マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧


2015年 06月 30日

先週土曜日のマチヤ・カフェと高槻城下町歩きのこと、

「高槻町家のブログ」にも記事が載りました。
http://tmachiya.osakazine.net/e580309.html
今回は私が書いていますが、こっち(「マチヤ・テラス通信」)よりも、
冷静に書けている気がします(!)

たとえば、お屋敷におじゃました感想ひとつとっても、
人によって着眼点も違うし、感激したところが違うんですよね。
ほんとうにみんな個性的。
メンバー個々のこういったおもしろさが反映されるようになれば、
もっと活動もおもしろくなりそうですね。
そして、メンバー以外の住民さんのおもしろさも反映したい。
土曜日のことは、ひとりひとりがヒントなり手がかりなりをもらった、
よいきっかけになったようです。
d0129713_23274850.jpg

写真は、高槻城の北大手門があったあたり。
枡形虎口などの説明をしてくださっています。
ここをまっすぐ行くと教会や神社、現代劇場などがある、
あの通りです。
[PR]

by ti-ao | 2015-06-30 23:28 | まちや・ねっと | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 29日

とんだふうけい9~あれ?9やったっけ?あってる?~

d0129713_23214169.jpg
坂だらけの富田。
そんな坂で見る空は、やはり、きれいなのであった。
怒とうのミーティング翌日の富田の空。
(ほっ)


ホームに上がる。まだ少し時間がある。
考えをまとめる。ホームがにぎやかに。
ノートに熱中。
ん?
振り返ると閉まる電車のドア。
あら?

ある日の1コマ。
(最近、電車も車も静かすぎて接近に気付かない!困ります!)
d0129713_2322135.jpg


追記1:
坂好き段差好き(段サーというらしい)タモリさん、
富田でブラブラしてほしいな。(お呼びしましょう!)

追記2:
4/16付記事「コイノボリはじめました」の記事カテゴリを「とんだふうけい」に変更しました。
富田の記事はちょこちょこあるのですが、最近のものしかこのカテゴリに入っていません。
[PR]

by ti-ao | 2015-06-29 23:22 | とんだふうけい(高槻市富田) | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 28日

わすれたわけじゃぁないのよ、あなたのことを。

d0129713_23311449.jpg
てなわけで、西国街道芥川宿へ。
まちも町家も、そして、人も、変わりないようで、ちょこちょこ変わっている。
そんな中、リザルブのマスターは相変わらずまっとうな珈琲屋をやっていて、
なんだか、話していてほっとした。
d0129713_23312746.jpg

芥川は水がゆたか。
大雨のあとだからかな。

追記:
このところ「高槻城下町」「富田郷」ばかり言ってて、
気になっていました!
[PR]

by ti-ao | 2015-06-28 23:32 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 28日

城下町高槻の証し

d0129713_1575966.jpg
高槻300歳町家にて怒とうの?土間ミーティング。
マチヤ・テラスで城下町のみなさんとのつながりはできている、
今は、もう、これを活かして「城下町高槻」の自覚を持って、
これからのまちをつくっていく、内圧を高める、そのためのイベントをやりたい。
私たちがやるのではない、城下町の人たちが自ら動く、のを促す役割。
きわどい場面に差しかかっている。
しかし、今はもう仕掛ける時機。
あえて、とにかくやってみよう。
やってみて状況を変えよう。
な、私。
しかし、即座に走らせない仲間たちもいる。
とりあえずやってまえという大雑把な私だけに、
そんな仲間を信頼しています。心から。
慎重もいいけど、今はやる時だというのも、わかっているけど、
あえて、冷静な視点を提示してくれている。
ありがたいことやなと、今日、つくづく思いました。
そんな、なかまたちといっしょに、前に進みたい。

マチヤ・カフェの朗読会は盛況な様子でしたが、
ミーティングが、何しろ怒とうなもので!参加も出来ず。
町家センセイ、奥さま、ありがとうございました。
d0129713_1581598.jpg

城下町歩きも30分遅れてのスタート。
待っていてくださった方もいてはり、ほんまにすみませんでした。
この春新作の「たかつき町家MAP」を持って、
城内にお住いのお武家さまご所蔵の絵図面を持って、
そして、干して復活した地図も持って、
城下町を歩きました。
そして、仕上げに、そのお武家さまのお家におじゃましました。
座敷に通していただいたのは私も初めてで感激。
ある人は「今年いちばんのヒット(慶事)」と言っていました(笑)
d0129713_1582919.jpg

高槻、ここに城があって、ここは城下町である。
ゆえに武家屋敷がある。
その家の方がずっとここに(戦国時代から?)いてはる。
これは城下町特有の事象であり、
まちにとってのほんとうにありがたいたからもの。
こんなにシンプルで強烈な城下町高槻の証しがあろうか。

今、古民家、町家の流行は勢いを増している。
が、現役の武家屋敷は城下町ならではのもの。
ほんとうにありがたいものやなと実感しました。

玄関や床の間のしつらえを拝見して、
やはりお武家さまのお家なんやなぁと思う。
町家との比較。
町人の町家は、やはり、お武家さまには気をつかってしつらえている。
それも感じました。そういう興味深さもあります。

なんか、一気にしゃべりましたね。
(ちょっと興奮気味)
要するに、城下町高槻万歳!ってことです。

追記1:
天気は、なんとか持ち直し、のち、好天。
町家おばあちゃんのお気持ちに、いつも守られているのです。

追記2:
お庭は江戸時代のまんまと言うことです。
いつかまた、お家もいっしょにご紹介できればと思います。
[PR]

by ti-ao | 2015-06-28 02:01 | まちや・ねっと | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 27日

地図と麦わらを干す。

d0129713_22563716.jpg
先日の大雨のあと、です。
[PR]

by ti-ao | 2015-06-27 22:57 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 25日

高く透ける台地の空~とんだふうけい8~

d0129713_22255726.jpg
d0129713_2226433.jpg
d0129713_22261280.jpg
d0129713_22261915.jpg
富田は空がきれいに見える場所が多い。
台地の上だからかなと思う。
今日もいっぱい見られました。
[PR]

by ti-ao | 2015-06-25 22:26 | とんだふうけい(高槻市富田) | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 23日

あくまでも どこまでも 高槻城下町

d0129713_22274693.jpg
あくまでも、どこまでも、ここは城下町。
ここには歴史がある、人がいる、証としての町家がある。


そして、
めがねデビュー。
あくまでも、どこまでも、読書用。
です!
d0129713_2228737.jpg

[PR]

by ti-ao | 2015-06-23 22:29 | 風景カフェ | Trackback | Comments(1)
2015年 06月 22日

あったかみ~関西大学 千里山キャンパス~

昨日、高槻のミューズキャンパスに行って、ふと思い出した。
先月、千里山キャンパスに行った時の残りの写真です。
d0129713_23121365.jpg

1枚目。
社会学部。私の知らない中庭ができていた。
社学は正門の外にあるため、関西外大と言われていた(笑)
それが、近い将来、大学の新しい玄関口に変わろうとしています。
d0129713_23122460.jpg

2枚目。
工学部。私の知っている中庭がなくなっていた。
びっくりした。
右手の平地には学舎があり、真ん中の斜面は木がいっぱいある林だった。
その奥の2階建てプレファブは元は、1階が大教室、2階が製図室でした。(あれ、逆か?!)
昔は講義を受ける教室に冷房がなく、夏はめちゃくちゃ暑かった。
先生も学生も夏休み前の講義は、すでに夏バテ気味(笑)
卒業が近いころ、一部の教室にエアコンが入って、なんだなんだ!
と思っていたら、あとからパソコンが搬入されたのでした。
つまり、学生のためというより、パソコンのためのエアコン!
今は、古い学舎も冷暖房完備、内装もきれいになっていて、えらい気の遣いようやなぁ、
こうでもせんと学生が来てくれへんのかぁ、と思いました。
だから、一部で床に安っぽいPタイルむき出し、壁はコンクリートにペンキ塗り、
なんてゆう、昔の学舎らしい内装を見かけると、妙にほっとしました。
暑い学舎、まわりは木がいっぱいで、蝉も鳴いていて、
そんな記憶がふとよぎる。
d0129713_23123636.jpg

3枚目。
法文学舎。円形図書館。円形でなくても表情豊かで、
村野藤吾のデザインは冴えわたっているのでした。
ちなみに今は建て替えられている、この円形部分に接する学舎も、
この円形部分に合わせて、とても意匠性が高かった。
地味で、つい円形部分に気を取られがちですが、
村野建築は、そういう意外なところに美しさがあふれており、
そういう学舎の中で建築を学べたことは、建築デザイン屋として、
とても幸せなことやったと思います。


学部、建物の名称は私の在学当時のものです。
昨日のミューズキャンパスでのゼミ発表では、
となりに座っていた人たちも千里山の卒業生でした。
若い学生たちの様子を見て、うれしい。
関大は、こういうあたたかみがあって、好きです。
[PR]

by ti-ao | 2015-06-22 23:12 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 21日

「ぽた、もしくは、ぼた」

d0129713_21593256.jpg

さっそく試してみました。
どうやら、私は飴子さんではなく、雛子さん側の人間らしい。


紅茶はムジカさんの。あ、ミルク入れるの忘れてた。
[PR]

by ti-ao | 2015-06-21 21:59 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 21日

みんな、がんばれ~関西大学ミューズキャンパス祭~

d0129713_21571947.jpg
高槻駅前の関西大学ミューズキャンパス祭へ。
マチヤ・テラスの活動で事務室に行ったことはありましたが、
教室に入ったのは初めてです。
3つのゼミの発表会があり、そのひとつにおじゃま。
「ヒューマンエラー」についてのお話でした。
都市防災をやってる学舎かと思っていたら、
そういうことも学んでるんですね。
おもしろかったです。
わが後輩たちはまじめですね。
ジャズストのミーティングでよく見かけた学生さんもいました。
彼もちゃんと学生してるようです。
ジャズストもヒューマンエラーだらけやから、
ちょうどええ研究対象ちゃうかな(苦笑)

窓の外ではサッカーをしていました。
高槻の女子サッカーチームが来ていたようです。

がんばれ!
[PR]

by ti-ao | 2015-06-21 21:58 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)