マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 09日

たかつき歴史伝承まちづくりについて 03

d0129713_2022952.jpg

高槻の大三角形?


高槻の市街地については、
城下町、芥川宿場町、富田郷の三極をもって図るのが妥当だろう。
高槻三極の計、といったところか。

この三極が適度の物理的距離を保って、
独自の個性を育みながら互いに引き合い反発し合い、
相互に人とモノが行き交うことで、
高槻は活力を得ている面がある。

それぞれの歴史を踏まえた個性をまちの顔とすれば、
さらに三極の発するエネルギーは大いに増幅し、
高槻のまちの魅力も増すことだろう。

もはや、話が、極めて行政的な分野に入り込んでいるし、
コンサルタントの、あるいは、政治のそれに触れようとしている。

かつてマチヤ・テラスを始めた頃、
いっそコンサルでも立ち上げるかと、
半ば本気で提案したことがある。
あのメンバーがその気になれば可能だったと今でも思う。

今はコンサルを目指していないが、
もっとひろくゆるやかに、しかし、同じ方へ進む人たちの確かなつながりを求めている。

要するに、やる気があるかどうか、なのです。

マチヤから話がぶれを生じている、
迷走し始めている、だろうか。
元々、志向としてあったことなのです。
しばらくマチヤに真剣に向き合い取り組み、
マチヤを通して、ひととまちを見てきて、
今、ここに戻ってきた。
あるいは、原点回帰と言えば素直でしょう。


2015年1月6日
旅空にっき
マチヤ・テラスだった私

図は、マチヤ・レポートより。
いつも言ってることなのですが、ここでもお話しておきます。

追記:
昨日までとちょっとタイトルが違ってる、けど、ま、いいか。
[PR]

by ti-ao | 2015-01-09 20:04 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/21461788
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< たかつき歴史継承まちづくりにつ...      高槻歴史継承まちづくりについて 02 >>