マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 22日

関西大学、村野藤吾建築との再会

昨日、@茨木町家文化フォーラムの活動で関西大学へ。
母校、久しぶり。
ごいっしょした先輩も言っていらしたが、
おどろき(変わり過ぎ)となつかしさ(昔のまんま)の交錯する半日でした。
主に村野藤吾さん設計の建築を見てまわりました。

d0129713_062082.jpg

写真1枚目は関大の象徴とも言える(旧)円形図書館と古い学舎の取り合い部分。
ここは昔とさほど変わっていない。
(個人的にはもうひとつの白い(旧)円形図書館が好きです)
d0129713_064511.jpg

しかし、建物の反対側へまわり込むと、すかっと広い!写真2枚目。
d0129713_0125244.jpg

3枚目は同じ場所の昔の風景。
法文学舎の、冬なのにさわさわと木のなる中庭。
だいすきな場所でした。(私は工学部でしたが)
d0129713_071542.jpg

4枚目は、茶室、の、屋根。
いかにも村野さんらしいのです(ほれぼれ)

d0129713_073156.jpg

スケッチは、1995年3月に仕事で宝塚に行った帰り、
電車に揺られながら描いたもの。
在学中の関大を思い出そうとして描きました。
真ん中らへんの中央図書館はおおきなゾウに見えるのです。
学生時代から「ダンボさん」と、勝手に!心の中で!呼んでいます。
写真撮り忘れました・・・
というか学生が多くて撮れなかった。
ちなみにこの図書館にもマチヤ・レポートは所蔵されています(ふっふっふ)
「志在千里山」はもちろん、曹操の「志在千里」をもじったもの。


関大のみなさん、ごいっしょくださったみなさん、
ありがとうございました。
[PR]

by ti-ao | 2015-05-22 00:07 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/21807096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高槻の城下町、門冠りの松      唐突ですが、住宅地の中に酒蔵♪... >>