マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 18日

きのくにやまとのくに

d0129713_1541030.jpg

友だちが行くと聞いて、すごくなつかしくなりました。
思いつくまま書いてみます。


奈良。
「カンカン照りの薬師寺」・・・でも大好き。
「大仏さんの鼻の穴とおんなじ大きさの穴をくぐろうコーナー」(か?)・・・
 案の定、詰まったでっかい友だちをクラスのみんなで押したり引いたりして、ようやく引っ張り出した。
「鹿さんと戯れてたら(いじめてない!)見知らぬおば」・・・(当時はそう見えた)
 おねえさんに写真撮らせて、と言われ、以来、撮られるのは苦手です。
「台風後の般若寺」・・・コスモス倒れても上向いてた。

和歌山。
・・・ありすぎて覚えてない。
ただ、オーシャンアローのかっちょいい先頭車両は(多分)南側だけ。
(北向きに走る時は、ぺたんこが先頭になる・・・)
(↑でも好き。ちなみに500系も。デザインの好みがはっきりしている)

話が飛ぶけど、
和歌山と徳島って共通の地名が多い。
つながってた?
地縁、血縁もあるのかな。
海があってまちがあって川があって、
さかのぼると深い山に入っていく。
そして、空海さんの霊場がある。
海をはさんで合わせ鏡みたいなイメージ。


(写真は般若寺ではないです・・・実は、確か万博公園!
 しかも再掲ですことよ。ごめんあさぁせ♪←だれ)
[PR]

by ti-ao | 2009-08-18 01:59 | 風景カフェ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/10116124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 四季彩彩 at 2009-08-18 23:01 x
昔は海・水路を通しての行き来が早くてラクだったんでしょうね。紀伊半島と千葉の房総半島には同じ名前の町が多いし、和歌山と土佐の言葉・アクセントは大変よく似てますね。広い趣味でお忙しいですね。
Commented by ti-ao at 2009-08-19 00:32
昔は水が重視されていたのですね。
水害とかもあり、水は恵みと災いと両面で大きな存在。
水が偉大なのであって、人は利用させてもらっているだけだったはず。
このごろ、そういう水とか自然本来の力を思い知らされることが増えた気がします。
(話がそれました)

あ、言われてみればそうですね。
地名や方言も、人の流れや立地条件によって似てくるのでしょうか。
意図して同じにするケースもあるようですね。


<< 「馬町の地蔵盆」~まちなみ調査...      暑中お見舞いまちやてらす >>