人気ブログランキング |

風景カフェ(マチヤ・テラス通信)

fukei.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:たかつきええとこテラス( 31 )


2018年 12月 18日

続・おくど(お釜)さんと懸魚gegyo(高槻・西面あたりにて)

d0129713_22434615.jpg
d0129713_22435503.jpg
d0129713_22440890.jpg
d0129713_22441715.jpg


サイメの続き。
奥に見えていたお寺さんは正徳寺(元は聖徳寺)というらしい。
やはりかなり由緒あるお寺の様子。
松に月に懸魚。とびきりの和の要素。
山門が閉じていたので門前にて一礼。

しばらくサイメのまちを歩く。
風情ある集落の中。落ち着く。
しかし、ブルーシートが多い。
ここも。
はやり。

風に吹かれ、一時間に一本のバスに乗り地元に戻った。


サイメを歩いたのは昨日だが、今日は大阪北部地震からちょうど半年。
被害をお受けになった家屋の補強と補修をすすめて、
なんとか落ち着いてお正月を迎えていただきたいと、半年がんばってきた。
しかし、間に合わず無念。

まだまだ長い戦が続く。
いずれ。みんなで勝ちを制するに至れると信じています。

d0129713_22442485.jpg
追記
正徳寺門前に「玉川の里」への案内表示があった。
わが母校の校歌に出てくる卯の花の里。
わりと近いらしい。



by ti-ao | 2018-12-18 22:44 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 17日

おくど(お釜)さんと懸魚gegyo(高槻・西面あたりにて)

d0129713_23281320.jpg
d0129713_23282271.jpg
d0129713_23283042.jpg
d0129713_23285534.jpg


高槻市の南西面にその名も西面という地域がある。
サイメと読む。長いこと高槻市民やってるが6月の地震直後まで読み方を知らなかった。

あるお宅におじゃまする。
土間にちゃんとおくどさんがある。
畑でとれた小豆を使い、この釜で赤飯を炊くのだそうだ。
現役バリバリ、お釜もお母さんも。
昭和に建てた住宅でも、こうして昔ながらの釜を使っている。
この国の古き佳きものを引き継ぐお心は尊敬に値する。

サイメの集落は興味深い。
むかしの上空写真でもかなりはやくからあるようだ。
東西軸街路が都市間主動線らしく、南北には細街路が走るが、
ある一本の南北軸道路は幅が広い。なぜか。
奥に大きな木が見える。どうやら由緒あるお寺の参道らしい。
歩いてみたいでしょ?

(つづく)



by ti-ao | 2018-12-17 23:29 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 31日

西国街道・芥川宿の情報です

d0129713_16021724.jpg
d0129713_16023728.jpg

西国街道・芥川宿の情報です。

芥川の一里塚といえば大きなムクノキが目印ですが、
その足元に荒神さんが祀られており、地元のみなさんに大切にされ、
毎年神事も行われています。
(屋根付きの祠を覚えている方もいらっしゃるかもしれません)

間もなく一里塚、荒神さん周辺を改修整備することになり、
着工に先立って神事が行われるとのことです。
すべては地元住民のみなさんが企画運営なさっています。
すばらしいことですよね。

●日時・場所・概要など:
 芥川一里塚の荒神さん神事
  2018年6月3日(日)芥川宿一里塚(高槻市芥川町3丁目)
  朝9時からお祓い 夜7時30分から御霊移し
  (阿久刀神社のご神職による)
 (雨天の場合の情報は入っていません。
  伝聞による記事のため予定変更などに対応できません。ご了承ください)



by ti-ao | 2018-05-31 16:03 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 13日

高槻市景観賞のこと

d0129713_19061035.jpg
みなさん、寒いですが、お元気でしょうか。
ちょっとお知らせです。

1.高槻市景観賞
高槻市が現在、第1回景観賞を募集しています。
対象は建築物と活動で、今月いっぱいの募集です。

対象が重複しても構わないので、
みなさんもよろしければ推薦してみてください。
私も高槻町家と富田町家を推薦してきました。

詳細は以下へ
(↓高槻市ええとこブログ記事です)
http://takatsuki.osakazine.net/e671642.html
(↓募集要項など 高槻市HPです)
http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kakuka/toshi/toshiduk/gyomuannai/keikankeikakutou/takatsukishikeikansyou/dai1kaibosyuu.html

(高槻市の了解のもと記載しています)
(はにちゃんとは久しぶりの再会!(今日もちゃんと自立しとった))



by ti-ao | 2018-02-13 19:06 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 14日

スリランカの手染め手作り衣服とインドの布の展示、販売~猫猫mao mao~

猫猫(マオマオ)。
おかみkmさんの料理は小皿もおもしろくておいしいと、前にも書いた気がします。
今日の小皿の豆腐は冷たくて、おいしかった。
(冷たいものと思い込んでいると、あったかかったりするのです!)
d0129713_22293228.jpg
d0129713_2229405.jpg

そんなマオマオで、表記の企画をなさるようです。
 6月28日(日)11時30分~21時
    29日(月)11時30分~17時
    30日(火)11時30分~15時
 *詳しくはお店に確認してみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/sydnm852/48759602.html
なかなか興味あります(私、おっさんですけどね)

スリランカと言えば、ムジカさんの紅茶ゆかりの地だし、
インドはノコ・プロジェクトゆかりの地でもある。
なんかつながっているんですね、人って。
d0129713_2230038.jpg

「この店への入り方がわからへん」ゆうてた大学生諸君へ。
君たちのことはちゃんとkmさんにも話しておいた。
あとは無事にここの「ねこ階段」が開いている時に来て、
おいしいごはんとお茶をいただいてくれ☆
d0129713_2230137.jpg

ちなみに、今回の町家壁新聞も貼っていただきました。
毎度ありがとうございます。

by ti-ao | 2015-06-14 22:31 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2015年 06月 02日

藤川球児が高知に帰るらしい。

球児なら、どこのユニホーム着てても応援します。
d0129713_162294.jpg

写真は、久々の猫猫maomao。
誰かがブログで写真アップしてるの見ては、
いいなぁ思ってた。

ふと前を見ると、窓際に本を置いてくれてた。ありがとう。
あれ、引き抜くと壁が倒れてくる仕掛け、かどうかは定かではない。
kmさんのごはんがおいしいのは定かです。


そう言えば、ちょっと前のこと。
この店の入り口附近。
大学生らしい女子たちが「この店、入口がわからへん」
「どっから2階にあがるんやろ」と盛り上がってた(のか?)
君たち、それはいっつも閉店時に来ているっちゅうことやん(笑)
お店開いてる時にはね、ちゃんとそこのシャッターの向こうで、
「ねこ階段」が君たちを待ってくれているのですよ、
と、心の中で教えてあげながら通り過ぎた。

by ti-ao | 2015-06-02 01:06 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 29日

とんだのはずれははずれではない~高槻市富田町~

d0129713_23502328.jpg
おもしろいまちは、かげもおもしろいし、
きれいなまちは、かげもきれいねんなぁ。

写真は秋ごろの高槻市富田。台地のはずれあたり。
いいよね。
富田はいろんな人がいろんなことやってる、地力のあるまち。
私たちがなにかするよりも、まず、お話を聞いてまわるべきまち。


週末、なんの話やろと思って行ったら、地域コミュニティ誌の取材でした。
それならちゃんとパーマ当ててったのにな(おばちゃんか)

ナヲ、現在、歳末大売出しが如き絶賛お仕事の日々。
ぎりぎりまで働きます。

by ti-ao | 2014-12-29 23:51 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2013年 12月 09日

覚悟の流線型~高槻市前島あたり~

d0129713_032175.jpg

丘のような淀川堤防中腹に宅盤があり、寺や家屋が並んでいる。
堤防に貼り付くような流線形の集落です。

下から見上げると、砦のような独特の景を成しています。
いかにこの地が水とたたかい、そして、共に生きてきたか、
集落の配置と盤高からも、それが伝わってくるようです。

淀川から離れるのではなく、貼り付いて住まう姿は、
川に対する人々の決意そのもの。


あっさり圧倒されました。


附記:
近くに住むマチヤ・テラスのメンバーに聞くと、
家には舟があるという。
また、副キャプテンが地元の人から聞いた話では、
「前島地域の家々は元々淀川の堤防の上にあったが、
堤防の補強、改修工事に際して、堤防の外(河川と反対)側へ移した」
ということらしい。

昔、前島は三十石船の臨時の船着き場であり、
対岸の枚方とを結ぶ渡し船も出ていた。
高槻にとっては、大塚などと同じく大事な舟運の港であり、
沿岸部にはマチができていたのかもしれない。
もちろん、マチは今よりもっと川に近い、荷卸しにも便利な状況だったろう。
それだけに一度水害になれば、被害も大きかったと思われる。

明治以降に、淀川が大規模で近代的な治水工事により改修された際、
前島の家屋は後退して、より大規模な築堤がなされたと想像する。

先日、対岸の枚方の宿場町を見学した。
高槻町家の調査に協力してくれている文化財プロ氏に以前いただいた資料、
それによると枚方宿の家屋もやはり元々堤防の上に建っており、
家屋の増築と堤防の拡張が競うように?進んだようだ。
そして、こちらのマチは、そのまま宿場町へと発展して、
これが枚方の中心市街地の基礎となったため、
明治以降の淀川改修では、マチを残して、
その内(河川)側へ新しい堤防をつくったと思われる。
d0129713_081623.jpg

(写真↑現在の枚方宿周辺:左手は堤防の上の道路。右下に宿場町が見える)
高槻では度重なる水害に悩まされた。
枚方でも同じだったはずだ。
しかし、枚方では淀川のすぐそばに宿場町ができ、
それを包含する形で現在の中心市街地も発展した。
高槻の西国街道芥川宿、城下町、そして、今の中心市街地は、
淀川から少し離れている。

大坂と京の間にある、淀川右岸と左岸の主要都市、高槻と枚方。
都市としての位置付けは似ているが、
淀川との距離感で大きな違いが生じている気がする。
d0129713_051655.jpg

この記事は、2006年9月22日の記事に、後半を書き加えました。
*スケッチや記述の内容には、裏付けがないものがありますのでご注意ください。
(現在、このブログの前身となったブログ整理作業中です)

by ti-ao | 2013-12-09 00:06 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 29日

マオマオのkmさん、かぼちゃ狂い絶賛継続中!

d0129713_13501067.jpg

おなじみの猫猫maomao。
女将がかぼちゃ狂いらしい。
かぼちゃを見たら買わずにはいられない。
だから、お店にはいろんなかぼちゃが。

おかげで、美味なるかぼちゃがいただけます。
先日は、かぼちゃのスープを出してくれた。
それが、どないしたんやこれ~ゆうくらい、
めちゃくちゃおいしくて感激しました。

もうしばらく、かぼちゃ狂いのままでいてね。

by ti-ao | 2013-09-29 13:50 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)
2012年 12月 29日

cafe STERAの絵~たかつきエコ・ヒカリ コレクションおまけ~

d0129713_8491119.jpg

エコ・ヒカリまっぷの話をしに行って、
あまりの心地よさに、つい、スケッチ。
cafe STERA。
ゆらゆら、ランプがなつかしい。
マスターとスタッフのみなさんの笑顔。
ええなぁ。

以前はよく、ここでカフェ・オレをいただいた。
コーヒーとミルクが別の器で出てくるので、
それをいっせぇのでボウルに移す。
マチヤ・テラスの新聞取材後の打合せもここだったなぁ。
ドアを開けたら、女性客てんこもりで、
思わずドアを閉めて撤退したことも度々(笑)
まだ20代のころ、大学の大先輩に連れて来ていただいたのが最初。
ここも結構長い。地元に根付いているよね。
当時はこんなおしゃれなお店は、今ほど多くはなかった気がする。
ここはおしゃれやけど、気取りがないのが好き。
極私的には、SADEが似合いそうなお店。
マスターのイメージとは多分違うでしょうね(テヘ)

ほぅっ。
また、空いている時におじゃましたいな。
よろしくお願いします。

by ti-ao | 2012-12-29 08:49 | たかつきええとこテラス | Trackback | Comments(0)