マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大阪・三大城下町日記( 51 )


2018年 05月 08日

白いねこはいなかったけど~四天王寺あたり~

d0129713_22444547.jpg
d0129713_22445586.jpg
d0129713_22450416.jpg


そのあと四天王寺へ。
寺田町からだと歩いてすぐだった。
塔は改修中。
上の相輪だけがひょっこりのぞいていておもしろい。
(もしかすると相輪を拝めるようにとのご配慮だろうか)

愛染さん。豊臣期の多宝塔はやはり力強く優美。

大江神社。あの日の白い猫はいなかったけど、
帰って写真を見たら、七色の光が写っていました。

期せずして、大阪三大城下町マップづくりの取材コースを再現。
よい天気で、人もわりと少なく、歩くにはちょうどよい感じでした。
たまには仕事抜きでまち歩きもいいものです。

(2018年5月4日)


[PR]

by ti-ao | 2018-05-08 22:45 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 07日

大阪・寺田町へ(GADGETさんを訪ねて)~ある意味において境界がない空間~

d0129713_22403502.jpg
d0129713_22402807.jpg
d0129713_22404226.jpg

とてもおもしろいお店。
GADGET。
http://gadget-1999.com/
(たぶん)アメリカから買い付けの雑貨・古着の販売+カフェ。
建物の内外装、建具、そして商品、展示など、まったく隙がなく、
どこを見てもおもしろくわくわくする。
濃ゆ~い趣味空間。
店の備品なのか商品なのか判然としないものも(笑)
つまりこの店には、境界がない。(と思った)
隙がないが、空間の密度に適度な疎密があり、
ほっと息を抜くこともできる。
この空間は絶妙のバランスと心配りでできている。

昨春、大阪三大城下町マップを配布していただき、
今回はマップの追加分をお届けしました。
ほんとうは昨年もっとはやくに伺いたかったのですが、
この1年余り、殆ど仕事以外で地元を出ることがなかったため、
ようやく今になっての訪問、そして長話でした。
(ありがとうございました!)

コーヒーは地元の焙煎屋さんでブレンドしてもらったものとか。
そのままで飲みやすい味わいでした。
カウンターのイスは背もたれの天端がフラットでおもしろい。
なんと教会のイスだったものを転用したらしい。
背面に聖書受けがある。

お店の近くに、堀の跡があるという。
大坂夏の陣の時、裸になった大坂城を守るために、
岡山から茶臼山までを結ぶ防衛線として、
豊臣方がおおあわてでつくったのでしょうか。
どうにも界隈の地形がおもしろく気になりました。

連休明け、文化財師匠(昨年、真田丸発掘現場をご案内いただいた方)に
電話でお尋ねしましたが、詳細はよくわかりませんでした。
また歩いてみたいものです。

ところで、マスターも太閤さんの大坂城がすきだとのこと。
私もいちばんすきな城です。
二番目は、太閤さんの指月伏見城(初代の伏見城)かな。
むかし?復元の姿図を見て、こんなに美しい城があったのかと思った。
どちらも現存しませんが。
そんなことを思いながら、連休の大阪を久しぶりに少し歩きました。

(2018年5月4日)
(写真の通りは堀のあったあたりかどうか不明です・・・)


[PR]

by ti-ao | 2018-05-07 22:42 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 10日

みんなでお城になりました~笑顔の高槻城!~

d0129713_22155053.jpg
d0129713_22160109.jpg
d0129713_22161054.jpg

昨日、2017年12月9日(土)昼ごろ。
「子ども夢企画」(第一中学校区地域教育協議会(つばさネットワーク)主催)
しめくくりに、人文字?で高槻城を描きました。

高槻城公儀修築400年の今年、市役所はいろいろ記念企画をなさっています。
市民(特に地元城下町の)もなにかやっておくべきだと思っていました。
今回は主催者の中学生のみなさんを中心として、とてもすばらしい企画を実現してくださいました。

とにかく、地元城下町の子どもたちにとって、よい思いでになってくれたらいいな。
終局的には、これに尽きます。
ちいさなお子さんにとっては、これがなんだったのか、のちにわかってもいいと思います。
高槻が城下町であることを、いつも覚えていてほしい。

みんなでよいお城になれましたね。
笑顔いっぱいの。
これまでに見た中で、いちばんの城でした。

現地では縄張りを少しお手伝い。
全体のプロポーションについてはメリハリに気をつけ、
あとは、てっぺんにツノ(しゃちほこ!)を付け足しました。
(しゃちほこがあるのとないのとではまったく違う、はず)
縄張りのあと、校舎の4階に上がり、全体を見守りました。
はじめのイメージよりも、はるかにすばらしい。
正面からの写真はほかのみなさんにお任せして、
ここではすこし斜めからの写真をご紹介します。

教育協議会のみなさん、先生方、連合自治会のみなさん、
参加してくださったみなさん、
市広報室としろあと歴史館のスタッフのみなさん、
メディア関係のみなさん、
ほんとうにありがとうございました。
そして、がんばってくれた生徒さんたち、ほんとうにありがとう!


公儀修築400年記念の企画、かなり出遅れてのスタートでした。
はじめのスケッチhttp://fukei.exblog.jp/24422595/(城の人文字とかお堀端キャンドルとか)が6月。
それから半年後に人文字が実現して、キャンドルは年越しになります。
大阪三大城下町サミットとか、いつのことになるでしょうか。

これからもよろしくお願いします。


[PR]

by ti-ao | 2017-12-10 22:21 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 08日

高槻城についての講演会

d0129713_21524293.jpg
高槻地区ふれあい文化祭で高槻城についての講演会があります。
日時:2017年11月12日(日)午後1時から
場所:城内公民館(高槻市城内町1 市立第一中学校北隣)
講師:高槻市立しろあと歴史館の学芸員さん
主催:高槻地区連合自治会
(無料)
今年は高槻城築城(公儀修築)400年記念の年です。
6月には二の丸周辺堀の発掘調査現地説明会もありました。
今回の講演会でも興味深いお話が聞けることと思います。
よろしければご参加ください。

実は6月に連合自治会からマチヤ・テラスに、
「今年も文化祭に参加しませんか」とお誘いいただきました。
その話し合いの場で、「今年は築城400年で発掘調査もやっていることだし、
専門の方に講演などしていただけないだろうか」というお話が出ました。
いっしょに活動してくださっているKさんがしろあと歴史館との調整に乗り出し、
今回の企画が実現しました。

こうして地元市民のみなさんが築城400年記念になにかなさるのは、
とてもよいことだと思います。
築城400年の企画はまだこれからです。
いろんなところでいろんなひとがいろんなことをやって、
高槻城築城400年をお祝いすればよいのだと思います。
それが高槻らしさ再発見につながるはず。

連合自治会のみなさまとは今後も城下町のためにご一緒できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。
(まずは今年の文化祭がうまくいきますように!)

Kさん、お疲れさまでした。
またよろしくお願いいたします。

写真はちょっと前の二の丸附近の様子。
まるで堀が復活!したかのよう。
左端に城内公民館(今回の会場)が見えています。


[PR]

by ti-ao | 2017-11-08 21:53 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 31日

やっとの秋空ほっとする~高槻城下にて~

d0129713_22094926.jpg
d0129713_22095702.jpg

打合せのはしご。
とことことことこ。
高槻の城下町を歩く。

それにしても、ようやく秋らしい空。
(こうでなくっちゃ)

(2017年10月30日)


[PR]

by ti-ao | 2017-10-31 22:10 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 27日

高槻城の高月~堀の跡にて~

d0129713_23061213.jpg
ひゆひうと雲は流れるが、月は流れず。
水の月と空の月、いっしょに写したかったけど、
いっこうに距離が縮まらない。
高い月。


二の丸前の堀。
発掘調査の後、埋め戻されたけど、長い長い雨で水たまり。
まるで堀が復活したかのようですね。


かつて、堀の向こうは二の丸でした。
さらに向こうには本丸、天守があったのでしょう。


堀端でしばし月を見ながら城を思うのでした。


[PR]

by ti-ao | 2017-10-27 23:06 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 30日

ヒカリをつなぐ~高槻城下町300歳町家にて~

d0129713_18304947.jpg
晴天の町家。
高槻城築城400年記念企画について話し合い。
そういえば横山家住宅は築300年近くだから、
高槻城の公儀修築から100年後には、
「すでにここにあった」のですね。
はぁ、なんか感慨深いな。
[PR]

by ti-ao | 2017-09-30 18:31 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 24日

高槻城の今~江戸時代公儀修築から400年の記念企画~

d0129713_23031212.jpg
高槻城二の丸を囲む堀のあたり。
6月に発掘調査の現地説明会がありましたが、
今はほぼ埋め戻されています。
やはり、この下には江戸時代や戦国時代の遺構が眠っていました。


公儀修築から400年の今年、なにかできたらいいですよね。
「高槻城築城(公儀修築)400年企画」。
実は以前から少しづつ話をはじめています。
またお知らせしたいと思います。
よろしくお願いします。


[PR]

by ti-ao | 2017-09-24 23:03 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 08日

台風一過の高槻城下町

d0129713_21121765.jpg
ついでに私も通り過ぎました。
今日は建築関連法規の確認であわただしく。
江戸時代までなら高槻城に法に関する用向きで出向いたとすれば、
今の役所は城の代わり?
むかしの人もあわただしく城下町を行ったり来たりしたのかもしれませんね。
私もむかしの人たちと同じように城下町を歩いているにすぎない。
そう思うとなんだかおもしろい。


さて、仕事に戻ります。


[PR]

by ti-ao | 2017-08-08 21:12 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 03日

高槻城二の丸跡北辺部の発掘調査 現地説明会へ~高槻城築城400年祭!?~

d0129713_16504077.jpg
d0129713_16503122.jpg
d0129713_16504920.jpg

高槻城二の丸北辺部の発掘調査。
ずっと気になっていました。
今日2017年6月3日(土)午前、現地説明会(高槻市教育委員会主催)。
知人に教えていただいて行ってきました。
高槻城は江戸幕府による公儀修築から400年。
まさに築城400年祭!(そんな祭はない?)のような年なのです。
高槻城への関心の高さ。ものすごい見学者の数でした。
概ね私よりご年長のみなさんだったようですが、中には結構若い方たちも。
すばらしい。


現地は今。
三の丸と二の丸の間の堀がすっかり表にあらわれている感じ。
先週の夕立で堀が一時的に復活したような状況になったとか。
いっそ、このまま、堀のままにしておいてほしいぞ!
雨水貯留施設を設けるようですが、堀を活用してそれに充ててもよい気がします。
堀に雨水を貯留した際、流出させるまでに雨水によって遺構が乱されるとか、
土地利用(配置計画)上の事情とか、課題はあると思いますが、
そのくらいの工夫はできるのではないでしょうか。
(貯留槽の容量が足りなければ、もっと堀を復元するとか?しめしめ・・・)
これはわが敬愛なる高槻市のみなさまへのご提案です。


堀の発掘現場から天守があったあたりを見てわくわく。
不明門akazunomonの基礎廻りや修築工事のための仮設土橋の跡が出て、
それと戦国時代の堀跡が江戸時代の堀跡の底から出てきたらしい。
仮設の橋ってゆうのが建築屋としてはおもしろいなと思いました。
(今と根本的にはやること考えることはおんなじってことかな)
戦国好き、高山右近公ファンとしては、戦国期の遺構はたいへん興味深いです。


堀を埋めていた土はもしかすると本来の城郭内部の嵩上げされていた
(あるいは元々丘のような地形だったのか)部分の土!
ではないのかなという気がするのですが、どうなのでしょうか。
どうせ堀を埋めるんなら、その手前にある丘みたいな郭内の土を切って埋めるのでは。
だとすると、今、敷地内に積み上げられている土って案外、意味があるのかも。
(例えば本来の二の丸の土だったとか、なにかいっしょに埋まってたとか)
(聚楽第と同じ文様の瓦は出土したようです)
まぁ、このあたりは専門家のみなさんがしっかりお調べになっている。
いつかあらためてお聞きしてみたいです。


行政がその気になったらすさまじいと、いつも思っていますが、
今日もそれを目の当たりにしたした気がします。
よい現地説明会だったと思います。
スタッフのみなさま、ありがとうございました。
今後の調査継続とよりよい高槻城復活に期待しています。


そして、帰りは高槻城と切っても切れない城下町へ。
300歳町家は陰影くっきり、佇んでいました。

d0129713_16505509.jpg



[PR]

by ti-ao | 2017-06-03 16:52 | 大阪・三大城下町日記 | Trackback | Comments(0)