マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 19日

愛しの言葉たち

また久しぶりに東北の人のなまり聞きたいなぁ。
私が以前触れたのは釜石あたりの人たちと、みなさんの言葉だったけど、
ほんとあったかくて、いいんだよね。
すごいすきになった。

東京に住んでる東北の人たち、
もうちょっと自分たちのことばで話したらいいのにね。
折角、いいお国言葉あんのにさ、
もったいないよねー、なんかって、
思っちゃうんだよね。
ぼくなんてさ、どこ行ったって大阪弁じゃん?
たまに外国の人とかに道聞かれたりしても、
カタコト英語だったりするわけよ、
完璧に大阪なまりの~!
も、ちょっ、やめてぇ~!な感じじゃない?
だけどおっかしいよね、ちゃんと通じちゃったりしてんの。
フンフン、サンキューってね。
大阪弁は、世界に通じる言語なのよ。
方言の勢いって、すごいのよ。
理屈抜きで通じちゃうなにかがあんのよ、ぜったい。
だから、東北の人たちも自分たちのことばで
がんばっちゃていいと思うのよ。
どうかしら?

ぁら?
東京弁しゃべってるつもりが、
いつの間にか、おねえになってない、あたし?
ぇ~ちょっと、やだぁ~
サンキュー(笑)

この際、おねえ建築士目指そうかしら~☆

*注記:
 本業が多忙だと、まれにこういう記事が入ったりすることがありますが、
 町家を思う心には害がありませんので、ご安心ください。たぶん。
[PR]

by ti-ao | 2014-03-19 01:37 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/20478780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 春といっしょに高槻町家に訪れた...      あれから3年、そこで浮かんだ深... >>