マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 19日

「ワタシ・テラス」~吹田・浜屋敷あたり~

d0129713_5141427.jpg

このまちは、南からセメル。

吹田suita浜屋敷あたり、地図を見て直感。

まちの南東、阪急相川駅を北へ出ると、すぐに安威川(下流は神崎川)。
川っ風、対岸にまちを見ながら、歩く。
細い橋、昔、ここに渡しがあったと言う。
橋を渡りながら、「渡しでやってきた」気分に。
↑想像野郎!(笑)
d0129713_515161.jpg

上陸(殆どその気(笑))、すぐに亀岡街道。
これが、わが高槻にも通じるらしい。

今でも国道の一部が海上にあって、フェリーでつなぐ、
というのがあるけど、
ここもそういう感じだったのでしょう。
街道の一部が渡し舟・・・
(すばらしいやないか!)

街道は、やはり、一歩踏み入るとすぐにそれと知れる。
歴史の風情がある。
実に、よい。
d0129713_5155792.jpg


ココより少し北に、JR吹田駅寄りの商店街を含む市街地が広がる。
吹田のまちを考える時、どうも視線が、その北に向きすぎている気がする。

私なら、この南(川)からのアプローチを重視する。
南で何かを起こし、北と南の流れを考える、かな。
などと一人ごち、歩く。

ふと思った。
渡し舟を、一年に一日だけでも復活しては。
夜には灯ろうで飾る・・・「ワタシ・テラス」。
そのあかりは自らも照らす。=「私・照らす」でもある。
これを基点に街道へとあかりを連らねていく。
川の南北もつながれば、なお、いい。
(南岸は大阪市東淀川区。市民に国境はない!)
(ついでに、北の吹田駅と南の相川駅にも、つながりがあるといいかな)
↑いいたい放題?

吹田のみなさん、いかがでしょうか?
(もちろん、いざという時は馳せ参じます☆)

☆土曜日、吹田の浜屋敷にて、講演(てか、おしゃべり)させていただきました。
 「マチヤ・テラス」の活動について。
 後半は、急きょ、話し手・聞き手の隔てを取っ払い、真ん中に入れていただき、座談会に。
 むしろ、こっちの方がおもしろかったかも(苦笑)
 会場が歴史あるお座敷というのも、粋でしたよね。
 ほんと、わくわくのヒトトキでした。
 
 みなさん、ほんとうにありがとうございました。
[PR]

by ti-ao | 2009-06-19 05:43 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://fukei.exblog.jp/tb/9878956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「時のハザマ」~吹田・浜屋敷あたり~      「きみとぼくのうた」~出会うコ... >>