人気ブログランキング |

風景カフェ(マチヤ・テラス通信)

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 02日

岸部のアルバム3~迷い込んだら古い集落?~大阪府吹田市(追記あり)

d0129713_17533045.jpg
d0129713_17534394.jpg
d0129713_17535648.jpg

歩いている。
すぐに長屋門を持つ屋敷があった。
かなり立派。
歩いてきた意志的な道は舗装も水路もきれいで、
明らかに行政もテコ入れしている。
おそらく、地域動線としてだけではなく、
歴史的にも、景観的にも意味があるのでしょう。

その、まっすぐな道をそれて(ぇ?)、
さらに地味な旧集落ぽい方へと、あえて迷い込んでみる。

ゆるく曲がる道、辻、細い路地、
古い民家、蔵、木や畑、水路。
それに、お寺や地蔵尊。
自転車を連ねて語り合いながら帰る学生たち。
軽くあいさつを交わして通り過ぎるお年寄り。
よい雰囲気。

ここはどういう集落だったのだろう。
今は鉄板葺だけど、元々は茅葺だったはずの、
そういう形態を残す民家も数軒見かけた。
もう少し知ってみたいという気にさせられる、
そんなまち。

雨が降りそう。
だけど、もう少し、歩きます。


追記:
最初は、あえて何も調べず、先入観を持たずに、
まちを歩いてみたりしています。
そして後から少しづつ、気になったことなどを調べていきます。
私の場合は、いつもこんな調子です。
なにかお気付きのことなどあれば、教えてください。
よろしくお願いします。

追記2:2013年9月3日 12:54
地元の方から解説していただきました。ありがとうございます。
ひとつ前の記事のコメント欄でご覧いただけます。

岸部は淀藩や高槻藩に含まれていたのですね。
また、このあたりはかつて東村と呼ばれて、
造り酒屋があり、川にはどじょうもいたようです。
水もきれいだったのでしょうね。
意志的な道は、脇街道。
立派なお屋敷は元の庄屋さんらしい。
興味深い話題が尽きません。
また歩きたいです。
今度は地元目線とよそ者目線で。

by ti-ao | 2013-09-02 17:54 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/19583892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 岸部のアルバム4~ケーキ色の安...      岸部のアルバム2~古い集落と意... >>