マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 17日

高槻市長に拝謁~マチヤ・レポートの献呈~追記あり

確か、3月ごろ、
地元行政へのマチヤ・レポート(町家図鑑)献呈のお話をしました。
大阪府さんには受け取っていただいたけど、
高槻市さんへは後日あらためることになったと書いた気がします。

その後、「折角だから」との市役所のみなさんのお取り計らいで、
直接、市長さんにお渡しできることになりました。
活動を始めて9年近く、コツコツと超ど級に地道に歩いて来て、
こんな光栄なこともあるんですね。
いつも見ていてくださった高槻市のみなさん、ほんとうにありがとうございます。

ほんとうにめったにない、よい機会をいただきました。
だから一人ではなく、みんなで伺いたいくらいでしたが、
さすがに大勢で押しかけるわけにもゆかず、
マチヤ・テラスの副キャプテンに同席してもらいました。

もちろん、セレモニーだとは考えていません。
好機は最大限活かしたい。

2014年6月6日(金)お昼前。
市長室にて、市長にお目にかかり、マチヤ・レポートを献呈。
時間が15分と限られていたので、的を絞り、明快に、具体的にと心がけてお話しました。

「高槻町家」について、
●その存在がブランド足り得ること。
●現状を具体的なデータでご説明。
●行政にしかできないことの具体的なお願い。

調査結果から、マチヤ率(通りの延長に対する町家の間口合計の占める割合)は、
城下町27%ほど、芥川宿25%弱、軒数では各々30軒づつ程度は町家が残っている。
城下町や宿場町では、まちを歩いていれば4軒に1軒の割合で町家です。
町家がすでにないとあきらめるにはまだ早いです。
これらの家々のみなさんはがんばってはる。
私たちが8年余りやってこれたのも、こういう町家の人々がいてはってこそです。
エリアを限定して構わないので、町家をがんばって残していくようにようにする。
そのかわり、町家として維持するための工事費などへの公的な補助が望まれます。
これは行政にしかできないことです。ぜひご支援をお願いします。

今ならまだ、資料(史料)ではなく、まだ実際の町家として残っていて、
城下町や宿場町という高槻のまちの歴史を伝えてくれています。
1軒1軒ばらばらですが、これらをつないでいきたいと思っています。
そして、まちのたからものとして、生きたまま後の時代の子供たちに引き継いで残したい。
今がそのぎりぎりの時です。
今ならまだ間に合います。

元々、市長ご自身も町家にはご関心をお持ちだったとのことで、
とてもご熱心に話を聞いてくださいました。
景観関連の部署のみなさんもいらっしゃいましたが、
みなさんもとてもご熱心でした。
そして、とても興味深いお話もしていただきました。
このようにあたたかくも熱い時間をいただけたのは、
さすがに地元のまちの行政だなぁと、ありがたく思いました。
おかげさまで、マチヤ・テラスにとっても私にとっても、
たいへん意義深い時間となりました。
市長はじめ、市役所のみなさま、ほんとうにありがとうございました。
そして、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに・・・
他人の家のことで必死で市長に訴えてる自分て、いったいなんなんだと、
ふと我に返って思いました。
(めちゃめちゃ緊張してました。いや、お恥ずかしい・・・)
(業務連絡:副キャプテン、いいフォローとお話、ありがとう☆)

高槻市のホームページ「街フォト」のコーナーでもご紹介くださっています。
ちなみに今回こちらのブログに掲載した写真も高槻市ご提供です。
ほんまにありがとうございました。
d0129713_2244187.jpg


追記
市長が活動について「心の琴線に触れた」とおっしゃっているという。
素直にうれしいです。
これからも超ど級の地道さで活動していきます。
「高槻町家はまだ間に合います」と申し上げた時、
お顔がぱっと明るくおなりのように感じた、
あれは気のせいではなかったのかもしれません。
ありがとうございます。
これからも高槻町家をどうぞよろしくお願いいたします。
そして、ぜひ一度、300歳町家にもおいでください。
(私の家ちゃうけど☆)
2014.6/18 12:21am
[PR]

by ti-ao | 2014-06-17 02:18 | 高槻の町家図鑑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/20817465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< マチヤ・レポート編集大詰め      日と月と >>