マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 26日

七月のマチヤ・カフェ~高槻の町家にて~あとがき

d0129713_20553385.jpg
d0129713_20555293.jpg
d0129713_20561622.jpg

キャンドルの翌日。
二度目のマチヤ・カフェ。

暑い中、お越しくださってありがとうございました。
ブログで知り合った方も来てくださったり、
(ちょっとしたオフ会?)
初対面なのに、いきなり語り合ったりして、
おもしろかったです。
(こういう時、関西人ていいなって思います)

いきなり派手なことにはなりませんが、
こうしてじわじわ地味にやっていきます。

今回も町家センセイご夫妻とお家のみなさまには、
たいへんお世話になりました。
ありがとうございました。


八月、カフェは暑いからお休みの予定です。
↑根性なし

もしか、やるとしたら、
「マチヤ・ヒルネ」(ご当主ご夫妻発案!)。
町家の離れで、お昼寝。
簾戸から漏れる細い明りの並び。
畳の匂い。
ハーゲンダッツでも食べて、おしゃべりして。
おもむろに横になって。
で、ほんまに寝てしまった人を残して、
みんなでさっさと帰ってしまう。
そういう企画(笑)

ほんまにやる時は、お知らせします♪
[PR]

by ti-ao | 2010-07-26 20:58 | 町家情報窓口(マチヤ・カフェ) | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/11625763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from @たかつき at 2010-07-27 13:16
タイトル : 夏がしのぎやすい…町家
 暑さ最高ですね。岐阜県多治見市は39度だってー!こちら35度でも倒れそうなのに。ところが、うちは涼しいよ〜という方に聞いてみると、住所は高槻市中畑だとか。今でも蛍が毎日見れるし、水はおいしくて、クーラーはほとんど要らないとか。近畿の信州という感じ。遠くへ行かなくても、ちょっと足を伸ばせば避暑はできるのでした。  それにしても、町中はビルや道路の照り返しとか、エアコン屋外機の影響で暑い事!これをヒートアイランド現象というらしい。昔の人は暑さを和らげる工夫をしたのに、今は機械に頼るから、お互いに暑い夏...... more
Commented by @たかつき ink at 2010-07-27 13:30 x
コメントありがとうございました。たまには覗いてもらっているのかなと、うれしくなりました。遅まきながらトラックバックさせていただきました。少しでも町家愛好派が増えて、落ち着いた街並みが残るといいですね。
Commented by ti-ao at 2010-07-27 22:48
こんばんは。
トラックバックとコメント、それにカフェの告知まで、
ありがとうございました。
ネット上の出不精で気付くのが遅くてすみません。

町家とか地域らしいまちなみを愛する人は多いと思います。
一人ではどうにもならないことでも、
つながりを持ってなんとかしようと努めれば、
もしかしたら、どうにかできるかもしれません。
非常に気の遠くなるようなことではありますが、
一歩一歩です。
お互いにがんばりましょう!
Commented by @たかつき ink at 2010-07-28 12:58 x
「@たかつき」へのトラックバック挑戦ありがとうございます。
町家や民家が昔から好きでしたが、平野屋新田会所(大東市)、室谷邸(神戸)、はり半(甲陽園)の破壊から、さらに強く思うようになりました。いつか、町家とその後という風な(再生や破壊を含めて)の写真展ができたら良いのにと思います(自分は無力なので空想)。
迫力ある写真で衝撃を受けた、平野屋新田会所破壊の写真があるブログを、もしよろしければご参照ください。
http://pub.ne.jp/masutake/?cat_id=99738
http://pub.ne.jp/masutake/?entry_id=1162361
(写真家、増 田 猛氏のTakeshi Masuda PhotoGraphy)
Commented by ti-ao at 2010-07-29 12:33
まったくのアナログ野郎ですみません。
古き佳きものの破壊と再生、これからも繰り返すのでしょうね。
でも、無力ということはないと思います。
お互いに少しづつ力を持ち寄ることができたらなぁと思います。
情報ありがとうございます。
また拝見しておきます。
Commented by 風の谷 at 2010-07-30 23:40 x
こんばんわ。

今頃のコメントですみません、なにせ歳とともに疲れが3日4日遅れでやってくるので週半ばはヘロヘロで(笑)

本当に素敵な時間・空間をありがとうございました。
やっぱり、長い年月をかけて日本の気候風土に磨き上げられた日本の伝統家屋はすごいです。
殺人的とも言える大阪の夏の日差しを今の家のようにただ拒むのではなく優しい光に変えて、庭を抜ける風とともに部屋に導き・・・・さすがに昨今の35℃が当たり前という都市環境では機能しきれないでしょうけど・・・・夏をやり過ごす知恵、ほんと、先人たちはすごいです。

生かしたいです、この知恵を。

これからもちょくちょくお邪魔しますので、よろしくお願いします。
Commented by ti-ao at 2010-07-31 12:18
こんにちは、風の谷さん。
お忙しい中を遠くから、本当にありがとうございました。

すばらしい空間を現役の住居のまま保っていらっしゃる家のみなさまに、
私たちもいつも感心し、そして、感謝しています。
時の流れが変わる気がしますよね。

そうですね。
昔の日本の家は、光と風の通り道や取り入れ方を工夫して、
それを磨きに磨いて文化にまで高めたのだと思います。
今はそれを工業製品で遮断して、機械で処理しようとします。
せっかくの日本のよいものを、古いままでなく、これからに活かしたいですね。
お互いがんばりましょう!

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
町家センセイもきっとお喜びくださると思います。



<< マチヤ・テラス、残像      残る月 >>