マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 08日

台風一過の高槻城下町

d0129713_21121765.jpg
ついでに私も通り過ぎました。
今日は建築関連法規の確認であわただしく。
江戸時代までなら高槻城に法に関する用向きで出向いたとすれば、
今の役所は城の代わり?
むかしの人もあわただしく城下町を行ったり来たりしたのかもしれませんね。
私もむかしの人たちと同じように城下町を歩いているにすぎない。
そう思うとなんだかおもしろい。


さて、仕事に戻ります。


[PR]

# by ti-ao | 2017-08-08 21:12 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 30日

迷宮から出られただろうか

d0129713_21065750.jpg
d0129713_21070836.jpg

呼んでくれて、ありがとう



昨日は数式と数字の迷路を一日中さ迷い歩き、
やっと解けたら真夜中。
今日は夕方仕事を中断して暑い夏のまちへ。
戻る頃には体が1/3ほど溶けていた。
あとひと仕事。今夜は迷いたくないな。
そんなこのごろ。


[PR]

# by ti-ao | 2017-07-30 21:07 | とんだふうけい(高槻市富田) | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 16日

「待ち合せは珈琲店スパニョラで(日吉ゆい子イラスト展)」大阪・梅田

d0129713_21414072.jpg
d0129713_21415257.jpg
d0129713_21420218.jpg

お互いに連休中も絶賛仕事中の先輩から、
ちょっと息抜きしないかと連絡。
ちょうどよい、と、スパニョラへ初めて行ってみました。
(大阪駅前第3ビル地下2階)


なかなか落ち着くよいお店です。
日吉さんの作品は相変わらず、なつかしくやさしくて、よい。
8月20日までは店内で個展をやっているようです。
またゆっくり作品を見ながら、珈琲でも飲みにいきたい。

そうそう、日吉さんとはムジカで知り合ったのですよね。
私はムジカの信奉者です(過去形ではない)が、
あの紅茶屋さんではいろんな出会いがありました。

先輩とも何年ぶりかで会いました。
ハードな勤め時代をご一緒したので、話は尽きない。
結局、閉店時間までおじゃましてしまった。

おかげさまでよい日曜になりました。
みなさん、ありがとう。


[PR]

# by ti-ao | 2017-07-16 21:43 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 07日

庭に天の川?~高槻城下町300歳町家~

d0129713_22004906.jpg
d0129713_22005812.jpg
向かい合って咲く半夏生と桔梗。
(織姫と彦星に見えなくもない?)
町家はちょっとした小宇宙。

蓮も咲きはじめ。
日本の四季を感じる幸せ。

ますます暑くなっていますね。
先週、模様替えをしておいてよかったとご夫妻。

画材が切れて、やむなく作業中に買いに出て、
よいお土産をいただきました。
ありがとうございます。

d0129713_22015175.jpg


[PR]

# by ti-ao | 2017-07-07 22:02 | 高槻の町家図鑑 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 01日

高槻城下町300歳町家、夏の模様替え~半夏生と夏越の祓~

d0129713_18294229.jpg
タイトルにナツナツナツと夏が3つならびました。
雨模様の予報にもかかわらず、まさに夏みたいな空の下、
高槻城下町の300歳町家(横山家住宅)では、建具の模様替え。

d0129713_18295813.jpg
d0129713_18303603.jpg
d0129713_18304788.jpg

障子を簀戸(すだれみたいな戸)に入れ替えていきます。
たくさんある建具。
たいへんですが、古い町家ではこうやって江戸時代から、
あるいはそれよりも前から、暮らしていらしたのでしょう。
それを今でも続けていらっしゃる。
京都に行かなくても地元でそれを体験できる。
これは貴重なことに思えます。
(どうすればお支えできるのか・・・)

d0129713_18305671.jpg
夏模様の町家、ほんとうに涼し気になりました。
私は後半少しだけの参加でしたが、
みなさんといっしょにお茶をいただきました。
半夏生の花と夏越の祓ゆかりの水無月にちなんだお菓子。
季節の変わり目を実感できる一日。
ありがとうございました。


[PR]

# by ti-ao | 2017-07-01 18:31 | 高槻の町家図鑑 | Trackback | Comments(0)