マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 23日

「未来の高槻城」絵図面☆

d0129713_13443725.jpg

城。

このマチには城はない。
城下町の面影のみ、微かに残る。
それを照らしている「マチヤ・テラス」。
マチナミの行き着く先には、城があってほしい。
私の勝手な願いです。

ということで、城を描いてみました。
(数年前の検討が気に入らなかったので、あらためて)

d0129713_1345034.jpg


●北の商業核に対して、南に城を中心とする景観核をつくる。
 この対極から、まちの骨格を見つめ直す。
 そして、城は歴史の風情の残るマチナミをつなぐ拠点になる。

●天守だけが城ではない。
 先に、外郭(塀や石垣、堀、櫓、植栽・・・)からつくるのはどうだろうか。
 天守は、ゆっくり考えてつくるイメージ。

●まず人工地盤をつくり、石垣を貼る。
 その中に、多目的ホールなどを入れる。
 (絵の楕円イメージ)

 上には天守閣をのせる。
 この絵の天守は、過去の復元ではない。
 まったく新しい未来の城。
 長い歴史の中では、今つくった城も、歴史の一部になるはず。

 ・層数と桁行の方位は江戸時代の天守にならった。
 ・破風を設けてデザインのアクセントにしている。
  (↑江戸期には破風はなかったらしい)
 ・望楼型として、柱スパン、階高、屋根勾配など、
  各面を見比べながら、できるだけキレイに見えるようにしてみた。
 ・基壇も含めて高さを30m(10階相当)程度として、どこからでも見えることを意識した。
  (↑まちのシンボル)
 ・壁は漆喰塗り、腰は下見板貼り(黒漆塗り)のイメージ。
  最上層の壁のみ黒漆喰で頂部を意匠的に特化する。
  (仕上材は、現在のエコ系素材に代えても構わない)

d0129713_13452348.jpg


城、と言っても、いろんな形状、デザインがある。
好みも様々。
自分のまちの城だ、と思えるものになるといいな。

もちろん、行政の力は不可欠。
でも、市民が自分たちで考えて、
自分たちでつくろうと思わねば、
城はできないだろうと思う。


まだまだ粗削りです。
思いつくままお話してみました。



●まちの北コア
  \
   ●info-egg(まちの中心基地)
    \
     ●fu-k cafe(未来城下町の入口)
      \
       ☆城(今回のお話)
[PR]

by ti-ao | 2009-04-23 13:56 | 未来城下町絵巻(提案) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/9635347
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 四季彩彩 at 2009-04-24 00:20 x
うまいですね!益々佳境に入ってきました。一体何のお仕事されてます??
Commented by ti-ao at 2009-04-24 09:19
ありがとうございます☆
たかつきは、まちづくりのストーリーが作りやすいと思います。
ここでのお話はすべてつながってくる。
・・・
ぇと、夢想建築士?
そういえば、以前は、一休建築士と言ってました(笑)
だけど、すべては、イメージすることから、だと思います。
Commented by 四季彩彩 at 2009-04-25 23:46 x
一休みするから夢が湧く!夢がないと飛べません!がんばってー!特級建築士!ゆっくりと ネ!
Commented by ti-ao at 2009-04-27 01:15
陸に這いつくばって進む我が人生です(笑)
でも、空は意識してます!

ともすれば、気ばかり焦り、重圧を受けがちですが、
「ゆっくりと」・・・
心にしみます。
なんか、ほっとしました。
ありがとうございます。
Commented by ti-ao at 2009-04-28 22:12
米紹介のコーナーです☆
Jさん「復元ではなく「新」という発想が、この案の妙たるところですね。」

ありがとうございます。
復元しようにもあまり資料がないらしく、
また、いつの時代に戻すのか、もめます(苦笑)

だったら新しい城を。
大坂城も、「冬の陣」図屏風を元にしていますが、
あれは完全な現代建築やし(笑)
Commented by ti-ao at 2009-04-28 22:17
米紹介☆2
再びのJさん「>いつの時代に戻すのか
確かに、言われて見ればモメるポイントですね(苦笑)。
松江城は素敵だと思った記憶があります。」

松江は400年前の天守が残ってるようですね。
ちょうど、関ケ原の後、徳川が実権を握ると、
大名を各地に封じ城を整えた、そういう時代の城。
高槻も同じ頃の城でした。

豊臣の頃は、城は黒壁が多く、
徳川の時代になると、黒を塗りつぶすように、
白壁の城が増えていったらしい。

私は徳川嫌いなので、江戸期の城にはしたくないですが、
明確に天守の記録が残るのが江戸期なので、
ちょっとさびしいです。
戦国期、高山右近のころ、どんな城だったか、興味があります。
(天守は持たなかったのかも)

Commented by ti-ao at 2009-04-29 23:21
米っ子紹介☆fuさん
「平成の世に城を築くという発想がすごいですね!
私は城の近い場所に住んだことがないので、
城とか城下街のイメージがあまり沸きませんが…
街に護られた城って感じでしょうか?」

平成の間にできるかな(笑)
そうか、そっちは城はないんですね。
たしかに。
城を囲むようにまちがあります。
まちごと戦いに備えていた時代があり、
江戸期になると、統治しやすいまちに変化していくはずです。

姫さんの絵とか描いて見ませんこと?


Commented by ti-ao at 2009-04-29 23:26
米っ子紹介☆fuさん2
「姫!Σ(゚ε゚)
お姫様は好きですが果たして描けるのか…(゚Д゚)

一応こっちにも、県西まで行けばお城があります☆
が、本当に遠いので、きちんと生で見たことが未だにないという…ι」

あなたなら、いろんなお姫さま描けそうです。
ついでに仮装もできそう(笑)

県庁所在地の城は、確か、なくなってますよね。
西に走れば城があるの?
↑わくわく




<< 川っ風      さくらももももマチヤのうち >>