マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 07月 28日

鳥も見に来る聞きに来る~高槻300歳町家の朗読会~

d0129713_0582729.jpg
d0129713_0584130.jpg

戸を開け放して、蚊取り線香、
縁側から通り抜けていく風。
扇風機はまわっているけど、エアコンはいらない。
それで十分。

朗読の声に合わせて、さえずる鳥。
庭の池だろうか、水音。
ヒヨドリもコイも、
「人が集まって何かやってるぞ」と興味津々。


朗読は町家センセイご一家のご友人。
ファンタジックなお話を三本。
それと、油売りの口上みたいなのを、
みんなでいっしょに発声。

ちょっといつもとは違う町家のひととき。
みなさん、ありがとうございました。


「七月のマチヤ・カフェ」~ちょっと朗読会~
 (2011年7月23日土曜日・横山家住宅)にて
[PR]

by ti-ao | 2011-07-28 00:59 | 町家情報窓口(マチヤ・カフェ) | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 13日

七月のマチヤ・カフェ~ちょっと朗読会~

d0129713_22474842.jpg
なんか早すぎる気がしますが、
暑中お見舞い申し上げます。

今月のマチヤ・カフェのご案内です。

「七月のマチヤ・カフェ~朗読会~」
日時:7/23(土)13:30~16:00ごろ
場所:横山家住宅(横山医院町家)
   高槻市城北町1丁目
内容:童話などの朗読会を予定。
   10分ほどの短いものを、その場の状況に応じていくつか朗読。
   (横山家のお知り合いで、朗読などの活動をなさっているお方による)
飲み物:お茶をご用意くださいますが、
    お好きなものをご持参くださっても結構です。
    つまり、マスターはさぼる気です・・・
    どうしてもと言う方にはコーヒーをお入れします!(笑)
    (JKカフェのアイス・ラテみたいなん、いいよな・・・やってみる?)
*お店ではなく、交流の場です。

暑い毎日ですが、こんな時こそ、
ゆったり町家で過ごすのも心地よいはずです♪


余談
町家のレポート?を書き始めました。(原案段階で A4 16頁)
思えば仕事(実務)では設計やまちづくりのレポートを書きますが、
町家についてはちゃんと書いたことがなかった。
ある意味、仕事よりも長く深く取り組んでいるのに。
先日もあるプロポーザルでちょっとしたレポート書いたら、
運良く選定していただきました。
町家のレポートは、どんなふうになるかな。

骨格を書いたら、きっとうちの優秀なメンバーが、
知恵を加えてくれるはず。

とか、またいろいろお話できるとよいなぁと思っています。
では、町家にてお目にかかりましょう。
[PR]

by ti-ao | 2011-07-13 22:52 | 町家情報窓口(マチヤ・カフェ) | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 11日

銀の象の足~村野藤吾の足跡~

d0129713_222481.jpg

これを見て、「村野さん」て思う人は今、
どのくらいいてはるんやろう。

まわりのビルはどんどん新しくなる。
のみならず、他の(いわゆる)村野建築も、
どんどんなくなっている。

村野さんご自身は「サムシングニュー」だと
おっしゃっていたと言う。
建築が変わり街が代謝していく様を、
どのように見つめていらっしゃるだろうか。


象の足は、私の学生時代と同じく、
ピカって光っていた。


*(ご参考)
 村野藤吾さんは日本を代表する関西出身の建築家。
 写真は梅田地下街の換気塔。
 村野さんのデザイン。
 大阪市曽根崎町、御堂筋の起点に建っている。
[PR]

by ti-ao | 2011-07-11 22:03 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 07日

麦わらとひまわり

d0129713_23543023.jpg

先週、大阪・淀屋橋で人と会う。
d0129713_23544779.jpg

その後、堂島ムジカへ。
もう、ひまわり。
お店のみなさんが笑顔で生ける。
みんながひまわり。
明るい。
かたわらで照れ笑いしてる私のスケッチ。
d0129713_2355694.jpg

まるで夏みたいに、
てっぺんまで青の、
梅雨の一日。
[PR]

by ti-ao | 2011-07-07 23:55 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 06日

箕面を歩く 4~桜ヶ丘~結界の橋

d0129713_2225219.jpg
d0129713_223341.jpg
d0129713_2231396.jpg

やっと来た「桜ヶ丘」。
大正11年の「住宅改造博覧会」会場を中心に、
郊外型住宅地として発展したという、
ちょっと変わった経歴のまち。

昔は桜村から神社へ向かう参道があるくらいで、
竹林のひろがる丘だった場所が一変。

同心円状の街路に沿って、
大きめの洋館が並んでいる。
まちの形をわかりやすく言うと、
洋風便器のフタ(というか便座)の右半分みたいな形。
↑たとえ、わるすぎ(すみません)
↑右ってどっちやねん

「ハワードの田園都市」を意識したのだと言う。
(1900年頃、英国の都市計画家ハワードさんが、
 都市と農村のええとこをバランスよく配合した都市像を提案)
西欧に憧れて住宅や住宅地を変えていこうとした、
当時の人々の夢の表れでしょうか。
大正浪漫?

都市景観形成建築物3軒、登録文化財4軒が、
この地区内にひしめき合っていて、
博覧会当時の出品住宅も7軒残っているようです。
地元市民も行政も、いかにこのまちへの意識が高いか、
如実に物語っています。

家自体は、時代と共に手が入って、
よそのまち同様苦心なさっている様子ですが、
街路形状や石張の側溝、生垣、石積擁壁など、
「敷際のしつらい」(箕面市の表現)は、
歴史の風情そのままに維持されています。

そして、南への視界が開けると、
「やはり箕面は丘のまちかな」と実感。
(逆に北を向くと山の緑がどっしり)

桜村からの行程、「桜低橋(さくらひくはし)」
を渡った。
なんだか、おもしろい名前って思った。
桜ヶ丘からの帰り、今度は少し上流、
「桜高橋(さくらたかはし)」を渡る。
それで、なるほど~と納得。(勝手に)
ふたつの桜橋、新旧対照的なまちの結界の如く。

 箕面市のご担当様
  資料ご提供とご説明、
  ほんとうにありがとうございました。
  めちゃ暑い中でしたが、おかげさまで、
  おもしろいまち歩きになりました。
[PR]

by ti-ao | 2011-07-06 22:03 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 06日

箕面を歩く 3~桜村~ふしぎな路地空間

d0129713_2019245.jpg
d0129713_20191760.jpg
d0129713_20192876.jpg

2月の「大阪府景観形成誘導推進協議会・見学会」。
大阪府下自治体のみなさんが高槻までお越しくださいました。
(マチヤ・テラスの活動についてプチ講演+町家見学)

折角のご縁。
今度は、こちらからいくつかのまちをお訪ねしてみようと始めた、
「今度はそっちですか紀行」。
今回の箕面市訪問は、その第二弾です。

箕面ってゆうと、
「まちなみ」としては、まず、「桜ヶ丘」(後述)と思ってしまう。
でも、ちょっと調べて+歩いてみると、
先の日記のように西国街道や古い集落があります。

市役所を訪問して、桜ヶ丘に向かいながら、
ご担当に教えられたメインルートを外れ、
なぜか路地に迷い込む。

おもしろそうなほうへ、入り込んでいく習性。

細い道、古い塀や家、大きな木、
進むにつれ、カーヴして入り組む。
大通りから近いのに、妙な落ち着き。
しづか。
時間がゆっくりになる。

市役所でいただいた資料に「桜村」の記述がある。
おそらく古き佳き集落。

箕面にも、こんないいとこがあるんやなぁ。
役所も市民も、もう少し見つめ直していいかも。
(住宅地だから、そっとしておきたいのもわかりますが)

稲の集落もそうだったけど、ここにもやはりお寺がある。

塀とか道とか木ぃしか写ってへんけど、
きれいやったりする。
そういうものが景観要素としていかに大切か、
わかります。

道草しすぎ(笑)
本来の目的地、桜ヶ丘はすぐそこです。
[PR]

by ti-ao | 2011-07-06 20:20 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2011年 07月 01日

さくらんぼとお酒?

d0129713_238213.jpg

猫猫maomao
ジャズスト仲間と久しぶりに話す。
小さいお茶を淹れてくれた。
お酒かと思った(笑)
300歳町家でいただいたサクランボ、
みんなでいただく。
おいしかったです。

お店は今日、五周年☆おめでとうございます!

月曜から平日の晩ごはん、やめるらしい。
(困ったなぁ)
午後のお茶時間が充実するらしいので、
それは、たのしみ♪

これからもよろしくお願いします。
[PR]

by ti-ao | 2011-07-01 23:08 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)