マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2009年 12月 31日

えとず・・・「絵と図」

d0129713_1211165.jpg
d0129713_1214360.jpg

マチヤ。

去年の絵。
それに実測寸法を記入してCADで描いた、
今年の図。
比べて見る。

絵のほうが多少タテ長のプロポーション。
これは描いている時に自覚していた。
目の前にあって、目線より高いものを見上げて描いたこと。
あとで実測寸法を記入しやすいよう、
下から順に構成要素(部材)を積み上げるように描いたこと。
絶対的な水平の視点から描く図面では、
隠れて見えない軒裏の部材までを多少意識して描いたこと。
理由はそんなところ。
この絵は、実測のためのスケッチだったから、
実測しやすいように描いてある。

それにしても、
おなじひとつの建築を、一人の人間が、絵と図と両方描くことは、
ありそうで、案外少ないケースかもしれない。
描いた本人であるせいかもしれないけど、
やはり、絵と図と、どちらもひとつのおなじ建築だなぁと思える。

図面というのは、物質と空気(空間)、
あるいは、物質と物質との境界を、
線によって表現しているものであり、
一本の線には必ず意味(意図)があり、
そして必ず、起点と終点がある。

絵でも、物質や見えるものを描く場合はそうかもしれないが、
それ以外のもの(感じるもの)もたくさん描くから、
はじまりやおわりのない線というのも、あり得る。
次第にうすくなったり、細くなったりして、消えていく、
いつおわったのかわからない、
いや、もしかしたら、おわっていないのかもしれない線や、
何ものをも区切らない線、というものが存在する。
あるいは、ふるえたり、ぶれたりもするし、
力強かったり、よわよわしかったり、
怒ったり、泣いたり、笑ったり、語りかけたりさえ、する。
そんな線が存在する。
(線以外の存在も多いのだが・・・)

これらは、一般的には、設計を意図する図面には存在し得ないもの。
特にCADによる図面では。
(かつての手描きの図面には、あったかもしれない・・・)
(図面上でも、装飾的な表現、ドローイングには、あり得る、大いに♪
 絵と図の境界がなくなるケースは、おもしろいのだ。
 つい、そっちのほうへ行きたくなる・・・)

また、図面というのは、直線や円は描きやすいが、
自由な線を描くのは不得手で、ゆえに、自然界にあるものや、
描き手の情感を表現するのはむずかしい。
もちろん、図面にも設計、対象に対する意図や思いは、
込められているし、十分にそれを表現するものだが、
やはり、一本一本の線には、必ず起点と終点はあるし、
必ず二次元の座標を与えられる。
そして、技術や金銭や法規、対象運用の実態など、
きわめて現実的な事情に絡むから、あいまいさは認められない。
線によって、明確に区切り、表現することが、定められた存在だと言える。

とかなんとか言ったって、
どちらも好きなんです(笑)仕方ないです(笑)

今月のはじめに、ふと思ったことです。
なんとなく話してみました。


あっっという間に、年の瀬。
みなさま、今年もありがとうございました。
そして、
よいお年を。
[PR]

by ti-ao | 2009-12-31 12:04 | まちなみ調査+マチヤ実測 | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 30日

マチヤ/ツキ

d0129713_1295064.jpg


幾度かの訪問、二度目の対面。
家と人、人と人・・・

冷える風が吹きぬける。

たとえ、10に2~3であろうと、つないでいく。
焦るまい。

芥川宿から旧城下町に入る。
いつもの町家。
ちょうどご夕飯の頃合。
お声はかけず/軒先から月を見上げるだけで/通り過ぎることにする。

これを見れば、もう言葉はいらない、か。
[PR]

by ti-ao | 2009-12-30 12:11 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(2)
2009年 12月 24日

右近くんにっき 12/24 2009

d0129713_7105412.jpg

めりぃ・くりすます☆
ようこそ たかつき マチヤ・テラスへ


このブログは今、たいへん散らかっていますが、
よろしければ、ごゆっくりご覧くださいませ。

マチヤのつどい
町家・まちなみ調査2期のはじまり
その1期の結果報告
マチヤ・テラス(キャンドル)

今朝は・・・
朝日新聞の地方版に町家・まちなみ調査の記事が載りました!
(駆け足でここに記事をアップしたのもそれに呼応するためでした)
これまで黙々とこつこつとやってきたマチヤ・テラスのみんなへの、
とてもすばらしいクリスマスの贈りもの☆

記者さま、デスクさま、スタッフのみなさま、
それと配送、配達のみなさま、
(↑自分が元配達人やし・・・)
ほんとうに、ありがとうございました。

取材も熱心にしてくださいました。
今日の記事掲載までのご対応も、
とても熱心に丁寧にしていただきました。
去年もそうでしたが、記事を見て、
「おぉ、こうなるのか!」と、
びっくりしながら、またありがたさが増します。

マチヤ・テラスのやってること、やろうとしてることを、
新聞の目を通して教えていただいた気がします。
取材される側が、その度にかしこくなるって、
すばらしいですよね。

記事に載っているのは、私たちですが、
やはり、まちで私たちを支えてくださっている、
あるいは、あたたかく迎えてくださっている、
まちやびとのみなさんこそ、本来の主役です。

これはうれしい贈りもので、ひとつの区切りになります。
でも、まだまだこれからだと思っています。

これからも、また歩いていきます。
キャンドルひとつ持って(笑)


ありがとうございます。
よろしくおねがいします。
[PR]

by ti-ao | 2009-12-24 07:16 | 右近くん | Trackback(1) | Comments(6)
2009年 12月 24日

「マチヤ・グラフ」G-1+2+3~町家・まちなみ調査(1期)結果~

では、調査エリアごとに見てみましょう。
西から東へ、川之町~新川之町~馬町。
*この3つは自治会名で、古くから親しまれている地域の呼称でもあります。

「01 川之町」
d0129713_3384440.jpg

●マチヤ率
 町家等26.1%(寺院・和風含むと29.5%)
●思ったこと
 ・都心の駅、生活利便+商業施設の集積地に国道を隔てることなく近接し、
  前面道路幅員が広いこともあり、中高層化が進んでいる。
 ・鉄道敷、国道附近は近隣商業地域であり、商業+業務施設も立地するが、
  概して閑静で良好な住宅地である。
 ・地域を代表する町家が数軒残っており、街路樹と石畳風の舗装とも調和した
  歴史風情が感じられる。
●まとめ
 ・依然、町家が延長の3割近くを占めており、整備された街路と一体的に、
  都心における貴重な歴史景観地域として魅力向上を図ることが望まれます。
 ・地域の魅力である町家の維持再生への配慮が望まれます。(各エリア共通)

「02 新川之町」
d0129713_3393885.jpg

●マチヤ率
 町家等35.3%(寺院・和風含むと80.2%)
●思ったこと
 ・城下の寺内町を含み、複数の寺院が現存する。
  今回調査範囲中、最も道路幅が狭く、中高層建築も少ない。
 ・国道寄りに店舗併用住宅も見られるが、低層住宅地として熟成している。
  地域特性、道路幅員に対して通過交通過多の傾向がある。
 ・伝統的木造による町家、長屋も多数残っており、昭和レトロなまちなみ風情が
  感じられ、歴史要素を含む建築の割合が8割と突出している。
●まとめ
 ・国道交叉点附近は、将来の景観核である城跡エリアへの導入部。
  大手門(玄関口)としての位置付けをふまえた整備が望まれます。
 ・通りの国道以西と連携した、歴史要素を活かした景観形成が期待されます。

「03 馬 町」
d0129713_340927.jpg

●マチヤ率
 町家等40.1%(寺院・和風含むと56.3%)
●思ったこと
 ・閑静な低層住宅地であり、空が広く感じられる。
  城下町の北東端に位置するため、かつてのまちと田園との境界域の雰囲気がある。
 ・城の東大手筋、当て曲げ、道標など城下町の骨格に加え、多数の町家が残っている。
  農家が町家風に移り変わったと思われる事例も見られる。
 ・今回調査範囲中、伝統木造家屋の占める割合が最も高い。
  修景整備された水路があり、まちの骨格と建築に良好な歴史景観の要素を有している。
 ・江戸時代から地蔵盆が伝承されている。(自治会中心)
●まとめ
 ・地元のみなさんのまちの歴史への意識の高さ、まちの骨格や建物に残る歴史要素、
  これらを尊重した歴史景観のまちづくりが期待されます。


以上、少々荒削りですが、調査結果のまとめでした。
長い話にお付き合いくださり、ありがとうございました。
なお、ご意見ご感想はこちらまでお寄せください。
ecohikari09@yahoo.co.jp


調査日程:2008年11月2日~2009年3月22日(10回)
    (補足調査あり)
調査担当:マチヤ・テラスの人たち
[PR]

by ti-ao | 2009-12-24 03:23 | 町家・まちなみ調査(1期)結果 | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 24日

「マチヤ・グラフ」G-0~町家・まちなみ調査(1期)結果~

d0129713_1204299.jpg

5割強は歴史の面影が残っています☆
~城下町北辺の目抜き通り~

町家・まちなみ調査による「マチヤ・テラスまっぷ」
その建物を分類して「マチヤ・グラフ」にしてみました。

「00今回調査範囲全体(川之町+新川之町+馬町)について」
●グラフの集計結果

調査した通り(街路)総延長(道の両側)
=1,256.3m(100%)

そのうち
町家・長屋(伝統工法木造の住宅)
=428.7m(34.1%)

和風の住宅(在来工法・RC造・S造含む)
=117.2m(9.3%)

寺院建築(宿坊含む)
=159.8m(12.7%)

という結果でした。
これら(町家・長屋+和風+寺院)の合計は
=705.7m(56.1%)
となり、なんと5割を超えていました。

ちなみに、
洋風・今風の住宅
=238.1m(19.0%)
低層S造・RC造建築(店舗・事務所など含む)
=71.6m(5.7%)
中層S造・RC造建築
=206.3m(16.4%)
空地・駐車場
=34.6m(2.8%)
となります。

●エリアごとのマチヤ率集計
01 川之町   町家等26.1%(寺院・和風含むと29.5%)
02 新川之町 町家等35.3%(寺院・和風含むと80.2%)
03 馬 町   町家等40.1%(寺院・和風含むと56.3%)
00 全 体   町家等34.1%(寺院・和風含むと56.1%)

*数値は通りに面する部分の長さ(間口)です。
  %は、通りの延長に対する間口合計の割合です。
*S造:鉄骨造 RC造:鉄筋コンクリート造
*工事中の敷地は建築の種別が明確な場合、その数値に加えました。


●思ったこと 
 江戸期に商店や住宅が軒を連ねたと言う城下町北辺のかつての目抜き通りについて、
主に歴史景観を意識して建物、まちなみの現在の姿を調査しました。
*町家など伝統工法木造住宅の比較的多く残る通りを調査対象として抽出しました。

・調査範囲は、現在の中心市街地南端に位置する。
 建物用途は大部分が住宅であり、通過交通の多さを除けば、
 概して閑静な住環境が形成されている。

・町家等伝統工法木造住宅や寺院、和風住宅の間口の合計が、
 通りの総延長に対する割合は過半を超えており、
 地域の歴史景観イメージの強さを裏付けしている。

・調査範囲の東側ほど、また東西軸通りの北側、南北軸どおりの東側ほど、
 伝統木造の占める割合が高くなる傾向がある。

・町家とは言え、江戸期以前建築のものは希少であり、
 大半は明治から昭和初期の築と推測されるが、
 十分に歴史の風情があり、伝統工法も伝承されている。

・伝統木造住宅であるが、表層を現在風に改装しているケースが多く、
 逆に現代建築でありながら、町家風のモチーフをデザインに採用しているケースも見られる。

●まとめ
 町家等を、建築当初の姿のままに守り伝えるだけが重要ではありません。
むしろ、時代に合わせて手を加えながらも、町家風のデザインや佇まいを取り入れるなど、
工夫しながら、いかに伝統的なまちのイメージと佇まいを守り、かつ、創るか、
それを、いかにまちのたからものとして継承していくか、
その大切さを再認識しました。
そして、それに取り組むのは、今この時からでも決して遅くはないと、
調査結果は示唆しているように思います。

町家、古い家の先行きについて、
改修や耐震補強、あるいは、建て替えなど、
いろんなことが考えられます。
その際に、町家等のよさを上手く柔軟に取り入れる発想と、
そして、何よりも家の人の家への思いが大切になります。

マチヤ・テラスでは、まちやびとのお力になれるよう、
これからも裏方のプロとして、非営利で活動したいと思っています。

50年後、100年後のまちの姿はどうなっているのか、
未来のこどもたちに何を伝えるのか、
少し大げさですが、いつも心にとめていたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by ti-ao | 2009-12-24 01:22 | 町家・まちなみ調査(1期)結果 | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 23日

「マチヤ・テラスまっぷ」から「マチヤ・グラフ」へ

d0129713_7321094.jpg
d0129713_7323770.jpg
d0129713_7332532.jpg
d0129713_7341875.jpg

まっぷ全体を印刷すると、細部が見えにくいので、
部分拡大して印刷してみました。

縮尺は、
1:1,000
1:500
1:200
です。

そこそこ描き込んでいるのですが、
普通の印刷ではそこまで見えません(苦笑)

建物は写真を見ながら一軒一軒描きました。
全部で百軒ほど。
調査よりもこの作図のほうに、
はるかに多くの時と力を使いました。
シンプルにかわいく、でも、結構リアルにと、
黙々と描きつづけました。
その間は孤独・・・(苦笑)

だけど、こうしてみなさんに見てもらえる日が来て、
なんかとってもうれしい。
「こういうことをやっています」
というものが、ひとつできたことが、
さらにうれしいです。
(これまで、それがないことがつらかった)

とは言え、これらの絵や図は、
やはり、活動のための道具に過ぎません。
でも、単純におもしろいなぁって、
見てくれてもうれしいな、やっぱり。
絵はリクツヌキですもん。

「あ、この家知ってる♪」とか、
「これ私の家やん☆」とか、
思ってもらえたらいいな。

あったかくなったら、このまっぷを手に、
みんなで実際のまちを歩くのもいいな、とか考えています。


「まっぷをCADで作図した」のは、
この家々をコピーして、種類別に並べ替え、
「グラフにする」ためです。
(CADならそれは容易です)
建物の姿、まちなみを絵や図面に描くこと自体は珍しくない。
けど、
それをそっくりそのままコピーして、
まちなみ・建物分析のグラフにするというのは、
多分珍しいと思います。
少なくとも、私は他で見たことがない。
私自身は、これを歯みがきしながらだったか、
トイレに行こうとしてだったか、
なんかそういうなんでもないときに、
ふと思いついて、メモしました(笑)
考えてないようでも、常に、どうしようかな、
なんて考えている。
これはある種、職業病みたいなものです。
別にヤマイではないですが。

よく言われるモノズキたるゆえんでしょうか。
[PR]

by ti-ao | 2009-12-23 07:36 | 町家・まちなみ調査(1期)結果 | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 23日

「マチヤ・テラスまっぷ」M-1~町家・まちなみ調査(1期)結果~

d0129713_129358.jpg

d0129713_0101446.jpg
d0129713_0104211.jpg

たかつき(大阪府高槻市)のまちでは、
歴史あるまちなみや町家は残り少なく、さらに減っていく状況です。
そこでマチヤ・テラスでは、昨年度、町家・まちなみ調査を行いました。
行政のご協力で自治会回覧による地元への事前連絡を行った上で調査に入り、
ちょうど一年前の昨20年12月には中間報告をしました。

その後、21年春には調査を無事終了して、
調査結果のまとめ(最低限のところまで)も11月にようやくできました。
この間、調査を通して地元のみなさんとの交流もあり、
たくさんの温かいお力添えもいただきました。
みなさま、ほんとうにありがとうございました。

ここに調査結果のまとめをお届けします。
ご覧いただければうれしいです。
結果の分析やまとめ、情報集めは、今後も継続したいと思っています。
ご意見、ご感想、情報のご提供、お問合せなど、お気軽にお寄せください。
ecohikari09@yahoo.co.jp
よろしくお願いします。

*この調査結果は現在、地元自治会に回覧していただいています。
*平成22年3月ごろに調査結果発表の場を設けたいと思っています。
*調査のご縁から「たかつき まちや・ねっと」という活動に進展しつつあります。
*現在は、第2期として、西国街道芥川宿周辺を調査中です。

●調査概要
 1.調査目的
  ・現存する町家の現況把握+データベース作成
  (まちのどこに、どのような町家が、どのくらい、どんなふうに残っているのか)
  ・地元のみなさんとの交流
  (まちなみやまちづくりへの思いを高め合う)
 2.調査内容
  ・内容:データベース作成(地図+調査票+写真)
   →マチヤ・テラスまっぷ+マチヤ・グラフによる分析、まとめ
  ・時期:平成20年11月上旬~平成21年3月末(一部追加あり)
  ・場所:城下町の面影の残るまち
  (城北町1丁目~京口町~大手町~上本町)

 3.考察と感想
  ・今回は城下町北辺のかつての目抜き通りを調査しました。
   歴史の面影の残る町家や長屋の割合は、  
   34%(寺院や和風含めると56%)
   (調査範囲の街路延長に対する町家等の間口の合計の占める割合)
   という結果でした。
   たかつきには「残っていない」と言われがちですが、
   歴史の面影は、実はかなり残っています。
  ・古いものを新しいものに更新すること、
   それ自体は昔から当り前のことだったと思います。
   ただ高度成長期には新しい工法や材料が広まり、
   そういう家に建て替えるのが主流になりました。
   それは誰がわるいのでもなく、自然な流れだったのだと思います。
   新旧和洋いかなる家にお住まいであるかにかかわらず、
   自分のまちの姿を見つめ直してみるなら、
   まだ歴史の名残が3割~過半を占める今この時こそ、
   ぎりぎりの瀬戸際のように感じます。
   まっぷには町家以外の家も描いてあります。
   これは、まちのみなさんにご自分のまちのことだ!と、
   実感していただければ、という思いによります。
  ・古いものをそのまま残すだけではなく、
   むしろ、時代に合わせながら無理をしないように、
   伝統的なまちのイメージや佇まいを守り、かつ、創りながら、
   生きた状態で継承していくことが大切ではないかと思います。
   それに取り組むのは、今からでも遅くはないと、
   今回の調査結果は示しているのではないでしょうか。
  ・まちには声高に誇ることもなく、でもたしかに、
   まちを思う人の心や建物や生活があります。
   そんなまちのたからものを描いたのがこのまっぷですが、
   きっとまだまだいっぱいあるのだと思います。
   そういうきらきらしたかけらたちを集めてみたら、
   まちにとってのなにかしらの力になるのではないか。
   この調査を通して、そんなことを感じました。

   

私たちは町家の保存運動家ではない。
古いものを新しくすることは、当り前。
その前提で、それでもやっぱり、町家はいい。
だからせめて、ここにある(残っている)間だけでも、
まちのたからものとして大切に見守りたい。
あくまでも、主役はまちの人、町家の人。
私たちは寄り添うのみです。
お付き合いの中で、もしもお力になれることがあれば、
非営利で取り組みたいと思っています。 

平成18年、19年の景観ワークショップ(高槻市主催)以来、
行政の呼びかけにより集まった市民が景観に関心を持ち、
行政と手を携えつつ、主体的に活動してきたことは、
たかつきらしい、たかつきのよさではないかと思います。
昨今、近隣都市でも、行政主体の町家全戸調査等が行われるようになりました。
近い将来、わがたかつきでも行政が調査に乗り出すような場合、
すでに先行実績となりつつある、市民による手づくりのこの調査が活かされ、
(結果や手法のみが利用されるのではなく)
行政と市民が協力し合う、たかつきらしい調査となることを切に願っています。

長くなりました。
これまでのみなさんのあたたかいお気持ちに感謝します。
そして、これからもどうぞよろしくお願いします。

ありがとう☆ 
[PR]

by ti-ao | 2009-12-23 00:14 | 町家・まちなみ調査(1期)結果 | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 22日

「マチヤ・テラス発表」ma-2~マチヤのつどい1128~

d0129713_23492099.jpg

ひと月近くも前のことなんですね。
師走とはよく言ったものです。

当日は、私たちの活動についてお話させていただきました。

 a.「町家・まちなみ調査(1期)」結果報告
  →このあと詳しく

 b.「マチヤ・テラス」のご紹介
 ~まちのたからもの(古い家や生活、人)を照らす つなぐ~
  家を大切にするのは家の人。
  私たちはそっと寄り添いたい。
  そのための裏方のプロになりたい。  

   なぜてらすのか 
    だれのためにてらすのか
     なんのためにてらすのか   
  
 c.「まちや・ねっと」のはじまり
 ~より具体的に つないでいく~
  出会ったまちやびと一人一人のお立場を尊重しながら、
  おつきあいを深め、ネットワークしていくことをイメージしています。
  現在、町家に暮らす上での心配や疑問、課題など、
  一人では解決しにくいことにも、いっしょに取り組めたら。
  非営利で、少しでもお力になりたいと思っています。

  「古い家が残っていたのは偶然。たまたま金がなかっただけ」と、
  町家にお住まいの方はおっしゃいます。
  でも、お心のどこかに、家への愛着や、潰してしまうのはしのびない、
  という思いがあったのではないでしょうか。
  だとすれば、これはもう、必然だと思えます。
  まちじゅうにきらきらと散りばめられた、
  こういう必然の断片をひろいあつめて、つないでみたら、
  なにかそれなりの力になりはしないか。
  そう思っています。


(余談)
これは、当日の話ではないですが、
白か黒かを一気にはっきり決着させようとすれば、
関ケ原のように一日で終わり、片方が完全否定されてしまう。
白と黒の間、グレーのにじみの中で、さまよい、出会い、語り合って、
そのうち何かが見えるのかどうか、
そういう在りようもよいのではないかと思います。
私は石田三成が大好きですが、戦い方については、
楠木正成や曹操孟徳を見習いたいなぁ。
はるかに器量は及ばないまでも。
[PR]

by ti-ao | 2009-12-22 23:53 | まちや・ねっと | Trackback | Comments(0)
2009年 12月 21日

黒サンタ 2009

d0129713_8334692.jpg
d0129713_8342599.jpg


いつもの町家。
一人立ち寄る。
一昨日の片付けの確認。
正月以来、町家センセイご夫妻、お家のみなさまには大変お世話になりました。
(一礼して去る)


川之町、こっちには「帰ってきた」という安心感があるが、
すでに馬町にもすごい親しみと愛着があると気付いた。
いったいこれはなんだろう。

やってみると、ふしぎなことがある。
一心にやって、ふと気付くことがある。

そう言えば、まる三年になるマチヤ・テラス。

いっぱい ありがとうございます。
d0129713_8433767.jpg


♪戦メリ piano ver.
[PR]

by ti-ao | 2009-12-21 08:45 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(2)
2009年 12月 21日

「マチヤ・テラス 2009 冬至~馬町編~」

d0129713_8212093.jpg
d0129713_8221738.jpg

d0129713_8243082.jpg


家の人のお気持ちにいかに報いることができるか。
そのことを考えていたいと思います。


夏、はじめて照らした時、
あえて私はなにも言わなかった。
あぁしてこぉしてとは。
ただキャンドル持って行って並べて家の前で照らしただけ。
冬、昨日の夜、家の人たちは、
バイクを家の前から仕舞い、
格子の内側の部屋に明かりを灯し、
瓶もご家庭で貯めたものを並べて、
ご自分の家を照らした。

私はなにも言わなくても、
一度照らして見てきれいだったなら、
「もっときれいにするにはどうすればいいか」
家の人はご自分で考えて工夫なさる。
家を大切にするのは家の人。
私たちはそっと寄り添うだけです。

100歳の家も80歳の家も、とてもきれいでした。

自分の家のためではなく、
人のために瓶を集めてくださった自治会長さん。
瓶を受け取りに伺って、ふと思い立つ。
そのお家の前に瓶を並べてキャンドルを灯そう。
レンガタイルのアプローチ床に明かりが映える。
キャンドルもご家庭からお出しくださった。
高校生たちが「きれい、めっちゃきれい」と言いながら通り過ぎてゆく。
きれいでしょう。家の人たちの心が明かりに灯ってるんだから。

d0129713_826779.jpg

寒い中、馬町のみなさんありがとうございました。

南南西の空に細い月と明るい星。
一昨日見えなかった月が今日は見える。

2009年12月20日 馬町(高槻市京口町~上本町)
image♪やっぱりしょうじさんのちゃいこふ35ばんです
[PR]

by ti-ao | 2009-12-21 08:28 | マチヤ・テラス♪(実施歴) | Trackback | Comments(0)