんなく提示して、
何に興味を持つかは、子どもたちひとりひとりに任せたい、
そう思っています。

生徒さんたちは、まじめに話を聞いてくれ、まちを見てくれ、
せっせとしおり(野帳)にメモしていました。
そして、とてもいい質問もしてくれました。
子どもたちの質問はストレートで、とてもよいところを見ている。
あとで、校長先生がくださった写真やケーブルテレビのニュースを見て、
子どもたちがあんなにいい顔をしていたのだとわかって、
とてもうれしかったです。
(その時は必死だったので、実はよくわからなかった)

近い将来、私たち大人が気づいていないことに、
この子たちが気づき、新たな発見をしてくれるにちがいないと、
そんな感想を抱いた今回の地域学習の授業でした。

学校の校長先生はじめ先生方や職員のみなさま、
先生をご紹介くださった高槻市のみなさま、
取材してくださった広報やケーブルテレビのみなさま、
家を見せてくださった町家のみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

そして、3年生のみんな、ほんとにありがとう。
おっちゃんもほんまにええものを君たちからもらいました。
300歳町家の囲炉裏を囲んで、子どもならあんなにたくさん座れると、
初めて知ったことも、おもしろい発見でした。
いっぱい手をあげてくれたのに、時間切れで質問に答えられなくてごめんなさい。
機会があれば、みんなの質問にちゃんと答えたいと思います。
でも、おそらく、君たちなら自分で答を見つけられるはずです。
ナゾを解く旅の途中で会えたなら、話をしましょう。
そんな時をたのしみにしています。

マチヤ・テラスよりアイをこめて


追記1:
このしおり描いてた時は年末休み。「真田丸 総集編」やってたなぁ。

追記2:
教育現場の先生って、たいへんやろうなぁ。頭が下がります。
きっと、つよい思いがなければ続けられないでしょう。
(それは私たち建築設計者も同じかも)
教育の現場をもっと支えられる世の中にせなあかん、
というよりか、もっと教育ができる世の中そのものに戻らなあかん、
つまり、みんなが自ら教育に取り組む必要がある、
そんな気がします。


[PR]

by ti-ao | 2017-01-28 22:08 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2016年 03月 22日

授業のためのスケッチ~高槻市内中学校での出前授業~

d0129713_21204240.jpg
d0129713_21204942.jpg

マンガや映画、ドラマもいいけど、
実は、小説がいちばん。
ゆたかにイメージのひろがりを得られるという点においては。

先週、地元高槻のとある中学校への出前授業に参加させていただきました。
学校から大阪市立住まい情報センターさんにお声がかかり、
さらに大阪府建築士会にお声がかかり、そして、私にも。

授業は3時間目と4時間目。
3時間目は、お話2本立て。そのうちの1本を私が受け持たせていただきました。
4時間目は、ワークショップ形式で、建築士の仕事や建築への疑問に答えました。

3時間目。

1本目は、
士会の若手建築士のみなさんが取り組んでいる、
「家島プロジェクト」のお話。
姫路市域で瀬戸内海に浮かぶ家島。
ここでの古い宿(海の家)再生の様子。
なかなかにおもしろい。
詳細はこちらへ。
http://h-ieshima.jp/news/13027
先輩建築士ももっと応援してもいいですよね。

そして、2本目が私の話です。
無難にやるならプロジェクターに画像など映しながらお話。
わかりやすいし、いつしか、私自身もこれに慣れてしまっています。
しかし、今回はあえてそうしないことにしました。
学校だから、板書しながら話そう。
生徒さんたちにとっては毎日のことでおもしろくないかもしれないけど。

このごろの子どもたちは、映像画像の海に浸って育っている。
よって、あえて映像も画像も一切見せずに、
話だけで、風景を心の中に描き出してもらおう。
そういう時間にしてみたい。
そう思ったのでした。

持ち時間は20分。
10分ほどかけて、学校のまわりの昔の風景を想像してもらおうとしました。
いつも言っていますが、過去をなつかしむために歴史を調べているのではない。
これからのまちをつくる上で、それをふまえることで、
よりそのまちらしいまちづくりができるから、なのです。
歴史をふまえてみれば、見えなかったものも見えてくるはず。

3年、あるいは、6年、若い感受性を持った時代に過ごす学校、
その周辺のまちについて、知らずに過ごすのはもったいない。
もしかしたら地域学習の授業もあるかもしれず、
つまり、これは私の役目ではなかったのかもしれないとは思ったけど、
すぐ近くの有名な場所も、みんな知らないようだったので、
つい、この話が長くなりました。

そして、こういう話は、他所から通っていらっしゃる先生方にも、
ぜひ聞いていただきたいと思っていました。
その年の大半を過ごすまちについて、生徒さんにも先生方にも、
ぜひ関心を持って見ていただきたいのです。
せっかくいいものがいっぱいある。もったいない。

この話だけで20分いきたかったですが、
後半、無理やり町家の話に。
それでめちゃくちゃ中途半端な内容になってしまいました。
生徒さんたち、先生、そして、関係者のみなさん、すみませんでした。
あの授業に関する自己採点は、100点満点として、10点あるかどうか。
ただし、ほんの一人か二人の生徒さんにとっては90点かな。
あの、いきいきとした目で聞いてくれていた子たちが、
学校のまわりの今と昔の風景の違いに気付いて、
ちょっとわくわくしてくれたのならいいなぁと思っています。
つまり、私は教師には向いていないということですね。

画像は、この授業のために描いたスケッチ。
1枚目は授業前日に、2枚目はその1週間前に描いています。
考えすぎですよね(苦笑)

*なお、当日、実際のお話の順番は準備の関係で逆でした。

4時間目のワークショップでは、根源的な質問があって、
それは、建築士として、初心に帰るきっかけとなりました。
印象に残ったやりとりをひとつだけ。
生徒さん「建築士になったきっかけはなんですか?」
答え「みんなとおなじ中1のころ、団地に住んでて、
 こういうまちをつくるひとってどんなひと?って思ってて、
 気付いたらなっててん」

なお、ちゃんとお名前が読めなかった生徒さん、失礼しました。
とても美しいお名前だと思います。
なかなか読んでもらえなくて困ることもあるかもしれませんが、
大切にしてくださいね。
[PR]

by ti-ao | 2016-03-22 21:20 | 右近くん | Trackback | Comments(1)
2015年 11月 14日

「右近くんくらべ」~右近くんにっき 20151114~ 

右近くんと伊勢ひめ。
ちょっとずつ違います。
d0129713_2281998.jpg

城下町の自治会文化祭、いよいよ明日。
「わたしの城下町」の参加企画は、
メンバーの方が、おもしろい内容を準備してくださっています。
昔の上空写真や絵図面と今を比べながら、
まちについていろいろな話ができそうです。
お待ちしています。
 「高槻地区ふれあい文化祭」
  2015年11月15日(日) あさ10時~ひる3時
   城内公民館 2階奥の部屋

追記:
画像は、夏のムービー用に描いたものです。
ほんとうは手足とか髪とか帽子とか動かそうとしましたが、
くじけました・・・
[PR]

by ti-ao | 2015-11-14 22:08 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2015年 11月 08日

たかつきご城下タイムズ 2015年11月 あきのつき号/追記あり

d0129713_2327211.jpg

城下町高槻をあっためなおそう♪
ゆっくりとじっくりと。

主な内容:(追記11/9)
1.「高槻地区ふれあい文化祭」 11/15(日) 10時~15時 城内公民館2階
 「みんなで城下町を再発見するdeカフェ(仮)」(teamわたしの城下町で参加します)
2.横山家住宅(国の登録有形文化財)では菊がきれいです。
 さりげなくマチヤ・カフェ 11/28(土)午後(予定)
3.「たかつきまちあるき」 10/17(土)(大阪府建築士会主催)がありました。
4.「右近くん絵にっき」

ひとつ前の記事といっしょにお読みいただくと、
よりわかりやすいかと思います。
[PR]

by ti-ao | 2015-11-08 23:27 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2015年 07月 20日

たかつきご城下タイムズ 2015年7月あさがお(桔梗)号

d0129713_1212793.jpg

梅雨明け、夏休み、海の日ですね。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
ということで?
高槻城下町、この夏の情報など、ちょこっとまとめてみました。
どうぞご覧ください。
あくまでもどこまでも市民目線(笑)
高槻町家のマネージャーです♪

高槻町家の情報などもお寄せください。
次はいつ出るのか、そもそも出るのかどうか、
まったくわかりませんが(ぉい!)


追記(のほうが長いぞ):
伊勢ひめは前号のサマーガールのまま。
そのほうが描きやすいと気付きました(笑)
今回は読書用メガネを使用せずにがんばりました!

登録文化財1件につき上限5万円、国から市へ交付。
1軒の町家でも主屋、別棟、蔵、とか複数棟登録すると、
件数は別になるので、そういう町家由来の場合、
上限20万程度は交付されているはずです。
こういうことは案外、市の職員さんもご存じないのでしょうね。
台風被害などの補修を自力でなさっている現状があり、
せめてその町家由来で交付されたお金は、その家の補修、
維持管理に使っていただきたいのです。
そのための登録文化財由来の交付金ではないのでしょうか。
知り合いの職員さんにはお話していますが、
また役所に話をしに伺いたいと思います。

町家すべてを公的に手当てすることがむずかしくても、
せめて、文化財になった町家については、それなりの手当てをしてほしいです。
まちの財産でもあるわけですから。
[PR]

by ti-ao | 2015-07-20 12:12 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 08日

「Yokoyama Times」takatsuki machiya Times 001 刊行☆(なのか?)

高槻の300歳町家、横山家住宅をはじめ、愛しの高槻町家のニュースをお届けする、
新聞、のようなもの、をつくってみました。
(内容は最近のお知らせとほぼいっしょです)
ちょっと見てやってください。
d0129713_2245673.jpg

たとえば、いつマチヤ・カフェがあるのか、とか、
電脳情報網にいない人にも知っていただけるようにしたいと、いつも思っていました。
これまでも手作りチラシをつくったことはありましたが、今回は学級新聞や壁新聞のイメージ。
町家の土間の壁にでも貼っていただけたらよいのかな。

たとえば、他の町家のお名前で「○○ Times」でもいいし、「高槻ご城下 Times」でもいいし、
もっと高槻町家のニュースやコラムなどもあっていいのかもしれません。
(今回は4コマならぬ3コマ漫画です)
次の展開があるのかも、ないのかも、まったくわかりませんが、
もっとこうしたらいいんじゃないかとか、内容や編集や運営も含めて、
みなさんのご意見などいただけたらうれしいです。
もちろん、励ましのお便りも歓迎です!(ほめられて伸びる子なんです♪)
よろしくお願いします。

先週の土曜日夕方に横山家住宅を訪ね、突然、「Yokoyama Timesつくってみます」と告げ、
(もちろん今回も町家センセイご夫妻は「なんのこっちゃ?」とお思いだったはず)
アトリエに戻って、一夜で(ほぼ即席で)描きました。
そして、翌日曜日に横山家住宅に配達!
(ほとんど新聞と同じようなスケジュール!?)
町家センセイ、奥様、毎度、すみません+ありがとうございます。
d0129713_2245252.jpg
d0129713_22453229.jpg

そして、町家には梅が香っているわけです。

(町家センセイにはOKいただいて公開しています)
[PR]

by ti-ao | 2015-06-08 22:45 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 03日

わたしの城下町 in たかつき~右近くんにっき版~/追記あり

d0129713_2312533.jpg

同じタイトルでまったく違う感じで描いてみました。
前のロゴと同じ日に。
今度は久しぶりに右近くんと伊勢ひめの登場です。

それと、高槻城星人、しろやん三世。
(Dareyanenn sore!?)
以前描いた「岸和田トコトコまっぷ」の岸和田城星人の弟です。
高槻城の歴史をものすご~くおおざっぱに、
戦国期、高山右近さん時代を一世、
江戸期、永井のお殿さま時代を二世として、
次に(将来)できる城が三世。
その三代目の城の妖精です。
(Oi,Daijoobuka!?)

結構、まじめな気持ちで描いています。
わたしの城下町、いっしょにつくりませんか?


追記1
右近くんファミリー、どんどん線が減っていく。
そのうちギャグタッチにしたい。
こんなん描いてるけど、日常、ほとんどマンガやアニメを見ません。
それだからかな、やっぱりタッチがふるいよね。
(学生時代に見たものが残っているからかな?)

追記2(2015年3月9日付)
昨夜気付いたのですが、今回は今までと、
右近くんと伊勢ひめの左右の並びが逆になってますね。京風?
何日も前の朝日の記事を読み返していて、ふと気になったのでした。
心機一転かな。
(いやぁ、自分で描いたんですが・・・)
[PR]

by ti-ao | 2015-03-03 23:01 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 24日

しごとのあいまに(現在活動休止中のため落書きをお送りしております)

d0129713_0415632.jpg





今見てもおそろしい・・・

てか、折角描いた図面がちゃんと印刷できへん。
なんか急におかしくなんねんなぁ。
PCかCADかプリンタか・・・
もう、明日にしようかなぁ。
(ほんま疲れた)


追記
無事に解決しました。
[PR]

by ti-ao | 2014-11-24 00:44 | 右近くん | Trackback | Comments(0)