マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 27日

D-3+4☆/2

久しぶりに大阪のまち。

今回の席は、・・・
音はよく聴こえたので、よしとします。
(これが、残響2秒ですね♪)

まわる惑星を、さらにまわる彼女。
1月につづいての来阪。
うれしい。


舞台の上で、彼女はゼッタイ膨張している。

赤いドレス、黒い髪、白い顔。
気迫、集中、ツかれたような目。
こっちも引き込まれる。
彼女が、300歳のヨアヒムにあごを乗せると、
空気が一変。
光った気がした。
そして、彼女は大きく見えた。

大体、ひとつの楽器から、
よくも、あれだけ違う声が出るものだ。
ふるえのような微かな。
叫ぶような激しい。
奏でる人の心や如何に。
(無心・・・かな?)

終演。


舞台を下りた彼女は、シンプルで控え目。
ほがらかに笑っている。

ギャップ。
心地よい驚き。

ON/OFFの切り替え。
そこに凄まじさを感じる。
これぞ、プロ。

素顔の彼女は、もしかしたら、おっとりしてるのかも。
ゆえに、いかに演奏には集中しているか。
きっと、いっぱい、いっぱい、努力してはるんやろうなぁ。

彼女が、世に言われるように、天才かどうか、
それは私には分からない。
(そのこと自体に興味もない。)
でも、言いようのない魅力。
単純にひかれる。


またお聴きできる日をたのしみに待ちます。
歴史の一角にて。


今回は、休憩時間中にその場で描かず、帰ってすぐ。
実はお顔のあたりしか見えてなかった。
手のあたりとか、もう少しちゃんと描けるかな。
「のだめ」は描写がいいらしいので、参考にしてみよかな(笑)

d0129713_1442946.jpg

♪「ligeti/violin concerto」 shoji sayaka

しばらく、心がきんきらりんで・・・☆(笑)
ようやく落ち着きました。
(改筆+写真差替 1:47am 6/9 2009)
[PR]

by ti-ao | 2009-05-27 08:32 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/9781169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 陽だまりと水と果実      「いくしかないやろ」~まちなみ... >>