マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 30日

「おんさかのいえ」 くらしきにっき1

「ふうがわりぃ」と、
その家の人はおっしゃったそうです。

風変わり、ではない。
古い家を放っておいたり、まわりの風景になじまないものに建て替えたり、
そういうことは、
「かっこわるい」とか、「聞こえがわるい」あるいは、「人さまに顔向けできない」
といったほどの意味でしょうか。

倉敷あたりでは、よく耳にすることばです。
私も今回、久しぶりに聞きました。


倉敷。
古い町並み、家々。
ほんとうに久しぶりに訪れました。

「倉敷町家トラスト」というNPOの代表をなさっている、
えぬむらさんにお目にかかりました。

まちなかにある小さな山の中腹。
倉敷、その甍の波を間近に見下ろせる家。
10年近く空家になっていたこの家の主が、冒頭のようなお気持ちで、
さらに、えぬむらさんたちがいらっしゃって、
家は今風のシンプルでおしゃれな和の空間に生き返りました。
宿泊もできるようです。
町並みにもよくなじんでいるように思います。


お話の中で印象的だったこと。

「小さいもの(家)を残す(直す)」
大きなもの(文化財にしたくなるような・・・)は、すでに残してきた歴史が、
このまちにはある。
住まい手がお年を召したり、居なくなっている小さな家を直す。
それは、コミュニティの再生にもつながる。

「まちにあかりを灯す」
わたしが、ではなく、あなたが灯す。
くらしのあかりをみんなで灯す。
終電で帰ってきた人も、あかるいまちを帰れるようにする。

「地元で長くやっていれば、地元から信頼されるようになる」
「モダンだけど、古い住まい方」
「くらしの質を上げる」
「みんなが損をしない、みんなによろこばれること」
「ひとつの川の流域が、私たちの生活圏。
 川の水は私たちの体を通過して川に戻る。
 私たちは、川の支流なのだ」
(これはウケウリとのことですが(笑))

いろいろ心に響くお話をしてくださいました。
私たちの「マチヤ☆テラス」にも通じるものがあり、
とてもうれしく、また、励みにもなります。

最後に、もうひとつ。
ヨーロッパの都市の中には、戦争の爆撃で失われたあと、
まったく元通りの姿に戻されたものがあります。
なぜそんなことができたのかという問いに、
ワルシャワからのお客人は、
「文化とスピリット」そして「土地の霊」だ、とお答えになったという。
特に「スピリット」は、胸に響きました。

建物が目的で、郷土愛や伝統美観が後付けの今の私たち。
順序が逆なのではないかと、えぬむらさんはおっしゃいました。


初めはテーブルに向かい合って、お話を伺っていましたが、
途中からは、障子を開け放して町並みを一望できる畳の上に、
足を投げ出して、並んで座ってお話しました。
中がスタイロではない、ほんものの畳は、少しやわらかく体になじむ。
甍の波、山の緑、そして、お人柄も、しっくりと、
まるでひとつのもののように心になじんできました。

ほんとうに、ありがとうございました。

d0129713_5461797.jpg

[PR]

by ti-ao | 2008-05-30 05:46 | すぃんきょ(くらしきにっき) | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 21日

虎と真田

日曜日、田んぼに行ってきました。
里山、という感じのトコらへん。

「子供たちに自然やその中での人の営みを体験してもらおう」
というような活動をやってる人がいて、
来月、子供たちが田植えをするということで、
その下準備をお手伝い。

肩や腰が痛いです・・・
でも、気分はいい。

で、里山の田んぼに行ってきて、
なんでこういう絵になる、ここのブログ!

d0129713_1183212.jpg
d0129713_1184292.jpg

[PR]

by ti-ao | 2008-05-21 01:19 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(2)
2008年 05月 13日

「ヒカルそら」(あかるすぎてみえない)

d0129713_12441663.jpg

コトバもいらないか。



みんなで車にぎゅうぎゅうになって、
ジャズストリートの倉庫へ片付けに行ったら、
空とか田んぼとか山とか、
めっちゃきれかった。
d0129713_12442953.jpg

[PR]

by ti-ao | 2008-05-13 12:46 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback | Comments(2)
2008年 05月 13日

「空の五線譜」(一体なにを打ち上げたんだ)

てゆうぐらいの、青空。

五本どころじゃすまない。

雨の予報も吹き飛んでしまった、
高槻ジャズストリートの打上げ。


今年、初めて会って、いっしょに活動した人たちとも再会。
イベント中は忙しくて、話す暇はなかったけど、
ここでは、ちょっとゆっくり話せたり。
打上げのいいところかな。
(↑とか言いながら、打上げ初参加なヤツ)



この後、古顔のツワモノの先輩たちと4次会まで。
(見ようによっては6次会まで、か?・・・)
年齢性別を越えた?お付き合い、ほんとにうれしいです。

ありがとうございます。

d0129713_12393180.jpg
d0129713_12393914.jpg
d0129713_12394647.jpg

[PR]

by ti-ao | 2008-05-13 12:40 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 10日

「月のない夜」 (高槻ジャズストリート☆e.d.)

夜の小学校
白い照明
照らし出されるグランド

(あまりの明るさに視覚は戸惑っている)

白くてぼんやりしたものの輪郭
見えているのに不確かな存在
さっきから遠くひびいてくる金属の触れ合う音

人工の光としづけさの中で
先程までの旋律と賑いから にわかに隔絶されて 今
何をするでもなく 立っている
夜のグランドに 一人

みんなどこへ行ったのだろうか
祭の後片付の中 思いがけずふと訪れた
一人きりの静寂の時

それは心地よく はかなく おそろしい

そして あの夜の月を覚えていない...

日常の生活に戻った今の私には
それが とても いとおしく思われるのです。
(ありがとう みんな)



d0129713_1584673.jpg


夜光詩人(ただの酔っ払い・リターンズ)

2005年5月10日 ジャズスト掲示板へ投稿
 三年前の詩を見つけました。
 あまりに今年とおんなじ状況、心情。
 ちょっと恥ずかしいけど、改筆して載せてみます。
[PR]

by ti-ao | 2008-05-10 01:59 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback(1) | Comments(0)
2008年 05月 10日

「見上げると、青き水底」 (高槻ジャズストリート☆5)

ここは、出会いと再会の場。

初めて会った人同士が助け合う。
かつての仲間が、またトナリにいる。
見えないけど、こころにひびき合う何か。

飲食、物販、エコ、本部・・・
テントに木々のシルエット。
その下で、初めての人も古顔も、みんな、がんばってます。


今日は、そんな中、印象に残った話を聞いてください。

          ☆

二日目の朝、あいさつしてくれる笑顔。



「あぁ、昨日、トイレ掃除してくれた子やな」
「トイレ掃除で覚えられるのはイヤです~」
(苦笑)


・・
・・・前夜の事。
薄暗い公園で後片付けをしていると、
向こうで何か騒いでいる。
「え~!いややぁ~!
トイレ掃除なんてムリ!ゼッタイありえへん!」
公園中に響くような声。
昼間、隣のブースにいた若い女性だ。
今どきのおしゃれな若い人。
女子トイレは女性しか行けないからと説得されている。
結局、引き受けてくれたようだ。
・・・
・・


「人がイヤがってやらないことをやって、
 それで覚えられるのは、いいことやと思うよ」
「・・・」


その二日目の夜。
言われなくても、彼女は自らトイレ掃除を始める。
洗面台までピカピカに拭いたようだ。

人は、わからない。そして、きれいだ。

          ☆

今日は城跡公園会場の写真です。



d0129713_140097.jpg

d0129713_1405489.jpg

d0129713_1415864.jpg

[PR]

by ti-ao | 2008-05-10 01:42 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback(1) | Comments(0)
2008年 05月 09日

千人を支える(高槻ジャズストリート☆4)

まちの中心部に設けられた会場47ヶ所。
参加ミュージシャン4000人余。
それを支えるボランティア・スタッフは1000人とも言われます。

そのボランティアを支えるもののひとつ、まかないの弁当。

ブースの移動中、浄行寺というお寺の横を通りかかる。
なんだか活気が感じられる。
確か、こちらでお弁当を作ってくださっているはず。
おじゃましてみると、まさに、厨房では調理の真っ最中。

お寺の檀家のみなさんでしょうか、
30名ほどの方たちが黙々と作業なさっています。

千人の気力と体力を支えるまかないの力。
このお気持ちにこそ、光を当ててもよいのではないでしょうか。

いつもほんとうにありがとうございます。

そして、ごちそうさまでした!
ばら寿司(だと思う・・・)、おいしかったです☆
(これを食べると、「ジャズストに来たなぁ」って実感します。)

d0129713_3141428.jpg
d0129713_314244.jpg

[PR]

by ti-ao | 2008-05-09 03:14 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback(2) | Comments(0)
2008年 05月 09日

「ひびきあう」 (高槻ジャズストリート☆3)

二日目。

各エコ・ブースの巡回、状況確認の後、
昨日最も手薄だった城跡公園へ。
この日は、ここに腰を据える。

まず、この公園会場全体のリーダーを見つけ出し相談。
昨日、なぜか?なかった!本部。
「今から、いっしょに作ろう」

本部の存在明示、情報集積。
それを基点にした飲食・エコ・物販各ブースの連携(バランス)。
本部のリーダーと適宜声を掛け合う。
たったこれだけで、ぐっとやりやすくなった。
前日の巻き返しだ。
今年はどうやらエコ班だけを見ていてはいけないと、
昨日わかった。

よいと思われることは、まず、やってみる。
そうすると、まわりから手伝ってくれる人たちも現れて、
いっしょにやってくれる。
人と人の、心の中でひびきあうもの。
見えないけれど、はっきり感じる。
ふしぎな感覚。


二日目は、今までで、いちばんおもしろかったかもしれません。


高槻ジャズストリート。
まちの様相が一変します。

d0129713_2163729.jpg

一枚目:城北通り、今日は歩行者天国。
   まちの南北の会場への人の流れ。

d0129713_2171015.jpg

二枚目:交叉点。
   ここは、まちの未来を示唆する場所。
   かつての「風景カフェ」提案の地はこの左手。
   奥に見えるバスもイベント専用、会場巡回便(もちろん無料)。
   車内でも演奏してます!

d0129713_2182849.jpg

三枚目:そんな中、マチヤは、今日もひっそりと佇む。
   一瞬、こころに、さわと風が吹く。
[PR]

by ti-ao | 2008-05-09 02:22 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 09日

まちの仲間と(高槻ジャズストリート☆2)

初日。

8:30、少し遅れて参戦。
私はいつもごみの処理をするブース、
通称「エコ・ブース」(エコ班)で活動します。

このイベントでのごみ分別はかなり徹底していて、
まちの夏祭イベントなどにも手法を伝えています。
事実、行政のごみ処理よりもリサイクル率は高いと思います。
ごみの専門ではない私も、ごみを通してまちを見ることで、
いろいろおもしろい経験ができました。

今回、音楽の生演奏はまちのあちこち、確か47ヶ所を会場にしていて、
その中の野外で比較的代表的な3ヶ所にエコ・ブースがありました。

離れた場所にある3ヶ所のエコ・ブースを、自転車で何回も行ったり来たりして、状況を整えます。
どこも人手不足で、しかも経験者がいない。
特に、城跡公園のエコ・ブースは無人で、午後からはここに碇を下ろすことに。

お客に飲食物を出すブースや、ジャズストグッズ(Tシャツ、帽子など)を売るブースには、
ボランティア・スタッフのなり手がいても、
わざわざここまで来て、ごみ処理をしようという人は少ないようです。
(それも慣れっこになりましたが・・・)
一人でごみと格闘?してたら、見かねた他の部署の人が数人、入れ替わり手伝ってくれました。
ありがとう。

久々に復帰したジャズスト、思ったよりコア・スタッフが減っていて、
大変な感じがしました。

かくして、初日は、この城跡公園のエコ・ブースを守るだけでテンテコマイ。

ここ城跡公園の日程が終了後、撤収の手順を終えると、
まだやっている桃園小学校の手伝いにまわります。

この日の私の引き揚げは22:30。
でも、夜通し機材などを見守る夜営の人とかもいます。
ほんと、ごくろうさま。

少々しんどくても、文句は言わない。
みんな、自分にできることを、黙々とやる。
ここの仲間の暗黙の共通認識。

あぁ、言い忘れてましたが、私は数年前、エコ班のリーダーでした。
丁度、エコ班が畑隊やキャンドル同好会をやっていたころです。
今年は久しぶりの参戦。
この初日は、今まででいちばんしんどかった・・・




d0129713_136266.jpg

一枚目:朝の桃園小学校会場、嵐の前の静けさ。

d0129713_137325.jpg

二枚目:夜の小学校、夜間照明に朝の写真の木の影も躍る。

d0129713_1373232.jpg

三枚目:後片付け、トイレ掃除も、みんなでやります。
    お客?が帰ってもイベントは終わらない。
[PR]

by ti-ao | 2008-05-09 01:38 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback(1) | Comments(0)
2008年 05月 02日

「まちの仲間へ」 (高槻ジャズストリート☆1)

明日から、このまちの大きなイベントが始まります。

生ごみ堆肥によるおイモ作りとか、
廃油キャンドル作りとか、
このイベントの流れでの活動も、おもしろかった。
なつかしいなぁ。



このイベント、街のあちこちでジャズを中心とした音楽演奏があり、
無料で聴いてまわれるというもの。

行政がやっているのかと思われがちなようですが、
実は、市民が始め、市民が続けているイベントなのです。
(もちろん、行政のバックアップもありますが)
今年で10回目です。



ミーティングもイベントも、すべて誰でもが参加できます。
やります!って言えば、その場で仲間です。

私自身もここで多くの出会いがあり、
今のまちづくりや風景の活動にも、この人のつながりは活きています。

まちにいて、たくさんの仲間がいる。
まちにいるのがたのしくなる。
こういう感じ、ジャズストのおかげだと思っています。

みんな、ありがとう!



このところなかなか参加できなかったけど、
今年はなんとか合流できそうです。

明日から、また、よろしく!+がんばろう!


d0129713_1726171.jpg

「おじゃましま~す」
d0129713_17261139.jpg

「ま~○ぃさん、寝てる?」
(毎日ジャズストのために走り回ってくださってますから、
さすがに夜になると・・・そっとしとこう)
d0129713_17262056.jpg

ジャズストのミーティングらしいひとコマです(笑)
[PR]

by ti-ao | 2008-05-02 17:32 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback(1) | Comments(0)