マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 26日

ある午後、土佐→伊予

d0129713_12472157.jpg
d0129713_12475269.jpg
d0129713_12484739.jpg


一度、乗ってみたかった。

高知から愛媛へ抜ける。
山の中。
単線、一両で、ガタゴト走る。
客も殆どいなくて、途中から運転手?と客一人になってしまったり、
途中トイレのある駅で休憩時間があったり、
運転手さんから話しかけてくれたり、
山の中の深い木々の緑の中、そんな感じだったって。
海に近いまち同士をつなぐのは、山を抜ける、こんな鉄路の旅。
昔?人に聞いてから、ずっと憧れてました。

さて。
出発、客は16人、思ったより多い。
途中、四万十川に寄り添って走るあたりでは、
キャンプ場とか、そういう施設があるらしく、
どんどん客が増えて、一時はほぼ満席!?

もっとさびれてしづかな、
もっと不便な、
もっと人気のない、
もっと自然の強い、
そんな鉄路の移動を思い描いていました。

連休のせいか?
昨今の四万十人気のせいか?
時代のせいか?

えらい変わり様(昔の話と)
そりゃそうか。
(苦笑)

他のお客さんへのご迷惑も考えると、あまり写真も撮れず。
「絵になる風景」ほど、見とれてしまい、写真がない☆
流れる風景を撮る難しさを実感。

それでも、まぁ、いい雰囲気を感じるには十分、
いっぱい感じることができました。


どっちを見ても山だったのが、次第に、ひらけてくる視界。
雑然としたまちの要素が目に入りはじめる。
それを見慣れたもの、日常のものと感じるわが感覚(・・・)

そろそろ長い鉄路も、終点に近付くようです。


image♪ 久石譲「風のとおり道」
[PR]

by ti-ao | 2009-10-26 12:50 | しばらく旅に出ますにっき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/10383144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< その午後、→伊予      月と日は無関係ではない >>