マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 27日

まちのたからものさがしの母港~笹井屋さん・高槻市富田町~その2

d0129713_21411735.jpg
d0129713_21412773.jpg
d0129713_21414605.jpg
d0129713_21413515.jpg

案外、高槻や富田のおみやげ、なにがいいやろうって迷うことはありませんか?
私はいつも富田酒をさげて行きます(たいてい、めっちゃよろこばれます)


笹井屋さん。
ここには元々、朝日新聞の専売店があり(お向かいに移転)、
その中庭にあったという石燈籠が店の脇に。
軒先の杉玉は地元の造り酒屋さんから譲り受けたもの。
アプローチの敷石は井戸の枠だったとか。
お店の中に入ると格天井!(宮大工の技!)
地酒やいろんなお土産が並んでいます。
もちろんお店のみなさんも親切。
敷地の端には、古民家(曲り家に見える)の灯籠!
なんだかおもしろいものがいろいろ。
地元の歴史や人のつながり、思いがいたるところに垣間見えます。
ここはそんな場所。
ぜひ、お立ち寄りください。


追記:
富田の町家調査の時にここができていたら入り浸り?だっただろうなぁ・・・
調査結果については公表の方法を委託してくださったみなさんと相談しています。
また動きがあればお知らせいたします。



[PR]

by ti-ao | 2017-06-27 21:42 | とんだふうけい(高槻市富田) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/24641930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 高槻城下町300歳町家、夏の模...      まちのたからものさがしの母港~... >>