マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:波打ち際通信( 16 )


2016年 05月 13日

そらみたことば~この星の色~

d0129713_22313886.jpg
d0129713_22315713.jpg
d0129713_2232349.jpg

なんだかあわただしいこのごろ。
先日の空などご覧ください。
あまりにきれい。
電車を降りてよく見える場所へ。

ここは高槻、山とまちが接する開発の波打ち際。
空の美しさは下界を超越。
これが、この星の色。
[PR]

by ti-ao | 2016-05-13 22:32 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(0)
2010年 04月 06日

おわりははじまり(「高槻ええとこ大学」はじめませんか?)

d0129713_12283282.jpg
d0129713_12285076.jpg
d0129713_1229919.jpg

3月のおわり、古曽部の里を舞台にした
行政主催クイズラリーが終わりました。

なかなか反響も大きいようです。
地元の魅力をあらためて見つけた☆
という方も多かったのではないでしょうか。


(以下、ある知人の話をヒントに思いついたことを少し)

今回クイズラリー参加者から正答数に応じて単位認定して、
こういう企画の度にどんどん単位を修得してもらって、
一定単位を集めたら「景観(ええとこ)学士」になる。
そういう「高槻景観(ええとこ)大学」ができたらなぁ。

範囲も景観のみならず、歴史、教育、産業などにひろげて、
そのためには行政の各部局はもちろん学校や民間とも連携して、
ゆくゆくは「高槻ええとこねっと」形成(地元のいい人やいいところをつなぐ)に向かえたらなぁ。
(「ええとこねっと」のイメージ自体は景観WSのころから)
(類似企画との連携もよいと思います)
(行政の「部署割り」「年度切れ」思考では、実行が難しいこともわかりますが・・・)

折角の人の関心、気持ち。官民の協力、地域へのまなざし、はたらきかけ。
一回ではなく、継続して、発展していけたらなぁ・・・
よい企画であるだけに、今後につなげていく思考が求められると思います。


私たちも自分たちにできることをやりたい。
次回のまちなみ調査は古曽部を、と考えています。
行政の活動と市民の活動が相互に引き継ぎ合えば、地域での継続的な取り組みができ、
過去の活動も無駄にせず、活かしていけるはずです。

(以上、勝手な妄想日記でした。ご関係のみなさま失礼しました)
[PR]

by ti-ao | 2010-04-06 12:30 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 25日

三百歳

d0129713_5524241.jpg

300歳の梅。
乾性寺kenshoji。

江戸時代から、ずっとここにいる。
なんかすごい。

(いつもの町家やヴァイオリンの名器と同い年くらい♪)


☆高槻市主催のクイズラリー、最終週。
 このところずっと冷たい雨。
 せめて週末はおだやかになってくれたら。
d0129713_5532913.jpg

 古曽部の里周辺10ヶ所のポイントにクイズが張り出してあります。
 こういう感じです。
 このイベントの説明マップと、ここでご紹介したはがきもいっしょに置いてあります。
 これを歩いてまわる。
 クイズを解きながら。
 みなさん、きっと景品よりもいいものを見つけられたことでしょう。
 
 なかなかいい企画ですよね。地元への愛着も関心も深まる。
 役所の若い人が鞆の浦に旅行して、そこでやっていたのをヒントにしたとか。
 鞆の浦にも行ってみたくなりました(笑)

こういう準備を、休日も含めて、こつこつとなさった役所のみなさんがいる。
これもこのまちのええとこでしょう。
[PR]

by ti-ao | 2010-03-25 05:57 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 23日

「はじまり」波打ち際通信04

d0129713_1920079.jpg

このまちの「たからもの」さがし、
はじまり はじまり。

山に包まれたお寺。
田んぼに水路。
なつかしい家や塀。
はじめてなのになつかしい。
このあたたかさは
いったい、なんだろう。

あなたも出会いませんか。

d0129713_19204271.jpg

「たからものさがし」~意外なところに、ふと~
お寺に行くと、瓦にお寺の名前が入っていたりします。
ひと息つきながら、ふと、そんなちいさな発見をするのも、
「たからもの」さがしのたのしさかもしれませんね。

山とまちが出会うところ。
~大阪府高槻市「奥天神・古曽部めぐり」~


☆高槻市主催クイズラリー、なかなか好評、反響もあるようです。
 (よかった)
 行政が市民に語りかけた時、その影響の凄まじさ、
 あらためて実感しました。
 行政だけでなく、市民だけでなく、共にできること。
 よりよいまちへの予感。
[PR]

by ti-ao | 2010-03-23 19:22 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 23日

「伊勢寺モザイク」波打ち際通信03

d0129713_18532486.jpg

~高槻市「奥天神・古曽部めぐり」~
伊勢寺。

坂をのぼると、そこは古いお寺。
凛とした空気、木々のモザイク、おでんみたいな飛び石・・・
いにしえの歌人は、なにを想ったろうか。

このまちの「たからもの」さがし、はじめませんか。

(伊勢寺さんは現在改修工事中です)

d0129713_1853483.jpg

「伊勢姫」
平安時代の歌人、伊勢姫。
都から古曽部の里に移り住んだと言われています。
彼女は和歌の中で、時間の長さをあるものの間隔にたとえていて、
感性の豊さを感じさせてくれます。
それは何だったでしょう?

<答は後日コメント欄↓へ>


☆高槻市主催クイズラリーもあと少しになりました。
 (今月28日まで)
 始まった頃は梅の盛りでしたが、今は桜のつぼみがふくふく。
 ほんとうに時の間隔は短いですね。
 そう感じるのは、平安の伊勢姫さんと同じ。
 たくさんの時間を経ても、人の心はつながるようです。
[PR]

by ti-ao | 2010-03-23 18:55 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(1)
2010年 03月 22日

「山とまちが出会うところ」波打ち際通信02

d0129713_6291312.jpg

~奥天神・古曽部めぐり~

ここは、山とまちが出会うところ。
市街化の波が山にうち寄せる「たかつきの波打ち際」。
田畑、林、水路、古い寺社や史跡、民家が、
山に抱かれるように~しづかに~たたずんでいます。
四季折々の色と風を感じられる場所・・・
「すぅ」っと深呼吸。
このまちの「たからもの」さがし、はじめませんか。

d0129713_6294838.jpg

「たかつきの波打ち際」

このまちに海はありません。
でも、まちの波が里の風景を洗おうとするのが見える気がします。
波間に埋もれようとする「たからもの」。
おとなもこどももいっしょになって探ってみませんか?


☆このあたりを舞台にしたクイズラリーに合わせてはがきを、食べました(ぉい)
 (ワンパターンやから、ちょっと変えてみようと思って)
 
 景観ワークショップ(市主催 2007年)「街道ぐみ ぐぅ」チームでは、
 「回遊性を活かした+親子で歩ける」イベント!をイメージしましたが、
 ここまでの現実的な企画、その実行には到底至りませんでした。
 今回は行政の若い衆が主体になって企画をすすめています。
 やるもんやなぁと感心。

 今回イベントで少し人の目を引けたとして、
 この後の展開が、むしろ大事なのだと思います。

 「たかつきの波打ち際」は、地域まるごとが「たからもの」です。
 継続的に取り組みたいです。
 (これを機に、何か流れができれば)

 (関連して、「たかつきの逆三角」をイメージしているのですが、また別の機会にお話します)
[PR]

by ti-ao | 2010-03-22 06:39 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 22日

「山とまちが出会うところ」波打ち際通信01

d0129713_5391682.jpg

~高槻市「奥天神・古曽部めぐり」~

ここは、山とまちが出会うところ。
市街化の波が山に寄せる「たかつきの波打ち際」です。
ここには、山、田畑、林、水路、古い寺社や民家があり、
小道を歩けば、ふと出会うなつかしい景色。

まちの中心からほんの少し歩いただけで、
こういうところがあるって、うれしい。
このまちの「たからもの」さがし、はじめませんか。

d0129713_5394166.jpg

「風を聴きながら」~たかつきの波打ち際にて~

名前は知らないけど、あそこのあの木に花が咲いて、やがて散り、
若葉がしげり、それも散り、そして、いつしか実を結ぶ。
ケータイの画面から、ふと顔を上げると、心に触れてくる風。
いつも校舎から見える風景。
通学の朝夕流れゆく風景。

そんな何気ない風景に、そっと <ありがとう>


☆このあたりを舞台にした市主催クイズラリーに合わせてはがきをつくりました。

 この企画の基礎には、かつての市主催景観ワークショップでの、
 「街道ぐみ ぐぅチーム」の活動報告(提言)の流れが含まれていると感じます。
 2007年夏、市民と行政若手職員とが、暑い中、地域を共に歩き、共に考え。
 そのぐぅチームのコアメンバーは、今のマチヤ・テラスのコアメンバー。
 (活動の遺志?を引き継いでいます)

 そして、今回のイベント。ちょっとだけ協力させていただけました。
 決して偶然ではなかったようです。
 「縁」。
 ありがとうございます。
[PR]

by ti-ao | 2010-03-22 05:52 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 20日

「まちの神域~上宮天満宮の杜~」波打ち際通信05

d0129713_18264516.jpg

上宮天満宮(高槻市天神町)。

ここは山とまちが出会うところ。
通勤、通学、買い物・・・
いつものまちから、ちょっと歩けば、
そこは天神さんの杜。
はるか昔から、このまちを見守ってくださっています。

このまちの「たからもの」。

d0129713_18271046.jpg

天神さん、菅原道真公ゆかりの天満宮。
ここは大宰府に次いで2番目に古いそうです。
さて、天神さんゆかりの花と鳥とは、なんでしょうか?

☆古曽部の里を舞台にしたクイズラリー(高槻市主催)に合わせて、はがきを作りました。
 開催期間中(3/1~3/28)、ラリーポイントのどこかに置かれています。
 (実際のはがきは多少デザインが異なります。品切れの場合はお赦しください。)
市のサイト↓ 
 http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/toshikeikaku/quizrari-2010.html
[PR]

by ti-ao | 2010-03-20 18:32 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(1)
2010年 03月 20日

ぼりゅぅむ2

d0129713_303117.jpg

天神さんの牛さん(の後ろ姿)でした(^_^)v
まちの神域の牛さん。
ありがたや。
ぼりゅぅむまでも、ありがたや。



写真:上宮天満宮(高槻市天神町)の牛さんとこま犬さん

☆この地域らへん(古曽部の里)を舞台にしたクイズラリー(高槻市主催)に、
 マチヤ・テラスもちょこっと協力させていただいています☆
 市のサイト↓ 
 http://www.city.takatsuki.osaka.jp/db/toshikeikaku/quizrari-2010.html

 私はこのあたりのことを「たかつきの波打ち際」と呼んでいます。
[PR]

by ti-ao | 2010-03-20 03:00 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 19日

ぼりゅぅむ

d0129713_14294893.jpg



・・・
[PR]

by ti-ao | 2010-03-19 14:30 | 波打ち際通信 | Trackback | Comments(0)