マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 30日

ふたつのまちとひとつの月。

d0129713_22434529.jpg
d0129713_22435359.jpg
d0129713_2244168.jpg

富田町家の上に月を見て、
高槻町家の上にも月を見ました。
少し離れたふたつのまちだけど、おなじひとつの月。
300歳町家の桜が心なしかつぼみを付けているかに思えた。
気のせいかな。
確かなのは、今日お目にかかった、どちらのまちのひとたちも、
とてもあたたかだったこと。
(ありがとうございました)

「きつつき編集室」におじゃまして、つい昔の新聞奨学生だったころを思い出す。
私は無受験で浪人生になって、浪人時代と大学時代前半を、
新聞屋さんに勤めながら過ごしました。
今でも夢を見ます。
夜明け前、薄暗い下町、狭い道、
まわりは2階建ての木造アパートや長屋や文化住宅に囲われている。
あっちにもこっちにもポストがある。
だけど、夢の中で、どのポストに新聞を入れたらいいのか、わからない。
自転車を降りて、靴を脱いで、木造アパートの暗い階段を上り、
部屋のドアの隙間から新聞を差し入れるのに、
どの部屋の扉に入れたらいいのか、思い出せない。
迷宮・・・

そんな夢です。
もう30年以上も昔のことなのに、おかしなものですね。

今宵、町家の上の月を見ながら、そんな迷宮を思うへんなやつがひとり(笑)


実際には、配達が終わるまでの間に、
とある家のポストの映像がぱっと思い浮かんで、
「ぁ、あのポストに入れてない!」って気付く。
そんな新聞屋の兄ちゃんでした。

受験生のみなさん、がんばって。
[PR]

by ti-ao | 2015-01-30 22:44 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 30日

「きつつき21」!

d0129713_2271461.jpg
d0129713_229293.jpg

という地域情報紙2月号にインタビュー(!?)記事を載せていただきました。
主に高槻市西部方面(富田地区)の朝日新聞愛読者のご家庭に配布。
(発行:昌盛館 きつつき21 編集室)
これまでの活動、「町家調査」「町家実測」から「マチヤ・レポート」、
そして、「登録文化財 横山家住宅」のこと、
さらに、今後のことについても少し。

軽妙なようで鋭くておもしろい文章でご紹介くださっていて、うれしいです。
「きつつき」のみなさま、ほんとうにありがとうございました。

「きつつき」にはまちの歴史やおもしろいお店や、その他いろんな話が載っていて、
なんかすごい情報量だなぁと今さらにしてびっくり。
自分が本を作ったこともあり、編集者的な目線で見ると興味深いです。

そして、やはり富田というまちは、おもしろい。
それをまたしても確認。
いかにしてがんばってはる人たちのお力になれるものか。
ここでは、これを考えます。


「きつつき」さんのHPにリンクさせていただこうとしたら、ないのかな?
[PR]

by ti-ao | 2015-01-30 22:07 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 28日

簡素な食卓

d0129713_22165635.jpg

クリスマスもバレンタインも特に気にしない、
だけど、誕生日だけは別。
大切だよ。
無事に生まれて、無事に育ってきたことにありがとう。
そして、これからもよろしく。
そんな日だから。


とは、最も信頼する友のことばです。


ありがとう。そして、おめでとう。
[PR]

by ti-ao | 2015-01-28 22:18 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 24日

みんなよどがわでいきている

d0129713_181167.jpg
大阪人も高槻人も、わたしたちはみんな淀川水系の民なんやなぁ、
などと思う、今日の夕暮れでした。
[PR]

by ti-ao | 2015-01-24 01:08 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 22日

一考二考三考~富田、高槻、マチヤ・テラス~03

d0129713_2249367.jpg

三考
「マチヤ・テラスはどこへ」
組織の形を持たないよう努めてきた。続けなくてよいもの。
しかし、後継の意識はある。
私の去った後もその後も。
自分より若い人を若いうちから地元に縛り付けたくない。
飛びまわれる翼があるものは飛びまわればよいのです。
(学者でも主婦でも会社員でも・・・)
いつか彼や彼女が少し歳を経て落ち着いたら、
このまちに戻って来てくれたらいいな、とは思っている。

その時でさえ、マチヤ・テラスを継いでくれる必要はない。
すでに彼や彼女とは志が通い合っているはず。
いつか彼らには、自分のまちに帰ってきて、
自分の志で自分の活動をやってもらえば、よい。
それで十分にマチヤ・テラス的なものは、
引き継がれることだろう。
彼らの活動のどこかに。志として。
だからマチヤ・テラスという名やかたちにはこだわらない。
マチヤ・テラスとは、そういうものだと思うのです。

元々はわたしのハンドルネーム(候補)だった。
長いこと出かけたままだったけど、ようやく戻ってきたのかもしれない。
マチヤ・テラス。

仕事漬けの日々、なぜかものおもう夜。
だれか、ちょっと飲みませんか?(笑)


以前から同じようなことは言っていますが、
この機会に(どの?)あらためて。
[PR]

by ti-ao | 2015-01-22 22:50 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 21日

一考二考三考~富田、高槻、マチヤ・テラス~02/追記あり

d0129713_2374576.jpg

二考
「城がシンプルだと城下町の町家もシンプルになる」
そういうものらしい。(あくまでも私見です)
高槻城の簡素さは高槻町家のそれに相通じるものがある。
高槻町家の、簡素ながらセンスの良い意匠を見ていると、
高槻城の意匠もまたそうであったに違いないと思える。
おもしろいものだ。


画像は何年も前に勝手に描いた未来の高槻城です。
江戸時代ではなく、戦国時代の城のイメージ。
別に壁は白でもかまいません。
白でも黒でもきれいだと思います。
立地と形態(ボリュウム)とデザインさえよければ、城は映えます。

どこからでも見える、かつての城郭内のどこかに、
石垣状の嵩上げをして高く見せて、
高槻町家に通じる簡素だが切れの良い意匠で、
城をつくるとよいと思います。

ついでに?嵩上げした人工地盤内に多目的ホールとかを入れたらいい。
戦国~江戸期の城の遺構は、人工地盤で嵩上げすることで、
地中に残せると思います。
まぁ、言うだけは簡単、ゆうことですよね。

そもそもこの図は、友だちと相談して、
当時の秋のジャズストイベント翌日から1日半くらいで!
大急ぎで描いたものがベースになっています。
ちゃんと模型とかつくりたいな。
周辺のまちもいっしょに。


追記:2015年1月22日夜
私が城の話をすると、びっくりする人がいるらしい(笑)
元々城好きなんです。
(アピールが足りてへんかった?)
それに、高槻城下町の町家は高槻城とは切り離せない気がします。
[PR]

by ti-ao | 2015-01-21 23:07 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 21日

一考二考三考~富田、高槻、マチヤ・テラス~01

d0129713_0275027.jpg

一考
「とんだヅカン」つくりたい。
富田ではすでにいろんな人がいろんなことやってはる。
寺社、酒造、商業、そして、町家。
それを集めて、ひろく伝える。
そのお手伝いをしたい。
富田では「町家図鑑」よりも「富田図鑑」がいい。
いろんな人にお話を聞いてみたい。

富田は高槻とは別のまち。
だから町家も「富田町家」もしくは「富田郷町家」と呼んでよいと思う。
それを探っていくことになるか。


「とんだズカン」って自分で書いて、「とんカツ」って読みそうになる、
そんな私です。
写真は昨年末、取材していただいた時に行った富田郷町家。
[PR]

by ti-ao | 2015-01-21 00:29 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 19日

たかつき歴史継承まちづくり会合についてなど(2点)

d0129713_2159850.jpg

こんばんは。2点お知らせです。

1.1月のマチヤ・カフェ
日時:2015年1月31日(土)午後1時30分ごろ~4時ごろ
場所:横山家住宅(高槻300歳町家・高槻市城北町1丁目)
内容:国の登録有形文化財である町家を見学できます。
*店ではなく集いの場です。

2.高槻町家めぐりと歴史継承(伝承)まちづくりの会合
日時:2015年1月31日(土)午後2時~4時
場所:横山家住宅の土間(のち、まちなかへ移動)
内容:
・町家めぐり企画の打合せと町家への声掛けつづき
・歴史伝承まちづくりについての話し合い
(富田での活動、高槻城復活提案、他の企画など)

年度末が近付いてお忙しいかと思いますが、
お時間よろしければ、どうぞご参加ください。

お返事くださったみなさん、ありがとうございました。
日程についてご希望に添えなかったみなさん、すみません。
また別途お話しするか、次回会合でお目にかかりたく思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

マチヤ・テラスだった

写真は昨年12月20日のマチヤ・テラス。
う~ん、やっぱり、町家って、船に見える。
(のは、私だけなのかな)
[PR]

by ti-ao | 2015-01-19 22:00 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 16日

高槻町家めぐりと歴史伝承まちづくりについて

d0129713_2355828.jpg

「高槻町家めぐり(マチヤぐるぐる)」と「高槻歴史伝承まちづくり」について、
今年初めの会合を持ちたいと思います。
参加してみようかなというみなさんのご都合を教えてください。
とりあえず、1月末~2月末の土日で、ご希望の日時をお知らせください。

前回12月の会合で、まちの歴史や文化を考えるということも話題にありました。
歴史や文化を後世に伝えられるようにして、
それが今とこれからのまちのためにもなる。
そういう歴史伝承まちづくりについて考えたいと思います。
町家もその中の項目のひとつだと考えています。

たとえば、富田ではいろいろなみなさんがいろいろな取り組みをなさっています。
もしかすると、そういうみなさんの業績?を取りまとめ、ひろく伝え残す、
というようなことも有意義かもしれず、
いやいや、やっぱ町家も調査してよ、ということなれば、それもよい。
さらに、城下町では、もっと城のことも考えてみたいと思います。

みたいな感じで柔軟に、しかし、明確に目的を持って取り組んでいきたいです。
ムリはせず。
今までのようなムリは続かないですから、ここは大事です。

なんかぼやけてぶれてきてる感もあるのか。
元々が町家だけを見ていたわけではないのです。
(ただ、町家で手一杯になっていた)
一度、原点に帰り、視野を広くして(元に戻して)、見つめ直したいと思います。

このような感じです。
また気さくにまじめに話し合いましょう。
どうぞよろしくお願いいたします。

マチヤ・テラスだった
[PR]

by ti-ao | 2015-01-16 23:06 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 14日

20年。

d0129713_232033.jpg
被災建築物応急危険度判定士の連絡訓練。
今日の午前中にありました。
まぁ、連絡の模擬演習みたいなものです。
今までは連絡網さえなかったので、少しづつは進展してるのかな。
実践でどれだけ役に立つかどうか。

過去、神戸の東灘と岩手の釜石で危険度判定の作業を経験しています。
今までは、待っていたって要請なんかないから、
自分で行先を決めて、自分で現地と連絡を取って、自分で行きました。
(岩手の場合は、友だちといっしょに行動。車に乗っけてもらいました)
今度はもしかしたら、演習通りに要請に応じて組織的に動くこともあるだろうか。
でも、もう経験せずに済めば、それがいちばんいい。
ああいう状況というか、人の顔は見たくないし、無力感も味わいたくない。
やはりいつまでも残ってしまうのは、人についてのことですね。
自分が人だからなのでしょう。

さっき写真の話を友だちとしていました。
神戸の時、写真は一枚も撮れなかった。
報道の映像そのままの状況が目の前にあって、
この上何を自分が写真に撮る必要があるのかと思いました。
神戸の人の顔見てるととてもそんな気にもなれなかったですしね。
そうそう、当時は今みたいにデジカメやケータイもなかった。
レンズ付きフィルムの時代でしたね。

20年経って、ようやく、東灘を歩いてみようかという気になりつつある。
やっと、そんな感じなのでした。

連絡訓練の夜。
ぐらっと揺れましたね。
ほんまに、天は、見ているのではないか、
わたしたち人間のさまを、と思うことがある。
[PR]

by ti-ao | 2015-01-14 23:02 | 地震のこと | Trackback | Comments(0)