マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2016年 12月 31日

年の瀬、ひさしぶりに月を見る

d0129713_21383751.jpg

それは、幼子の爪を切ってやったときのよう。


あたらしい年がよい年でありますように。
[PR]

by ti-ao | 2016-12-31 21:38 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 29日

三大城下町マップ巡礼~夕陽丘あたり~

d0129713_20554477.jpg

今日は三大城下町マップで紹介させていただいた寺社へ。
お参りとごあいさつがてら、マップをお届けしました。
まだ「真田丸」人気の余熱があります。
人が多かった。外国の人も。

で、なんでこの写真やねん?な感じですが、
「ひとがいてへん(人がいない)」この地下通路、
はじめて見ました。(びっくりした)
ご用納め翌日のオフィス+官庁のまちらしい風景。

いよいよ今年もあと少しですね。
[PR]

by ti-ao | 2016-12-29 20:55 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 24日

めりくりすましておめでとうございます鈴々

d0129713_21515689.jpg
d0129713_2152425.jpg
d0129713_21521248.jpg

仕事が無事におわったところで、仕事場の掃除。
昼ごはんは久しぶりの猫猫maomao。
春菊って、今らしい。
私は食べ物のことがまったくわからない。
ただただおいしいと思って食べるのみ。
相変わらず、この店のスープが好きだ。
ごちそうさま。

JKカフェは今日が19周年。
おめでとうございます。
食後にいつものナントカをいただく。
そういや、通い始めて結構になるのか。
ありがたいことです。

そして、今日こそは、年末のごあいさつ。
高槻300歳町家。
今年もほんとうにありがとうございました。
どうぞよいお年を。

そうか。
今年もあと一週間。
がんばろ。
[PR]

by ti-ao | 2016-12-24 21:52 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 21日

大阪三大城下町マップの風景~「城がある」豊臣時代大坂城~

今日は冬至。
ここからは日が長くなるのですね。
春はもうすぐ(なのか)
d0129713_2225871.jpg
d0129713_22344.jpg

大阪三大城下町マップ(大阪府建築士会発行)、
何回かに分けて、原画をご紹介してきましたが、
これで一度しめくくります。

豊臣時代の大坂城。
「真田丸」のドラマでも象徴的に描かれていましたね。
大好きなお城。
今の大阪城は、豊臣時代の城の絵を参考に復興された、THE近代建築!

「城がある」
天守の絵の傍らに、司馬遼太郎さん「城塞」の一文を添えていますが、
残念ながら、マップではカットしています。

もう一枚は、豊臣時代の大坂城、京橋口近くのお話。
大水で堤が切れそうになり、秀吉公も現地に駆けつけました。
土俵を使い果たし、とても危うくなった時、
石田三成公が城の蔵から米俵を運び出して、堤を手当てし、
なんとか被害を防ぎ、後日、手伝った人たちに米俵を配った、
ということです。
歴史好きにはよく知られた話だと思います。
昔のドラマでも見たような気がします。

愛してやまない豊臣時代大坂城。
その大坂城の石垣を後世に伝える事業が始まっています。
すばらしい。

大坂(大阪)、岸和田、高槻。
三つの城は、幕府が意図して残した西国経営の拠点。
当然、大坂城を中心に連携していたはずです。
今、この三つのまちが連携してなにかに取り組んでもおかしくはない。
いや、むしろよいことがありそうです。
大阪三大城下町サミットでもやって、今後につながるなにかをはじめませんか。

今回は、三つのまちのみなさんにお世話になりました。
もちろん、大阪市の行政のみなさまにも民間のみなさまにも。
そして、大阪府教育庁のみなさまにも。
ありがとうございました。
特に、文化財プロ氏には、高槻300歳町家の文化財登録作業に続いて、
たいへんお世話になりました。
私がとんでもない誤字をしていたのに気付いて教えてくださったり
(なんと、カツラとヒゲを間違えてました)
現在の文化財的な解釈について教えてくださったり、
本当に助けていただきました。
ありがとうございました。

そして、大阪府建築士会のみなさま。
今回、よくぞこういう「らしからぬ」マップを出すことを認めてくださったものです。
出す前提での前向きなご意見や励ましのお言葉に支えられました。
ほんとうにありがとうございました。

こうして多くのみなさまに支えられて出来あがったマップ。
たくさんのみなさんに見ていただけるように、もうひと踏ん張りします。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by ti-ao | 2016-12-21 22:03 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 20日

大阪三大城下町マップの風景~たかつきトコトコまっぷと右近くん+伊勢ひめ~

d0129713_2147694.jpg
d0129713_21471531.jpg

(高山右近公の大河ドラマも見てみたいなぁ)

今夕、高槻300歳町家に歳末のごあいさつに伺うつもりが、
年明けの活動へのご協力のお願いになってしまいました。
地域教育は大事。
この点で、町家センセイも賛同くださっていて、
まだまだお世話になりそうです。

こんなマチヤ・テラスの活動は、ちょうど今が、10周年。
10年前の今ごろ、300歳町家をキャンドルで照らしたのですね。
みなさん、ほんとうにありがとうございます。

歩きなれた、というか、歩きたおし、歩きまくった、
わがまち高槻。
それでもマップは何度も描きなおしました。
塗り重ねがきかない画材、一発勝負なので、むずかしいです。
そして、歩くたびに新しい発見がある。

大阪三大城下町の中で、現在、天守がないのは高槻だけです。
私がせっせと大阪三大城下町をアピールしているのは、
高槻が城下町であるという都市の記憶を呼び覚まし、
高槻のまちらしさを見つめなおすきっかけになってくれたら、
そして、ゆくゆくは高槻城が復活してほしい、
そんな思いによります。

たかつきまっぷの案内キャラは、
おなじみ(?)右近くんと伊勢ひめです。
ふたりとも結構長い付き合いになっています。
デザインもかなりシンプルになりました。

今回のマップづくりについても、併行していた活動についても、
やはり、高槻市役所のみなさん、町家人のみなさんにお世話になりました。
みなさま、ほんとうにありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。
[PR]

by ti-ao | 2016-12-20 21:47 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 18日

大阪三大城下町の風景~きしわだトコトコまっぷ+岸和田城星人しろやん~

とうとう「真田丸」最終回!
今まであんなに静かに幸村公の最期を描いた作品はなかったかも。
むかしから、私にとってもヒーローです。
d0129713_2202627.jpg
d0129713_2203318.jpg

大阪三大城下町マップ(大阪府建築士会製作)。
今日は岸和田のマップについてお話します。

勤めのころ、よく仕事で岸和田に通いました。
市役所への近道中道をさがして歩くうち、
うつくしい小径に出会いました。
まさかあの道がかつての岸和田城の堀際だったとは。
今回のマップ作りではじめて気付きました。
そこは少し丘のように地盤が高いので、
まさかそんな高いところに堀があったとは思いもしなかった。

岸和田のみなさんとも結構長いお付き合いです。
はじめは大阪府の景観形成に関する協議会で、
高槻での講演とまち歩きご案内をさせていただき、
その際に最も手強い質問をくださったのが岸和田市役所の方でした。
質問の内容から、岸和田市における町家保全活用施策のレベルの高さを感じ、
後日、こちらから市役所を訪問して、施策についてご丁寧に教えていただき、
さらには、地元の活動団体、本町のまちづくりを考える会のみなさんをご紹介いただきました。
もう10年来の、という感覚ですが、実はまだ5、6年らしい。
岸和田のみなさん、いつもありがとうございます。

いつか、城のある城下町(岸和田)と城のない城下町(高槻)で、
なにかご一緒したいと思ってきましたが、
今回のマップでようやくそれがちょっと実現しました。

岸和田の道も結構入りくんでいてややこしく、何度か描きなおしました。
どうも道を描き間違えてしまいます(苦笑)

岸和田はほんとうにきれいな城下町です。
機会があれば、訪ねてみてくださいね。

岸和田マップのキャラは、ナゾの岸和田城星人・しろやんです。
以前、岸和田のマップを描いた際から登場していますが、
回を重ねるごとに、デザインがスタイリッシュになってます(あくまでも作者の感想)
[PR]

by ti-ao | 2016-12-18 22:00 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 17日

大阪三大城下町の風景~おおさかトコトコまっぷと歴女・真田丸ひろ子~

d0129713_2151675.jpg
d0129713_2152417.jpg

昨日、長い仕事が無事におわりました。
さっそく、大阪三大城下町マップ配布の段取り再開。
多くのみなさんに手に取っていただけるように、がんばります。

今日は、マップのイメージをご覧ください。
大阪三大城下町の要、大阪(大坂)です。

手描きのやさしいあったかい感じで、というのが当初からのイメージ。
「やさしいけど内容はプロっぽい」を目指しました。
それでは、線も文字も、どこまで手描きにするか、
どこからコンピュータの線を使い、フォントを入れるか。
とても迷いました。
途中まで描いてみて、デザイナーと相談。
「もうちょっと手描きでやってみよっか」
それを繰り返しているうちに、結局、最後まで手描きに。
(とことん手描きに!)

特に大阪は、道路の下に地下鉄がある。
文化財を訪ねる上で、鉄道は重要です。
はじめは地下鉄のルートも道路に重ねて破線で描いていました。
各路線のイメージカラーを使って。
そうしてできたマップは地図としてはきれいでしたが、
そこに文化財を入れると、ごちゃごちゃ。
何をアピールしたいのかわからない。
それで描きなおし(涙涙)
今回はマップもイラストもキャラも、ひとつの絵を何回も描き直しています。
最初の難関がこの大阪マップ。いきなり!
黒墨で文化財を入れた時に浮き出して見える。
そうなっているとよいのですが。

それと、今回は三つの城下町が別のページに分かれて配されるので、
それぞれのまちが鉄道でつながっていることがわかるように、
とか、いろいろ気をつかっています。
もちろん、後援や協力いただいた役所や団体の場所も表記しています。

上の方の地球。
地球上の三大城下町へ、飛行機で降り立つ。
そんな国際的なマップ(なのか?!)目指して、描いてみましたが、
あっさりデザイナーにカットされました(泣Ⅱ)
建築士会のスタッフ間でも、ちょっとわかりにくいなと指摘されていたし、
デザイナー提案による大阪府の形だけにしぼった今の形でよくなったと思います。
わかりやすいのがいちばん。

今回はまちごとに案内役のキャラがいます。
大阪は、歴女・さなだまるひろこ(真田丸ひろ子)。
最初のマップイメージ段階から登場しています。
衣装は真田の赤備え(甲冑姿)ぽいワンピース(ですよね?)
夏に描いたから、夏っぽいです。
SND LOVEのバッグには采配が入ってます!
マップでは左の絵と他の絵が使われています。
やはり、彼女も何回か描きなおしています。
昔の角川映画「戦国自衛隊」に一瞬登場した薬師丸ひろ子さんの、
若武者姿を思い浮かべながら描きました。
[PR]

by ti-ao | 2016-12-17 21:05 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 15日

大阪三大城下町の風景~大阪・上町台地~

さすがに師走。
いい感じでばたばたしてきました。
みなさんはいかがお過ごしでしょう。

大阪三大城下町マップ。
イラストはスケッチブックに描いたものです。
デザイナーにカットされた(泣)ものもあるし、
使われても、とても小さくなってしまいます。
いくつか紹介させてください。
(実は、夏ごろから少し紹介しています)
d0129713_17585548.jpg

茶臼山。
「真田丸」ドラマ最終回でも出てくるかもしれませんね。
大坂冬の陣では徳川家康公が、夏の陣では真田幸村公が、
ここに布陣したという、なんとも重要な歴史のへそ。
天王寺公園の中にあり、静か。散策にちょうどよい。
取材に行った時、夏空がきれいでした。
それが妙に心に残っています。
d0129713_1759768.jpg

愛染さん(勝鬘院)の多宝塔。
本堂の裏っ側に、実はこのすごい建築がある。
豊臣秀頼公の時代に再建とかは、よく聞くけど、
こちらはなんと、秀吉公の頃のものだとか。
私にはつばさをひろげているように見えます。


ドラマが終わってしまうとさびしいけど、
史跡は残っているので、訪ねてみてくださいね。
[PR]

by ti-ao | 2016-12-15 17:59 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 11日

大阪三大城下町めぐりトコトコMAP~大阪・岸和田・高槻~

d0129713_2159141.jpg

大阪三大城下町。
あまり聞きなれないかもしれませんが、
江戸時代、今の大阪府域には三つの城下町がありました。
大坂、岸和田。高槻。
かねてよりアピールしたかった大阪三大城下町。
そのマップが11月末にできました。

文化庁「平成28年度 文化遺産を活かした地域活性化事業」
公益社団法人 大阪府建築士会(ヘリテージ部会)製作。
その企画、編集、作画を担当させていただきました。

今年は「真田丸」の人気で日本中の人々の視線が大阪に集まっている。
実際に大阪城や真田丸跡地などにはたくさんの人たちがやって来ている。
これは特別なこと。今年は大阪にとって、特別な年なのです。

この機会を逃すことはない。
大阪城に来た人たちが、このマップを手に取ってくださり、
大阪市内には他にもおもしろい文化財などがあり、
さらには、岸和田と高槻という城下町もあると知ってもらえたらいいな。
若い人や歴史とか文化財にあまり興味のなかった人にも、
知ってもらえたならいいな。
そして、実際にまちに来ていただけたらいいな。
もちろん、歴史やアニメ、ゲームで戦国武将に興味を持ったみなさんにも、
ぜひ来ていただきたいな。
そんな思いでつくりました。

大阪の歴史や文化財に触れていただける、そのちょっとしたきっかけ。
そんなマップになっていたらうれしいです。

マップはマップだけで終わるのではなく、
マップを通じて、まちとまち、人と人、人と歴史、
いろんなものがつながっていく、
そのための道具でもあります。
マップづくりの過程でさえ、そうです。
ご協力くださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

配布予定場所は、
 大阪城天守閣、岸和田城天守閣、高槻市しろあと歴史館など。
 (詳細は各施設にご確認ください)
 他にも順次配布をお願いしているところです。
 もしもどこかで見かけたら、手に取って見てくださいね。
d0129713_2158351.jpg

[PR]

by ti-ao | 2016-12-11 21:58 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2016年 12月 04日

マチヤってなに?って聞いてはいけないマチヤに関する授業

d0129713_2243191.jpg

d0129713_22395478.jpg

みなさん、しわっす!(おぃ)

先週末、ほんとうの青空の朝。
(2016年12月2日 金曜日)
大阪府立槻の木高校の総合授業に参加させていただきました。
高槻城の本丸には今、高校があります。
その総合授業で地元の地理・歴史を学ぶお手伝い。
ゲスト・ティーチャーと呼ぶらしい。G.T.I.ですね。
本丸での授業ということで、気合が入りました。

2時間分お時間をいただいたので、
まず1時間は城内出丸のお武家屋敷と城下町の郷宿300歳町家を見学、
次の1時間は図書館での授業と感想まとめ、
という感じになりました。

なんといっても、お城の中の学校の生徒さん。
やはり高槻城や城下町を身近に感じ、意識してほしい。

高槻は城があり、それによって城下町ができた。
だから、まちと家にも関連があります。
つまり、城があったがゆえの家(武家屋敷と郷宿)がある。
家を見れば、まちを知ることになる。
まちを見れば、家を知ることになる。
そして、そこには必ず人がいる。

歩いて見て考えて。
自分で感じてほしいな。
私はその手助けをするだけ。

そういう授業になっていたらうれしいです。

生徒さんたちは、すなおで、見ていてこっちまで清々しくなりました。
感じたことや気付いたこと、城下町や町家を未来の子どもたちに伝えるためのアイデア、
いろいろとまじめにたくさん書いてくれました。
若い人たちの疑問や感想って、おもしろい。はっとする。
自分が忘れていたものだから。
若い感性に触れて、ほんとうに元気をもらいました。
あったかい。
みなさん、ありがとうございました。
このようなよい機会をくださった先生、ほんとうにありがとうございました。

そして、朝早くからご対応くださったお武家屋敷のみなさん、
300歳町家のみなさん、今回もほんとうにありがとうございました。

今までは自分たちがまちのナゾを解くのに必死だった。
しかし、これからは自分たちの知り得たことを、
できる限り、自分よりも若い人たちに伝えていく。
そう決めた、10周年のマチヤ・テラス。
明らかな方針です。


ちなみに、今日、富田町家調査のほうも、ヤマ場を超えました。
あと少しや。がんばろ。

では、また。
[PR]

by ti-ao | 2016-12-04 22:40 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(0)