マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 28日

高槻城下町のヒミツ~このまちのたからものさがし~高槻小学校の授業

d0129713_22073173.jpg
d0129713_22074472.jpg

 右近くんが言いました。
「このまちにはお城があってんて」
「ぇ、そうなんや。てゆうことは城下町もあったってゆうことよね」
 おどろいて、伊勢ひめが答えます。
「うん、今はどうなってるんかな?城下町」と右近くん。
「えっ、まさか、なくなっちゃったの?!」と伊勢ひめ。

神社、お寺、教会、武家屋敷、町家、お地蔵さま、道しるべ。
道は昔から残っているのかな。堀はどうなったのかな。
お城はどうなったのかな。
いつもの道にヒミツ(たからもの)がいっぱいある。
高槻城下町のヒミツ、みんなでさがしてみてね。

そして、
たいせつなことは、
このまちのたからものをさがしている子どもたちこそが、
このまちのいちばんのたからものだということです。
ありがとう。


2017年1月25日(水)2時間目~4時間目 雲ひとつない青い空
高槻市立高槻小学校の3年生のみなさん(おおよそ80名くらい)と
高槻城下町の探検、たからものさがしに出かけました。

校長先生や担任の先生方と昨年からお話する中で決まった
「いつもの通学路のたからもの(ヒミツ)さがし」
先生と私の間では、このテーマははじめから一致していました。
かつて城があり、今も城下町であるいつものまち。
そのことに興味を持ってもらうきっかけになったらいいな。
そして、10年後、20年後には、このまちが城下町であることが、
まずは地元のみなさんにとって、あたりまえのことになっていてほしい。

未来の子どもたちに伝えるために、今の子どもたちに伝える。

ただし、あれを知ってほしい、これを知ってほしいと、
こちらのつよい思いを押し付けるのではなく、
基礎的なことをなるべくまんべんなく提示して、
何に興味を持つかは、子どもたちひとりひとりに任せたい、
そう思っています。

生徒さんたちは、まじめに話を聞いてくれ、まちを見てくれ、
せっせとしおり(野帳)にメモしていました。
そして、とてもいい質問もしてくれました。
子どもたちの質問はストレートで、とてもよいところを見ている。
あとで、校長先生がくださった写真やケーブルテレビのニュースを見て、
子どもたちがあんなにいい顔をしていたのだとわかって、
とてもうれしかったです。
(その時は必死だったので、実はよくわからなかった)

近い将来、私たち大人が気づいていないことに、
この子たちが気づき、新たな発見をしてくれるにちがいないと、
そんな感想を抱いた今回の地域学習の授業でした。

学校の校長先生はじめ先生方や職員のみなさま、
先生をご紹介くださった高槻市のみなさま、
取材してくださった広報やケーブルテレビのみなさま、
家を見せてくださった町家のみなさま、
ほんとうにありがとうございました。

そして、3年生のみんな、ほんとにありがとう。
おっちゃんもほんまにええものを君たちからもらいました。
300歳町家の囲炉裏を囲んで、子どもならあんなにたくさん座れると、
初めて知ったことも、おもしろい発見でした。
いっぱい手をあげてくれたのに、時間切れで質問に答えられなくてごめんなさい。
機会があれば、みんなの質問にちゃんと答えたいと思います。
でも、おそらく、君たちなら自分で答を見つけられるはずです。
ナゾを解く旅の途中で会えたなら、話をしましょう。
そんな時をたのしみにしています。

マチヤ・テラスよりアイをこめて


追記1:
このしおり描いてた時は年末休み。「真田丸 総集編」やってたなぁ。

追記2:
教育現場の先生って、たいへんやろうなぁ。頭が下がります。
きっと、つよい思いがなければ続けられないでしょう。
(それは私たち建築設計者も同じかも)
教育の現場をもっと支えられる世の中にせなあかん、
というよりか、もっと教育ができる世の中そのものに戻らなあかん、
つまり、みんなが自ら教育に取り組む必要がある、
そんな気がします。


[PR]

by ti-ao | 2017-01-28 22:08 | 右近くん | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 26日

子どもたちは必ず感受する~神粘土高槻城の里帰り(二の丸にて)~

d0129713_21430572.jpg
d0129713_21431223.jpg

昨日は地元小学生のみんなとこのあたりを歩いて半日過ごしました。
ちょうど高槻城二の丸では埋蔵文化財の発掘調査中。
私が高槻城について生徒さんたちに説明する間、
調査現場を見ていた地元のおじいさんが話の節目節目で、
うん、うん、と背中越しにうなずいていらした。
(お騒がせしました)

子どもたちは必ず感受する。
だから、子どもたちには本気で向き合いたい。
真剣で真実でありたい。
すなおにものがよく見えている真摯なまなざし。
真っ正面から正直にほんとうの姿で対面したい。
だからすごくエネルギーが要るのですね。

今日はほっとして少し気が抜けた感じです。

明るい午後、野見神社へお参り。
生徒さんたちが通り抜けさせていただいたごあいさつ。
ほんとうにありがとうございました。


[PR]

by ti-ao | 2017-01-26 21:43 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 24日

神粘土の高槻城と城下町2

d0129713_18061095.jpg
d0129713_18062222.jpg
d0129713_18062924.jpg
d0129713_18063717.jpg

昨日に続き。
もうお気付きかもしれませんね。
家の方は、いつもお世話になっている、
高槻300歳町家とお武家さん屋敷をイメージしています。


枝垂桜、ものすごく無理に努力して誤った見方をすれば、
毒キノコに見えなくもない・・・
ま、いっか。


家には神様がいてはる。
町家おばあちゃんがいつもゆうてはりました。
どうか守ってください。


[PR]

by ti-ao | 2017-01-24 18:07 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 23日

紙粘土の高槻城と城下町

d0129713_22105002.jpg
d0129713_22105933.jpg
紙粘土でつくってみました。
いちばん時間がかかったのは、
粘土が乾くのを待つ間・・・

ひとかたまりの粘土をこねて形にする。
屋根とか壁とか部分ごとにつくって、
あとでひっつけるのではなく。

たのしく見えるかな。


プロポーションが、城というより三重塔みたい。
ま、いいや。


[PR]

by ti-ao | 2017-01-23 22:11 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 21日

今日の高槻城下町。

d0129713_20533412.jpg
野見神社。
地域学習で子どもたちが境内を通り抜ける予定なので、
ごあいさつに伺う。
快くお許しいただきました。ありがとうございます。

d0129713_20532220.jpg
d0129713_20530266.jpg

300歳町家。
梅のつぼみが色付いていた。
確実に時は流れる。
今日は花だけ見て失礼します。いつもありがとうございます。

そんな今日の高槻城下町。


[PR]

by ti-ao | 2017-01-21 20:54 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 15日

高槻城下町のヒミツ

d0129713_21330843.jpg
地域学習。
いかにして地元の子どもたちに、
城下町のヒミツに興味を持ってもらえるか。
10年後、20年後には、
「高槻は城下町、そんなんあたりまえやん」
そう言われるように、今から努力。

そして、子どもたちを無事に導くために、
まちを実際に歩いて安全性の確認。

この正月休み、そんなことを検討していました。


[PR]

by ti-ao | 2017-01-15 21:34 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 08日

空花月花

d0129713_21224010.jpg

涙雨の一日。
野見神社に参った時の写真を見る。

高槻藩主永井氏ゆかり、テッセンの紋。
右に月、左に桜。
桜のつぼみが空の青から浮き出て見える。

春の足音。
冬だからこその響き。
[PR]

by ti-ao | 2017-01-08 21:22 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2017年 01月 02日

今年も

めでたくあけました。

たぶんきっとマイペースですが、どうぞよろしくお願いいたします。

d0129713_2115158.jpg

[PR]

by ti-ao | 2017-01-02 21:15 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)