マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:通りでゆうておくれやすにっき( 7 )


2018年 06月 27日

京丹波へ(民家改修の仕事)

d0129713_19474744.jpg
d0129713_19474017.jpg
d0129713_19473059.jpg

京丹波。
民家改修のための実測調査。
地震で予定を延ばしていただきましたが、
あまりお待たせすることもできないので、昨日行ってきました。
すごくいいところでした。

昼食は、近くの小学校。
いわゆる廃校の再生事例。
その中のカフェでパスタとピザをいただきました。

帰りは地震の影響か、選んだ道路が全面通行止め。
案内が不案内で(へんな表現)困惑しつつもなんとか帰り着きました。
久しぶりに違う土地に行って気分転換になったでしょうか。
(帰るなりどっぷり地元のことにひたっています)


[PR]

by ti-ao | 2018-06-27 19:48 | 通りでゆうておくれやすにっき | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 23日

帰りは青空~京都にて~

めったに京都に行かないのですが、お誘いいただいて行ってきました。
d0129713_05727.jpg
d0129713_05151.jpg

京都文化博物館、窓の扉とサービス用の鉄扉、階段手摺が同じ色。
鉄部の塗装を揃えたのですね。手摺もおもしろい形。
d0129713_053067.jpg

洋風建物と3階建て町家。
妙に背がそろってます。
電柱はベンガラ塗り?
d0129713_054668.jpg

ベンガラの線は自転車レーン。
歩道の白い路側線、昔より歩道側が広くなっているらしい。
車路幅が狭くなってます。
歩きやすいように、たのしんで歩けるように、の工夫。

京は外からのお客さんがたくさん歩く。
その対応をせなあかん、ある意味特殊な事情を抱えている。
商売・観光の振興と住環境の担保。
その両立をがんばってはります。
自分のまちへの思いがあってこそできること。
d0129713_06695.jpg

しばらく歩いてて、このへん、何年か前に歩いたな、って思い出しました。
そして、帰るころになって、青空。

中京マチビトcafeにて。
(多分、京都市主催ですよね?)
[PR]

by ti-ao | 2015-08-23 00:06 | 通りでゆうておくれやすにっき | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 11日

「京町家のカフェ」~ぁなざさいどぉぶ京トコ旅情3~

d0129713_13415183.jpg
d0129713_1342238.jpg
d0129713_13421262.jpg

歩き疲れた二人が不時着したのは、
京町家のカフェ。
こんなんできたんや・・・
京も、おしゃれにおもしろくなってる。
地下鉄「東山駅」近くのお店でした。
珈琲と和菓子でひと休み。

町家一軒一軒の潜在的な魅力は、
高槻町家も決してヒケヲトラナイ。
点在するその魅力をいかにつなげるか。
(それ以前に、そのあかりを守れるか)
マチヤ・テラスの活動の、当初からのテーマ。

すっかり夜が、京のまちにも降りてくる。
なつかしい建物など見ながら、帰路につく。
実は、誘われねば京に行かない(なんで?)
よい機会をいただきました。
ありがとう。
[PR]

by ti-ao | 2013-01-11 13:42 | 通りでゆうておくれやすにっき | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 11日

「誘われる小径」~ぁなざさいどぉぶ京トコ旅情2~

d0129713_13355982.jpg
d0129713_1336880.jpg
d0129713_13361657.jpg

京、くろ谷さんあたりをトコトコ。
こういう細い道に、ついつい入ってしまう。
ぼくのわるいくせ(苦笑)

変わった石積みの擁壁とか、
上ってるのか下ってるのかわかりにくい石段とか。

友が庭園で瞑想する間、こういうものに対面していました。

その後、当初想定したコースを切り捨てて、
まっすぐ次の目的地に向かうコースに変更。
その途上、昼食の店をさがすことにする。

余談。
「あのそば屋さんにする?」
と、私が手近な店で手を打とうした時に、
友だちが「えぇっあそこ?!」って、目で叫んでた。
いかにもオシャレな人らしくて、おかしかった(失礼☆)
[PR]

by ti-ao | 2013-01-11 13:39 | 通りでゆうておくれやすにっき | Trackback | Comments(0)
2013年 01月 11日

「装甲する門」~ぁなざさいどぉぶ京トコ旅情1~

d0129713_13312929.jpg
d0129713_13313746.jpg
d0129713_13314531.jpg

すでに昨年のことになりましたが、
友だちと京に。

まず行ったのは、左京区のお寺。
地元では「くろ谷さん」と呼ばれているとか。

それにしても、これはすごい門。
外に面する部分が銅板と鉄でヨロってある。
戦火に備えている感ビシビシ。
無骨よのぉ~

今やってる大河ドラマ(国営放送)にも出てくる、
松平容保公が幕末、ここに陣を置いたこともあるらしい。
(これはつい先日知りました)

この門の構えに、どういう思いがこめられていたのか、
少々まじめな気持ちになりました。


(2012年11月 京都市左京区 金戒光明寺)
[PR]

by ti-ao | 2013-01-11 13:33 | 通りでゆうておくれやすにっき | Trackback | Comments(0)
2012年 11月 09日

10円玉の里帰り~京都・宇治トコトコ~

d0129713_6365116.jpg
d0129713_637617.jpg

ちょっと前、と言っても、ん?ひと月も前・・・
宇治に行きました。
西のマジョたちに混ぜていただいて。
(ありがとうございました♪)

平等院鳳凰堂は改修工事中です。
「丸太足場、かっこええなぁ」
報道で見た時から思ってました。
実物もなかなかのもんです。
あれをあかりで照らすときれいでしょうね。
池に映るし。

展示されている鳳凰を見ましたが、
これだけでも十分見ていておもしろい。
デザインも部材の構成も。
金物の芸術として成立してる。

梵鐘の天女は、薬師寺水煙の有名な?天女に比べると、
曲線がやわらかく、優美。
時代が下って、日本的になってるということかな。

梵鐘も鳳凰も、展示されているのは実物らしいです。
(びっくり☆)

菩薩像52体。
雲に乗り、いろんな楽器を奏でる仏様?が、
いっぱい壁面に展示されていましたが、
本来どのようにお堂の中にいてはるものなんか、
実は昨夜、お店に伺って写真集拝見して、わかりました。
1ヵ月後の感動。
(仏像って、表情が多様!)
d0129713_63731100.jpg
d0129713_63741100.jpg

敷地内でいちばん気に入ったのは、六角堂。
今は東屋(パーゴラ)みたくなっていますが、
ご案内くださった先生によると、明治の建築らしいです。

はやく着いたので、周辺を一人でトコトコしていました。
古い町家とマンションが向かい合って建ってるとことか、
細い道とか、水路とか、あるいは、宇治川とか。
そして、
わりと迫ってる山、そのわりに明るい。
なるほど、いいところです。
観光地のわりに落ち着く。
住んでみたい感じ。

ちなみに。
宇治川の景は、平等院側から対岸を見るほうが、きれい。
対岸から平等院側を見ると、観光地らしく看板がごちゃごちゃしてる。
今度行くなら、対岸をもっとトコトコしたいな。
[PR]

by ti-ao | 2012-11-09 06:38 | 通りでゆうておくれやすにっき | Trackback | Comments(0)
2008年 06月 16日

オフとハコ

d0129713_13452995.jpg
久しぶりの京都。
冬の雨の祇園さん参り以来。

ゆったり歩いて、話して。

町家。
麩のまんじゅうがいただける。
ひんやりつるりとほお張ると、
さわと風が抜けて、風鈴がささやく。
打ち水のあと。
なつかしい香り。
d0129713_13454082.jpg


ハコバカさんたちの展覧会「箱日和」へ。
いやぁ・・・
ハコさんたちを満喫(笑)
ハコへの思い、おもしろくて、すばらしい。
身近なハコも、少しねじるとまったく別物だし、
積み上げてみると迫力もある。
三次元、ということを、目に見える形で感じさせてくれる。
なんか刺激をいただいた。
ありがとうございました。
(私もハコバカ症候群だと判明・・・)

今度、ハコを持ち寄って、ハコ・パーティ(ハコパ?)しませんか?
d0129713_13455634.jpg


ちなみに、お隣のカフェは、ゆっくりまったり、真剣に、
一杯ずつ淹れてくれる。
おいしい、のひとこと。

よいひとときでした。
[PR]

by ti-ao | 2008-06-16 13:49 | 通りでゆうておくれやすにっき | Trackback | Comments(2)