人気ブログランキング |

風景カフェ(マチヤ・テラス通信)

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2012年 04月 29日

こういうものを、失いつづける生き方を、もっとはやく見直すべきでした。わたしたち。

d0129713_2253479.jpg
d0129713_22531961.jpg
d0129713_22533027.jpg

今からでも、決して遅くはない。

庭の実測、ようやく始める。
蚊の編隊襲来までに終えたいなぁ。

隠居棟の姿を庭から見ると、
なかなかおもしろく、美しい。
(デザイン心が躍る)

高槻300歳町家 庭の実測
2012年4月28日 


そして、今日は実測結果のCAD入力、
と言っても、昨年秋に測った納屋と蔵。
5ヶ月もかかってやっと。
実測したら一週間以内に作図したい・・・
(でないと手と頭が忘れる)

マチヤ・テラスに関して、
作図したり調査結果をまとめたり、
そういうことは際限なく続く。

息が切れる、時として。
しかし、投げ出すことはしない。きっと。

by ti-ao | 2012-04-29 22:56 | まちなみ調査+マチヤ実測 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 12日

打合せも終わったし、ヒゲでも剃ろか

d0129713_16365487.jpg


行く前に剃らんか☆

てへ
(かわいないかわいない)




ん?
去年の今ごろか、岩手行ってた・・・・・・・・・・

by ti-ao | 2012-04-12 16:38 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 10日

あけぼのすぎのそら~大阪市阿倍野神社~

d0129713_15415850.jpg

切り取られた夕空に、
阿倍野神社のあけぼの杉が、
ちょこん
ちょこん

のぞいている。


れい
れい
ぱん
ぱん

れい

by ti-ao | 2012-04-10 15:42 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 10日

まるっと坂~大阪市天神ノ森・北畠その3~

d0129713_15402715.jpg
d0129713_15403733.jpg

なんか、
空間がまるっとしてへん?
この坂。

by ti-ao | 2012-04-10 15:40 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 10日

タイタニック坂~大阪市天神ノ森・北畠その2~

d0129713_15382442.jpg
d0129713_15383262.jpg

以前にもご紹介しましたが、
すごい。
なんてタイタニックな擁壁・・・



説明なしで、おもしろいよね。

by ti-ao | 2012-04-10 15:38 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 10日

長屋のある風景~天神ノ森・北畠~

d0129713_1535970.jpg
d0129713_15352090.jpg
d0129713_15353071.jpg

この長屋は気になる。

初めて見たのは、
団地再生検討で周辺を歩いた時、
阪神の地震の前の年だったか。

その後、行く度に気になる(笑)
(ちゃんと残ってるかも含めて)

古い長屋、大きな木、そして猫たち。
ここだけは以前と変わりない。
(と、私は錯覚する)

大阪市、帝塚山を少し北へ歩くと、
こういうまちがあって、
私はすきです。

by ti-ao | 2012-04-10 15:36 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 09日

帝塚山の桜とか日記 2012

d0129713_11524690.jpg

かつて、ある団地の建て替えに際して、
桜を残せなかった話をしました。

代わりに植えた若い桜たち。
今年もどうやら咲いています。
幹も細くて枝張りも頼りない感じですが、
無事に育ってほしいです。
d0129713_11525860.jpg

エントランス脇に植えた夏椿。
未だに咲いた姿を見たことがない。
ちゃんと咲いてる姿を見てみたい。

建て替え前の樹種も極力、同じような場所に植えました。
歳を取ってからの住環境の変化。
建て替え後にご高齢の方が戻って来られた際に、
せめてなじみのあるものを残しておきたい。

竣工後何年も、こうして通っては、
木や花や、あるいは人の様子、
採用した仕上材の様子、
デザインによる劣化への影響の有無、
いろいろ見ています。
d0129713_1154848.jpg

ここは、ちょっとした丘の上に建つ。
下から見ると、こうなる。
このところの公営集合住宅は、
徹底した設計の標準化がすすみ、
集会所も標準のプランとデザインです。
決まったタイプを敷地に配する感じ。
だけど、ここではあえてそれをくつがえし、
土地になじむよう、新たに設計しました。
丘の上、まちを見渡す若い桜の庭に面して、
和室と洋室をL字型に配するように。

ここでは住棟本体にも結構、
屋根形状、壁面構成などデザイン全般に、
標準タイプとは異なる工夫を採り入れています。
(二十提案して五つ採用、くらいなものですが)
おそらく「バブル弾け」以降、珍しいケースだろうと思います。
同業の目から見れば、なんだバブルのしっぽか、
みたいな印象かもしれませんね。

場所が帝塚山というステータスにかかわる土地で、
風致地区でもあり、形状やデザイン、植栽に特別に配慮した、
つまり、よろこんで張り切ってデザインした、
(=担当がそういうのが好きなヤツだった!)
そういう事情ゆえ、です。

勤め時代にここの設計を担当しましたが、
今回は初めて、ご近所の方と立ち話をしました。
30分ばかり。
公共事業の場合、設計者はなかなか、
地元の人と直接お話する機会がありません。
時が経つと、こういうこともある(笑)
d0129713_11543472.jpg


by ti-ao | 2012-04-09 11:55 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)