マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 19日

北大阪の地震のこと(高槻市内)

d0129713_18293774.jpg
d0129713_18294451.jpg
d0129713_18295175.jpg


みなさんどうしているでしょうか。
私もなんとかやっています。
ご連絡くださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。

●昨日、2018年6月18日(月)のこと(メモしておきます)

7:58a.m. すごい地震。阪神(神戸)の時以来こわいと思った。
 (報道によると、震度6弱、震源は高槻市)
 家具転倒、ものがあっちこっちに散らばって足の踏み場なし。
 窓外に木造住宅の屋根瓦がずれているものが数軒見える。
 電気は大丈夫。水道は茶色く濁り、やがて断水。ガスも使えず。
 固定電話はとんでもないところへ飛んでいたせいか使えず。

8:30a.m. 岩手県釜石市の建築士Kさんよりお電話。
 「生きてますか?」「生きてます」
 東北での地震の際、現地での被災建築物応急危険度判定作業でご一緒したご縁。
 心強く、ありがたいと思う。
 
 地元高槻中心で知人に連絡。固定電話は不通。
 余震もあるが、他地域が揺れる可能性もあり。お互いに注意喚起。

 救急車のサイレンとヘリの音がずっと続いている。

10:30a.m. 業務上の連絡と電話打合せ。待ったなしの件もある。
 当日と翌日の他の業務予定は延期決定。
 ほか、状況の確認など。連絡絶えず。

1:00p.m. 電車不通のため、歩いて出かけようと考えていたが、
 移動距離の長さを考えて、故障中の自転車を修理して出かけることにする。
 
 ヘリの騒音で町内放送が聞き取りにくい。

3:30p.m. 自転車屋へ戻る。マスターは自宅が隣町。少し話す。
 幹線道路は混んでおり、田舎道から高槻の中心市街地へ走る。
 市内中心を流れる芥川(淀川へ流入)両岸至近の集落では、
 古い民家の屋根や壁に損傷が多い印象。

 旧城下町や芥川宿など市街地の建物と人は被害が少ない印象。
 ただしモノが散乱してご苦労が多い。それと水とガスのない不便。
 日ごろお世話になっている町家も見てまわる。
 みなさんご無事でしたが、部分的に破損がある。
 中には家の方がお気付きでなかったものもあり。(お伝えする)
 また自己負担で補修なさらねばならない。大変だ。

 なお、先日、仮引越しをお手伝いした芥川宿のお地蔵さま、
 置き場所に多少不安があったが、無事だったとのお話。
 (前夜も地元の方と話をしていた矢先のことでお互い気になっていた)

4:30p.m. 高槻市役所。通常窓口業務は休止。
 国交省(地方整備局)とメディア関係の人たちが多い。
 知り合いの市職員の方たちと少し話す。
 いずれ応急危険度判定作業がはじまるのはまちがいないと思われる。

6:00p.m. 富田へ。知人と話す。
 気になっていたお家の方とも再会してごあいさつ。
 ご無事でよかった。

4年ぶりの自転車(坂と向い風のおまけ付き)で足がぱんぱん。
阪神と東北の地震を思い出さずにいられない一日だった。
火と水のいらない夕食を済ませてニュースを見る。
なかなか眠れない。

●今日、2018年6月19日(火)のこと少し。
余震はありますが、こちらは水やガスも戻りました。片付けもやっています。
電話も見つかりつながる。(正確には外れたケーブル端子が発掘された)
まだまだおかしなところはありますが、それでも日常に戻ろうとしている。

そんな中、応急危険度判定の要請がありました。
阪神も東北も正式な要請を受けずに自主的に行っていたので、
今回はじめて正式要請に応じる形での参加です。

まさか地元で危険度判定をやるとは思わなかった、などとは決して言わない。
私たちは皆、そういうことも十分あり得ると思ってやってきた。
ただ、そういうことがないことを願ってきました。
それが今回、とうとう破られた。

視界に入る屋根の青(ブルーシート)が目に痛い。
避難所にいてはる方もいらっしゃるようだし、まだインフラが復旧していない地域もある。
まだまだ大変かと思いますが、みなさんも気をつけてがんばってください。

(あくまでも自分が見た範囲での私見をメモしたものです)


[PR]

by ti-ao | 2018-06-19 18:30 | 地震のこと | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/26921871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 続・北大阪の地震のこと(茨木・高槻)      高槻・芥川宿の神事と案内所試行... >>