マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 20日

もっとたくさん~高槻城下町~

d0129713_2347445.jpg
あなたのまちにイキジビキはいるでしょうか?
高槻にも、もちろんいてはります。何人か。いや、もっとたくさん。
活動をはじめてからずっとお噂だけはお聞きしていた、
そんな存在のお一方に、今週、やっとお目にかかりました。

春のジャズストで、とにかく城下町に助けを求めて、
町家調査で知り合っていたみなさんが応じてくださり、
その中のあるお方が、実はこれは他人事ではないとお察しくださり、
今、活動でご一緒しているお方といっしょに話をすすめてくださって、
今回のご対面がかないました。

たとえば、国の登録文化財、横山家住宅は郷宿だったから、
ふつうの町家とは空間構成などが異なっている、というのは、
私たちは調査して知るわけですが、
まちの古老(?)は、あたりまえのことのようにご存じだったりするわけです。

やはり、ご城下のことは、ご城下のみなさん抜きには、できない。
というか、本来、ご城下のみなさんが自ら立ってなさるべきこと。
私たちは、その後ろ支えの役目、いつも言ってる黒子なのです。
その実現に向けて、地道にこつこつやります。
内圧を高めます。外圧を待ちながら。
地べたをはいます。空からの援護を待ちながら。

メンバーのお武家さまと、はじめて長い時間話し合いました。
やさしくカツを入れていただきました。
おかげさまで、ひとつおもしろい企画が浮かびました(笑)
ぜひ、また、力を貸してください。
そして、参加してください。
次の会合でやると決まれば、またみなさんにもお話します。

高槻ご城下燈廻りぐみhimawari-gumiのことを、ふと思い出した。
(なんのことはない、マチヤ・テラスの和名です)
まちのことに、まちの地縁の力で取り組む、と言ってきた。
お・そ・ろ・し・く・時間がかかっている、が、すすんでいる。


追記:
ゼンリンの住宅地図を貼り合わせて、城を重ね描きしてます。
数年前、ちゃんとした資料の閲覧をお願いしたけど市に「そんなものはない」と言われたので、
民間の出版社が出している城の本とかを見て、大体の感じで描いています。
だから不正確です。
マチヤ・レポートの編集時にも使いました(あの怒とうの日々がなつかしい)
今後も活動に使います(まだまだ)

2013年5月3日に作ったようですね。これ。
つまり、その年のジャズストリート、空き店舗企画に参加した際に、
壁面展示用に(前日の夜中に!)作ったらしい。
そういえば、そんなこともあったな。
(あれがマチヤ・テラスのジャズストでのデビューでしたね。地味!)
[PR]

by ti-ao | 2015-06-20 23:48 | まちや・ねっと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/21891846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< みんな、がんばれ~関西大学ミュ...      ナツいアツがくると、文学的なも... >>