マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 01日

そして月は、だれかにささやく

d0129713_1454198.jpg

右手の山を、太陽がころがり落ちる。

空と海。

泣きたくなるような空気と光の色合い、その移ろい。

ふと気付くと、少し左手の空に、もう月が微笑んでいる。
d0129713_1485444.jpg


夕景から夜景へ。

その一部始終を見ていられる。

ゼイタク☆



先の絵に、ゆかりの景色です。
♪ 「空の声 色の音」(即ち こころ)
[PR]

by ti-ao | 2009-10-01 01:54 | 風景カフェ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/10286354
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ti-ao at 2009-10-01 02:01
なんとなく、仏教ぽい文字の並びになりました・・・

10月。
いよいよ秋です。
これからもよろしくお願いします。
Commented by 四季彩彩 at 2009-10-01 23:44 x
なんとすばらしい!贅沢な景色ですね。これも日ごろの精進ですね。宗教ぽい??!
Commented by ti-ao at 2009-10-02 17:37
ほんとうに、しづかに、見ていられて、すばらしい時間を持てました。
西にひらけた景色には、夕方から夜にかけて、
魔法の時間があるようです。


<< ある朝、摂津→      the flower want... >>