マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

文楽も桜が満開~あべのトコトコ番外編~

d0129713_2238401.jpg

文楽。
初めて見ました。
非常におもしろかったです。

まち歩きの後、地下鉄で日本橋。
みんなで国立文楽劇場へ。

空いてたりするのかと思いきや、満席。
しかも客層が幅広く、若い人が多い。
おどろきました。いや、すごい。

実は前日夜中まで岩手同窓会?で飲んでいて、
少々頭痛がありましたが(!)
ついつい見入ってしまった。

「義経千本桜」。
タイトルは聞いた事がある。
人形と操作する人と語る人と三味線の人と。
独特の声、音、動き、流れ、間、雰囲気。
だんだんと落ち着いてくる。
五七五のリズムが絶妙なのでしょう。
日本人の聴覚に自然に響く。
外国のお客さんも多かったけど、
どう響いているのでしょう。

題材は源平の時代でありながら、
人形の装束や、やってること自体は、
江戸時代そのもの、
さらにそれを平成の今の人が演じる、
というところが興味深いです。

梶原景時とか平維盛とか、義経や静御前より、
ある意味歴史好きを刺激する歴史上の人物が登場し、
史実とは違ったフィクションの世界を生きており、
さらに、創話上のどんでん返しまで用意されて、
非常におもしろいです。
ファンタジーと浮世の諸々と。
今の映画やドラマ、演劇にも通じる。

鑑賞上の、ある種の決め事なども理解すれば、
より楽しめるものなのだと感じます。

人形の動きを見ていると、NHKの人形劇を想起しました。
おそらく日本の人形劇はそれが高度であるほど、
人形浄瑠璃を意識し、その系譜をたどることになるのだと、
はじめて気付きました。

人形とそれを操作する人が同じ表情を見せる。
演じ手によって、場面によって、
心が人形に入り込んだり、
逆に人形を自分に引き込んだり、
あるいは人形との距離感を保ったり、
いろいろあるのでしょうね。

後で調べたら、どうやら文楽は大阪発の伝統芸能らしい。
こういうものは大事に後世に伝えてほしいです。
今回は若手のみなさんの演技?でしたが、
若い人たちが伝えてくれるなら、心強い。
もっと私たちも目を向けてもよいのでしょうね。

この点では、町家とか城下町の記憶と、
非常に近い状況があるのかもしれません。

とてもいい経験。きっかけになるかな。
ご招待ありがとうございました。

かくして、まち歩きは終了。
ふと見上げると国立文楽劇場、
昔、建築雑誌でよく見かけた建物でした。
今にしてこういう形で来るとは☆
[PR]

by ti-ao | 2012-06-30 22:39 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 29日

天神ノ森のねこ~あべのトコトコおまけ=ちょっトコ01~

d0129713_2045811.jpg

「あ」
d0129713_20452228.jpg

「だれにゃん?」
[PR]

by ti-ao | 2012-06-29 20:46 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 29日

団地のナツツバキ~あべのトコトコおまけ=ちょっトコ02~

d0129713_20463960.jpg

咲いてた。
三輪だけやけど。
設計した時、エントランス脇に、
ナツツバキを選んだ。
白い花。

(よかった、ちゃんと咲いてたんや)
d0129713_20575977.jpg

[PR]

by ti-ao | 2012-06-29 20:46 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 29日

昭和町の長屋~あべのトコトコ04~

d0129713_20422717.jpg
d0129713_20423875.jpg

阿倍野の長屋と言えば、ここやろ☆
ゆうことで、やっぱり来ました。
寺西長屋
古い長屋を改修して飲食店としてにぎわう。
「どっぷり昭和」いうイベントの拠点。
登録文化財としても知られている。

ここのオーナーさんには、
いろいろお話を伺ったり、
マチヤの集い」(高槻300歳町家・2009年11月28日)
(マチヤ・カフェの初期企画)にて、
講演に来ていただいて、登録文化財の勉強をしたり、
何かとお世話になっています。

塀に蝶がいる。
みなさん、見入っている。
「蝶は自分がきれいやって、知らないんやね」
とか言いながら。
「いえいえみなさまこそ」
なんてゆうおべんちゃらは言うのやめた。
(失敗やったかぁ~?)
おもしろい集団、というか個性の集まり。

この後、みんなで文楽へ・・・
その話はまた。

よく歩きましたね~(笑)
おなじまちでも、いっしょに歩く人によって、
見るところが違う。
おもしろいまち歩きになりました。
みなさん、ありがとうございました。
d0129713_2043561.jpg


またいつかどこか歩くと思います。
こんなとこ歩きたいゆうお話とか、
お誘いくださいね。
いっしょに歩きましょう。
では。
[PR]

by ti-ao | 2012-06-29 20:43 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 29日

下町と女子の感性が接触する~あべのトコトコ03~

隠れ家的な喫茶店でひと休み。
今度は写真かスケッチか、お願いしよう。

その後は、紅茶ねぇさんの引率、ぐいぐい歩く。
d0129713_2039853.jpg

チンチン(路面)電車、その駅舎とか、
古い商店街とか。
どちらも古いけど、まだまだ人が多くて、
ちゃんと人の生活の中で生きている。
d0129713_20392783.jpg

金工工房。
なんかおもしろい。
それに群がるみんなもおもしろい。
d0129713_20394592.jpg

商店街。
お寿司屋さんで昼ごはんの物色。
お客は絶えない。
かつぶし屋さんもある。
どうりでネコが多い、のか?(笑)
d0129713_2040128.jpg

[PR]

by ti-ao | 2012-06-29 20:41 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 29日

タイタニック坂と長屋~あべのトコトコ02~

d0129713_20353718.jpg

このへんはどこを歩いてもおもしろい。
あえてコースを決めず、気分と感性に任せて、
とことこしている。
d0129713_20355413.jpg

タイタニック坂。
おぉ、ぶつかるぞぉ~回避!
やっぱり、みんなも気になるらしい。
d0129713_20362282.jpg
d0129713_20364010.jpg

お気に入りの長屋。
さっきの話、くりかえしになるけど、
開口の切り取り方と面の構成がいい。
それと木とガラスの素材感。
このあたりはほんまにネコが多い。
ネコが暮らせるくらいに、
ほどほどゆったりした、よいまち。
その佇まいに酔う。
d0129713_2037234.jpg

阿倍野神社。
紫陽花がきれい。
そういや今は梅雨でした。
ここは北畠顕家公を祀っている。
後醍醐帝を支えて足利尊氏側と戦い、
この地で亡くなったらしい。
地名にも北畠の名が残る。
ドラマで公を演じたゴクミをモデルにした、
とかいう像が立っています。
(ジャン・アレジはなんと言うだろう?)
[PR]

by ti-ao | 2012-06-29 20:37 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 29日

大阪・下町の大きな木~あべのトコトコ01~

d0129713_20301112.jpg

なんとなく、大阪・阿倍野あたりを、
長屋でも見て歩こうかと、
建築オタクおじさん同士で話していたら、
紅茶姉さんずも「まぜて」「いいよ」。
気付いたら、すっかり女子力まち歩きに(笑)

いつも歩いてるまちも、いろんな人、
特に女子目線で歩いて見ると、
おもしろい☆
きっと都市の女子化傾向と無縁ではない。
d0129713_20303164.jpg

天下茶屋跡。
天下さま(つまり太閤さん=豊臣秀吉)の御茶屋跡。
毎年9月には茶会を催すとか。
近くのアパートは戦後すぐ建てられたもので、
元々女子寮だったと言う。
レディースマンションのハシリか。
古いけどなんかおしゃれで、みんな興味津々。
通りすがりのご近所さんが、
飛び入りでガイドしてくれたり。
これも女子力の賜物。
平日のスーツ姿のおっさん達には、
こんなことしてくれへん、ゼッタイ(笑)
d0129713_2030567.jpg

天神ノ森。
下町の森。
小さいけど、あきらかに、森。
神々しい存在です。
d0129713_20313247.jpg

ちょっと歩くと、こういう長屋が。
さっきのアパートもそうやけど、
「プレファヴ+乾式」工法伝染以前の建築は、
開口(窓)の切り取り方や面の構成がおもしろく、
木や土、ガラスなどの素材感と相まって、
とても魅力的。
何度も来ているが、今日はなんか違う。
あぁ、そうか、視界に女子がいる(笑)

マチヤ・テラスのまち歩きも、
そういやどちらかと言うと女子が多いけど、
今日は完全に女子主役。

そんな、
あべのまち歩き=あべのトコトコ
2012年6月24日(日)午前中
です。
[PR]

by ti-ao | 2012-06-29 20:32 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 28日

「六月のマチヤ・カフェ」では、

d0129713_23172943.jpg

高槻300歳町家の実測調査、その中間報告☆
などさせていただきます。
前回報告が昨夏なので、図面もわりと進んでいます。

六月のマチヤ・カフェ」は今週土曜日(30日)午後です。
今回はまじめに+はやめにお知らせしたせいか、
「あれ?いつやったっけ?」
というお問合せをいただきました(笑)

お待ちしています♪
(慣用句・・・省略)
[PR]

by ti-ao | 2012-06-28 23:18 | 町家情報窓口(マチヤ・カフェ) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 22日

火を見つめる。

d0129713_10463916.jpg

おなじみ?「Tea House MUSICA」さん、
スタッフさん手づくりの小冊子
「サーメットはゆく」の2冊目が出ました。
(ゆうても、2012年5月発行)
今回は、「きつき紅茶」の取材。
別府の少し北に杵築というところがあり、
そこでつくられる紅茶のお話。
小さい冊子やけど、内容がぐっと詰まってます。
お店でも二度ほど、その「きつき紅茶」いただきました。
色がきれいで、味とか渋さの加減とか、
あと何より香りが、私は好きです。

d0129713_10465265.jpg

今週のはじめに高槻300歳町家の実測。
1階の断面を調べました。
そのあと、町家センセイとお話。
囲炉裏の上に置かれているのは、
お孫さんからセンセイへのお誕生日のプレゼント。
おじいちゃんのお家では、キャンドルを灯していると、
お孫さんもわかっているのでしょう。
底にある小さなソーラーパネルで蓄電し、
その電気で点灯できて、あかりもゆらぐ。
最近、こういうおもしろいものが出てきましたね。

マチヤ・テラスでは、
ほんまもんのキャンドルの、
ほんまもんの火を使います。
ほんまもんの町家には、
ほんまもんのあかりがよく似合う。

このごろ生活の中で、
火に向き合い、見つめる機会は減っています。

火はとても便利でありがたいけど、
同時に、とても危険だと、
火と向き合うことで再認識できる。
いつも町家の前にキャンドルを並べる時には、
火事ややけどにならないよう工夫し、
さらに、ものすごく注意を払っています。

ムジカさんのサーメットもやはり火を使う、
野点の道具ですよね。
きっと相通じるものがあると思います。

とは言え、町家センセイのソーラーキャンドル見ていたら、
こういうのんもいいなぁと、思いました。
火の番もいらんし、電線もないし。
これっていいよな。
[PR]

by ti-ao | 2012-06-22 10:47 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 15日

花も実もある高槻町家~300歳町家の梅~

d0129713_2237653.jpg
梅の花が咲いたら
梅の実が成る
あたりまえやけど
ちょっと
おぉ☆ってなった
私はいい大人(とし)です
まる



先月お越しになった国のさるお方の、
高槻町家への評価はわりと高いようです。
てゆうことは、高槻にはたからものが、いっぱいある。
ゆうことやんなぁ。
国さんや府ぅさんは気付いてくれてはるとすれば、
地元の市ぃさんは、どうですか?
(ふんがっふっふ)
[PR]

by ti-ao | 2012-06-15 23:15 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(0)