マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 29日

drawing something-New ,Now

d0129713_1433431.jpg

[PR]

by ti-ao | 2015-09-29 14:34 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 13日

J+M=U~高槻の祝日~

d0129713_225055.jpg
d0129713_22503087.jpg

今日は、友だちの結婚披露宴。
すでに2年前に結婚しているし、昨年、子どもも生まれている。
案内の連絡をもらった時、再婚か?と聞き返してしまった(笑)

今日は午前中から1次会、2次会、3次会とリレーしているらしい。
私は2次会におじゃましたが、3次会はまだまだやってるでしょう。
二人、いや、三人を祝いたい人は、めっちゃいっぱいいてるはず。

2次会は、JK`sのBIRD。
定刻前に行っても、すでに、すごい人だった。
フライドプライドのお二人とヴァイオリンの牧山さん(?違ってたらすみません)、
新郎(なのか?)に内緒で登場して、演奏、大いに盛り上がった。

さっきから後ろから、
「パパ~ママ~」というかわいい声がする。
お二人のお子さんだ。
もう、クライマックスだし、お二人のところへお連れしてはどうかと、
お子さんを預かっていたご婦人にお話したら、
早速、お連れになって、3人そろって笑顔。
親子3人の後ろ姿を見ていて、ほんとうによかったなぁと思い、
フラプラのラブソングなんか聞きながら、ちょっとうるっときてしまった。

今考えれば、お子さんは目立つ場所に出さない配慮だったのかも。
もしそうだったなら、すみませんでした。

彼とは、東北にいっしょにボランティアに行って、
二人で何度もモーニングコーヒーを飲んだ仲(ぉ~い)
厳しい状況下で、すごく頼りになるのはもちろんのこと、
ほんまにやさしい男やなぁと、実感した。
あれから何年かたって、幸せそうで、なんかとってもうれしいです。

3人とも、おめでとうございます。
末永く、お幸せに。


そうそう、他のカップルの赤ちゃんにも会えて、よかった。
新ママたちは、寝不足して大変でしょうが、母子揃ってすくすく育ってや。

今日は、ほんまにええ夜でした。
ありがとう。
[PR]

by ti-ao | 2015-09-13 22:51 | 高槻ジャズストリートや♪ | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 11日

みなさんがはやくお元気になりますように。一日もはやく生活再建できますように。

d0129713_2253013.jpg

台風一過、と思っていたら、
思わぬ遠方で、大変な被害が出ているとのこと。
今さらにして、驚いています。

私たち被災建築物応急危険度判定士は、
今まで地震による被害を主に想定してきた気がするのですが、
豪雨なども、よく考えておく必要があると痛感しました。
実際に、岩手で判定作業を行った、あれは津波による損傷を受けた建築でした。

地元の市長さんや議員さんが河川のスーパー堤防のお話を力説なさっている。
それで思い出しました。
私の大学の卒業設計は、芥川のスーパー堤防整備を前提にしたものでした。
スーパー堤防の中にチューブを通して地下鉄を走らせる案。
いざとなれば、チューブは排水路にしてください!
建築学科のやることか?とも思えますね。
http://fukei.exblog.jp/9904488/
[PR]

by ti-ao | 2015-09-11 22:53 | おしごと | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 07日

銀寄のみなさん~能勢の妙見さん3~

d0129713_15185380.jpg
d0129713_1519571.jpg
d0129713_15191787.jpg
d0129713_15192769.jpg
d0129713_15193494.jpg
今回の目的のひとつは、
能勢銀寄委員会のみなさんの出店を訪ねること。
能勢の魅力を見つけ出し、つくり出し、
もっと能勢に来てもらおう、住んでもらおう、
と、活動なさっています。
ちなみに、銀寄とは、能勢の栗の品種らしいです。
銀寄のサイトはこちら↓
http://www.ginyose.jp/

銀寄のみなさんは、今回、
「酒まんじゅう」と「しそジュース」をお出しになっていました。
酒まんじゅうは、酒粕のいい香りの皮の中に、いもあんと、さらに、黒豆!
なかなか凝っていて、でも、味わいはとても素直でおいしいです。
しそジュースは、酢が入っているのがおもしろいと思いました。
健康志向が高まって久しい。酢とか麹とか、工夫なさっているようです。
ここでは基本的に地元産の食材でつくられたものばかりが出ている。
土から研究なさったとか、すばらしいことです。
(食べ物の説明がどうにも下手で、すんません!)

雨で人が少なく思えましたが、午後には結構な人出になりました。
ご用意なさった食べ物もあっという間に売り切れ!
昼ごはんのおにぎりを買ったお店のみなさんもおっしゃっていましたが、
前日から殆ど寝ずに支度してきたとかで、
みなさんのまじめな熱気と、和気あいあいさ加減が、
ものすごくよい雰囲気をかもし出していました。

Tさんはじめ、銀寄のみなさん、ありがとうございました。

行きは、人気がない山道で、
このまま山中に迷い込み、修行の日々に入るんちゃうか、
思いましたが、帰りはにぎやか。
静と動と、両方あってよかった。

帰りは、やっぱ、能勢電。
この車輌、よく見ると阪急の車輌?
マルーンカラーを塗り直したのでしょうね。

ところで、の、余談。
妙見口駅前に、なんと、「高山右近」公ご生誕の地の幟が!
車で20分ほどの場所にあるらしいです。
一度、行って見たいなぁ。
右近公のイベントとか、高槻よりも、こっちの方ががんばってはるんちゃうかな。
宗教的な問題で、やはり、高槻では表立って右近公のことを扱いにくい、
アンタッチャブルな右近公なのか・・・

マチヤ・テラスのマスコットキャラは右近くんですけどね。
[PR]

by ti-ao | 2015-09-07 15:20 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 07日

矢筈の紋~能勢の妙見さん2~

d0129713_14425752.jpg
d0129713_14432583.jpg
d0129713_14433697.jpg
d0129713_14434569.jpg
d0129713_14441129.jpg

八朔会に行ったわりには、本堂にお参りして引き返しました。
とにかく雨で濡れて寒い。

お寺のあちらこちらに見られる紋。
矢筈yahazu紋というようです。
能勢の妙見さんの紋章。

歩いていると、必ず視界のどこかに、この紋があります☆
おもしろい。

ちなみに、山門のところで、ちょうど大阪府能勢町と兵庫県川西市の境界がある。
わざわざ看板がありました(笑)
ここはどっちなのか、よく聞かれるのかもしれませんね。
山門から中が能勢で、門前は川西かというと、そうでもないらしい。
参道脇のお茶屋さんは、ここは能勢町側だと言っていました。
つまり、山の稜線、分水嶺に行政界線があるとすれば、
そういう山のてっぺんにお寺さんを開いた、ということなのでしょう。
そこに意味がある(気がする)
境界線が府県を行ったり来たりするのは気にしないことにしましょう(なのか?)

昼ごはんのおにぎりを食べた京大地震観測所軒下。
鉄扉に小さなかたつむり(pinボケ!)
[PR]

by ti-ao | 2015-09-07 14:51 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 07日

懸魚の瑞鳥~能勢妙見さん1~

d0129713_14242714.jpg

これ、なんの鳥?

大阪府北のてっぺん、能勢妙見山、八朔会祈祷祭へ。
人、人、人、を予想していたのですが、
雨、雨、霧、そして、雨。
d0129713_14243989.jpg
d0129713_14244649.jpg

阪急電車~単線の能勢電鉄~バス~ケーブルカーを経て、山頂近くへ。
スキー場みたいなリフトがあるが、12分かかる。
雨風がひどいので、歩いて登ることにする。
山の中、というか、ほぼてっぺん?
空気が冷たく、清かな感じです。
d0129713_14251049.jpg
d0129713_1425193.jpg

登り切ると、そこにお寺がある。
能勢の妙見さん。
能勢氏ゆかりの寺院で、かのご一族やご当地の歴史と密接な関係。
他人事な言い方を許していただけるなら、「とてもドラマティック」。
先月、おじゃました地黄にある眞如寺、その飛び地境内という位置付け。
大阪府最北の頂という場所柄と、北辰(北斗星)信仰が、
なんとなく、すんなり結びつくような印象を持ちました。

そのご本堂(本殿と記されている)、唐破風karahafu軒先の懸魚gegyo。
鳥がいる(彫り物☆)
なんだか優美な華麗な意匠。
懸魚に鳥とは。
だんじりなどにはよく使うようですが。
みなさんは、なんの鳥だと思いますか?

私は鳳凰かなと思いました。
それか、朱雀?鶴には見えないしなぁ。
北辰信仰に関するなら、南を指す鳳凰はおかしいのかな?
北は玄武だよなぁ。
とか、考えはじめると気になって仕方ない!
(相変わらず、行って見てから、気になったものを調べてます)

いったいなんなんだ。この鳥は。
火の鳥か!
ギャオスか?

(答はコメント欄へ)
[PR]

by ti-ao | 2015-09-07 14:26 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(1)
2015年 09月 05日

どんなこんな土曜日

d0129713_2226238.jpg

本来、数週間かけてやる仕事を、2日弱でやってくれって、
めちゃくちゃやん。
着手したものの、結局、みんなで撤収。
土曜日が勿体なかったけど、日曜日までつぶさずにすんで、よかった。

話しが変わりますが。

このごろ、他社設計のわりと広い敷地内の、全体配置を見直す仕事が続いた。
どうも、こういう仕事に慣れてない人が、元の配置をやったなと感じることが多い。
本来、配置計画で、こういうことはしないよね、ってゆうことが、あったはずだが・・・
建物の配置はもう、仕方ない(のか?)として、外構が下手過ぎる。
(外構は、道やら広場やら植栽帯やら、建物廻りのことです)
「必要とされる施設をとりあえず敷地内に法的に問題なく入れておきました」
みたいな感じがする。
これで実際に工事やって、出来上がったら、「うっわぁ~あかんやろ」ってなるはず。
そんな見どころ満載の配置計画。
実際に竣工するまで、誰もおかしいと気付かない。ちょっとこわいなと感じる。

設計者が引いた一本の線が、現場で実際にどうなるのか、
それを知らないと、おかしな設計になる。
たとえば、敷地の入り口の、まちの顔になるところに、
でっか~いコンクリート擁壁が何10mも続いてる、とか。
大雑把な配置で大雑把な造成で、無駄な擁壁がたくさんできる。
もっと、現況敷地の形状になじむように配置すれば、造成の負荷が減らせるし、
出来上がった環境も落ち着いたものになるはず。

役所の開発指導や建築指導では、法的なチェックをするだけなので、
その配置がいいかわるいかの判断はしない。
事業主体にも、こういう判断ができる人が減っている。
コンサル任せ。
分業化が進んで、設計者にかかる責任が増しているということでもある。

このごろよく感じている、仕事の話でした。

写真は、まったく関係ありません。
いつどこで撮ったのかも、覚えてない・・・
[PR]

by ti-ao | 2015-09-05 22:34 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2015年 09月 02日

この夏はハーゲンダッツ食べなかったなぁ~高槻の空を見ながら~


d0129713_2015350.jpg
作業に没頭する日々。
久しぶりにまちの人たちと会って話す。

見上げると青は高く、
風が涼しいと感じた。

秋、ですね。
[PR]

by ti-ao | 2015-09-02 20:02 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)