マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 29日

頭で考えすぎではないか。

d0129713_056458.jpg
こういうことに小賢しい知恵は無用だ。
ただただ、愚直に確実にやるべきことをやるのみ。
ともすればヒトは知恵に走ろうとする。
あほなわたしでさえ必死でこらえている。
ただただ、まっすぐにすすもうと。


写真はヨーロッパ、とかではなく、千里ニュータウン(笑)
[PR]

by ti-ao | 2014-10-29 00:56 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 27日

目覚めよ 城下町!

d0129713_2337322.jpg

マチヤ・レポートを本にしておわりではなく、はじまりです。
高槻町家を活かして後世に伝えていく。
城下町としてのまちの記憶を呼び覚まして、
これからのまちづくりをする。
そういう思いがつよいです。
「未来城下町たかつき」へ。


中央図書館にマチヤ・レポートがありました。
気恥ずかしくてなかなか見に行けませんでした(苦笑)
すでに借りてくださっている方もいらっしゃるようです。
ありがとうございます。

今日、2点ほど企画を思い付き、さっそく電話、さっそく人に会いました。
マチヤぐるぐるめぐります。
これからもよろしくお願いします。

d0129713_23374463.jpg

マチヤでは菊がきれいでした。
[PR]

by ti-ao | 2014-10-27 23:38 | 高槻の町家図鑑 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 24日

マチヤ・レポート販売について、

ちょっと言い忘れました。

紀伊國屋書店さんには、安野光雅さんデザインの包装紙があります。
あまり知られていないのかもしれませんが、
とても魅力的な意匠。

マチヤ・レポートが売れ残ったら、1冊、その紙に包んでもらって、
自分で買おうと目論んでおります。

d0129713_047225.jpg

[PR]

by ti-ao | 2014-10-24 00:47 | 高槻の町家図鑑 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 23日

「マチヤ・レポート 高槻町家図鑑001」閲覧と販売について(2014年10月23日現在)

本になって、そろそろ1か月。
出版ど素人、試行錯誤の日々です。

発行部数が少ないので、地元のみなさんに見ていただきやすいように、
図書館を重視しているのは先にお話したとおりです。
特に、若いうちから高槻町家に触れるきっかけになってくれたら、
という思いもあります。

図書館や図書室は寄贈なら受け入れてくれやすいのですが、
購入していただいて置いていただくとなると、むずかしいようです。
それでもあえて、受け入れてくれた図書館があります。
高槻の市立図書館では全館で置いてくださいます。
郷土調査の本を郷土の図書館に置いていただけること、
これは今回、いちばんの、最初の、大きな課題でした。
市立図書館のみなさま、ご助力くださったみなさま、
ほんとうにありがとうございます。
このように受け入れてくださったことを、
著者として、また、一市民としてもたいへんありがたく思います。
ジミにジミにやってきて、こういうこともあるのだと、
これからの励みにもなります。

書店は自費出版の本を受け入れるのは、特に著者と直接契約するのは、
とても面倒で、メリットもないようです。
元々、今回は売りさばくほど部数がないので、
自分が客としてすきな数店に限ってお願いに伺ったのですが、
相手にもされない、半ば叱られ気味、なお店もありました。
それでもあえて、受け入れてくれたお店があります。
紀伊國屋書店の高槻店では、期間限定ですが販売してくださっています。
飛び込みでしたが、しっかりと話をお聞きくださり、
そして、受け入れてくださいました。
店長さん、スタッフのみなさん、ほんとうにありがとうございます。
客としてもちょいちょいおじゃまします。
よろしくお願いいたします。
d0129713_23414779.jpg
d0129713_23415486.jpg

先日、宮城谷昌光さんの「三国志」を買いに行って、
郷土本コーナー(レジ横)に置いてくださっているのに気付きました。
その時は気恥ずかしく、逃げるように帰ってきてしまいました(ぉい)
今日は覚悟を決めて写真を撮らせていただきました。
なんと!おとなりは郷土史家の大先生のご本、市のマスコットキャラはにたん、
そして、高槻市発行の「ええとこブック」。
なんとも、光栄です。

学生のころから紀伊國屋さんに通っています。
まさか、本を売っていただくことがあろうとは。
めちゃんこ緊張しました。

話、長くてすみません。
今までなかなかお話しできなかったので、つい。

今現在の閲覧、販売についての情報です。

閲覧:
・高槻市立図書館全館
・大阪府立槻の木高校図書室(生徒さん対象)
・関西大学総合図書館(吹田市)(学生さん対象)
・JKカフェ、猫猫(高槻市)(お客さん対象)

販売:
・紀伊國屋書店高槻店(1月はじめごろまで)
基本は著者の手売りとなっています。現在、仕事の合間に行商中。
一応、ネット通販やお近くの本屋さんからもご注文いただけますが、
流通できる在庫数が少ないために、品切れと言われる可能性があります。
マチヤ・テラスまでお問い合わせください。
fukei2009-e@yahoo.co.jp

11月以降、マチヤ・カフェでも閲覧、販売する予定です。

ということで、よろしくお願いします。
すでにお買い上げくださったみなさん、ありがとうございます。
(なんとなく、手元の在庫、半分ほどになっている感じです)
[PR]

by ti-ao | 2014-10-23 23:51 | 高槻の町家図鑑 | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 22日

マガタシキ博士が映像化されてしまうなんて!

d0129713_139477.jpg

「すべてがFになる」森博嗣さん のドラマ化。

写真は作品とは関係ありません。
ある日の高槻の月です。




放送時間には仕事してたので録画。
さっき冒頭の四季博士とモエの対話シーンだけ見ました。
今日はこのへんで寝ます。
[PR]

by ti-ao | 2014-10-22 01:40 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 21日

このごろ空がきれい

d0129713_23481335.jpg

最近、少々たてこんでいます。
今月はマチヤ・カフェはありません。
町家センセイからは本の説明と販売の機会をマチヤ・カフェで持てばどうですかと、
わざわざご提案いただきました。ありがとうございます。
できれば11月か12月にそういう機会を持てればと思います。
またお知らせします。


ちょっと仕事を含めたお話。

業務をすすめながら、人材育成、実務遂行手法の伝授をせよとおっしゃる。
もうずっと以前に、私は組織の人間ではなくなっているのです。
これまでのご縁。やむを得ない。
やれるだけのことはさせていただきます。
(ご信頼にお応えできるだろうか)

今の40歳前後より若いスタッフは、
技術云々以前に、仕事に取り組む姿勢と業務の切り盛りが非常にまずい。
自分で仕事を覚えて一人前になったろう!っちゅう根性が感じられない。
相手先が何を望んでいるのか汲み取ることができへん。
自陣の関係者とさえ意思疎通がはかれへん。
あげく人のせいにする、逃げる、やめる。
なんか、どこの組織も戦力大幅ダウンしてる感あり。
(私如きにこのように言われる組織はいったい・・・)


以下は人とのやりとりから、一部抜粋。

「自分自身がちゃんとやれてるのか、
それはそれで大きな問題ですが」

「世代の問題にするなと言われることもあるようですが、
しかし、明らかに傾向がありますよね」

「時間が流れて状況も変わっていくから人も変わるし、
そうやって人間の歴史始まって以来、変化を続けているのでしょうね。

だけど、やるべきことができないとか、
本来、どうするのがよいのかを考えず、
マニュアル通りやってるからいいんでしょ、と言って、
ひどく歪んだことを平気でやっている、
そういうことが多すぎます」

「それもあるでしょうね。物質だけじゃなくて。
たとえば、以前はモノひとつ買うにしても汗して働いて、
さらに店の人と話さないと買えなかった。
働かなくても学費は親が払ってくれる、なんでも与えてくれる、
モノも機械や電子を介して手に入る。
人間音痴、社会音痴になるのも当然」

で、読み返してみて、自分ていったいナニサマ?
d0129713_23574831.jpg

[PR]

by ti-ao | 2014-10-21 23:58 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 18日

田中さんとムジカさん~芦屋いちの場所(私にとって)~

「あしやいち」なるイベントに行こうと思った。
その前に、おなじみのお店へ。
d0129713_2317161.jpg
d0129713_2317916.jpg

田中金盛堂さん。
芦屋で昔ながらの手焼きせんべい。
「こういうおせんべいがずっと食べたかった。ほんとにうれしい」
とは、うちの長老の話。
たしかに素朴でおいしい。
飾った味ではなく、すなおにおいしい。
昔ながらの味は、こういうものなのだと得心。
ご夫妻とは、あべのトコトコ以来のお付き合い。
いつも柔和なマスター(?)、手焼きしてる時は、
さすがに職人の顔、まじめに淡々と焼いてはる。
それを見ながら、ええもんやなぁと思う。
それにしても、おせんべいゆうても、いろいろあるものですね。
私はいちばんシンプルなのがすきですが、
他にもおいしそうなおせんべいが並んでいます。
来年の干支は、羊らしい。
今、せんべいに押す焼印を準備なさっているそうです。
d0129713_23202468.jpg
d0129713_23203389.jpg
d0129713_23204045.jpg

ムジカさん。
堂島になくても、どこにいても、ムジカはムジカなのであった。
この一年でそれがはっきりとわかった。
すでに芦屋になじんでいる気がします。
ソファに並んで座り、しばしお話。
紅茶とお菓子と音楽と、そして、笑顔。
ありがたいひと時。
土日を利用して、金沢?からバイクで駆けつけてきたお客さんも。
お人柄がにじむお店の空間。
そこにみんな引き寄せられる。
茶縁。

Teaさんの花畑は、また少しゆたかになっていました。

芦屋でいちばんすきな場所と人。
ありがとうございました。
[PR]

by ti-ao | 2014-10-18 23:23 | しばらく旅に出ますにっき | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 17日

きみ奈良どうするトコトコ記4

d0129713_2159577.jpg
d0129713_220518.jpg
d0129713_2201191.jpg

なんかどんどん間があいてますが、奈良に行ってきました(いつの話やねん!)
月曜は閉まっている施設もあるけど、さすがに東大寺は関係ないらしい。
鹿と観光客にまみれる(案内人の表現)


でも、ちょっと移動すると、やけにしづか。
お寺は、こうでなくては(笑)

大仏殿の屋根、こういう見え方がする場所もあるのですね。
(「しび」が変換できないうちのPCって、建築士のPCとしてあかんやろ・・・)

きれいな月が見えていた、この時。
空が明るすぎて、写真では見えないですね。
あと少し暮れてきたら、さぞかしきれいな夕景だろうな。
などと思いつつ、下山。

奈良で出会った方、そして、案内してくださった方、
ほんとうにありがとうございました。
ひさしぶりの奈良は、ほんとうにわくわく、おもしろいまちでした。

帰りの電車で山をくぐり、大阪へ戻るころ、
空にくっきりと明るい月が見えた。

そして、自分のまちに帰って人々とすれ違う。
そばに鹿がいる、そんな空間にさっきまでいたのか?!
なんか不思議に思えた。


きつねにつままれたのか、しかにつつかれたのか?
[PR]

by ti-ao | 2014-10-17 22:00 | しばらく旅に出ますにっき | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 15日

なんか、なつかしい

d0129713_20555230.jpg

風が吹いている。冬の匂いがした。
[PR]

by ti-ao | 2014-10-15 20:56 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2014年 10月 14日

毎週毎週サザエさんみたいにやってくる台風は

d0129713_20372133.jpg

サザエさんみたいにはおもしろくなかった。




fungatt fufu !
[PR]

by ti-ao | 2014-10-14 20:38 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)