マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2018年 07月 01日

今回の大阪北部の地震は被害が比較的軽いと見られているところが非常に厄介で危険

d0129713_15022377.jpg
思わぬところに問題が隠れていたり、あとから被害がひろがったりしている。
今回の地震は、建築的被害などが比較的軽微だと思われていますが、
人の疲弊もモノの損害も隠れていて見えにくく、
それだけにかえって厄介で危険ではないかと感じています。

昨日の高槻市役所での住宅相談会では7組、次々とお話を伺い、その場でお答えしましたが、
ちゃんと気付くべきところに自分が気付き、それをわかりやすくお伝えできたのか、
ずっと頭の中をめぐっている状態。

住まい手が心配なさっている損傷個所がそのまま建築的な問題になっているケースもありましたが、
その点はさほど大きな問題ではなく、実はまったく別の点が問題だと思えるケースもありました。
見えるところだけではなく、見えないところや周辺にも注意が必要です。
たとえば、構造躯体は隠れて見えない場合がありますし、建物周辺の造成や地盤の状況なども重要です。
また、極端な破損部位があれば、なんらかの原因があると思われます。

部分的な損傷の補修だけで済ませるのか、その取合い部分も合わせて補修するのか、
さらに建築全体のバランス(特に構造)を見て補修を検討するのか、
そこからさらに将来的な耐震性能向上まで踏み込んで検討するのか、
ケースごとに実情に合わせて、みなさんも選択されていると思います。
後者にいくほど私たち建築士の必要性が高まると思われますが、
実際にはなかなか建築士を交えて検討することにはならない気がします。

構造的には問題ないと思われるお宅に飛び込みで営業して、
「この家はもう潰れる。危険だから、すぐに建て替えましょう」
というようなことを言った施工業者がいるようです。
(相談者の方から聞きました)
ご注意ください。

みなさん、わりと写真(プリントもしくは端末画像)を持参くださっていました。
願わくば、建物の全体の様子がわかるものがあると助かります。
もちろん部分も大事ですが、全体の状況が重要です。

高槻市ではもう1回相談会があります。(7月8日(日))
(以下、高槻市役所HPより抜粋)
「被災した住まいに関する専門家による相談会」
 http://www.city.takatsuki.osaka.jp/kinkyusaigai/soudan/1529978478147.html
 ●開催日時:平成30年6月30日(土)、7月8日(日) 各日13時~17時
 ●相談時間:1組 30分
 ●会場:高槻市 総合センター14階 C1401会議室
 ●相談対象者:戸建て・長屋住宅をお持ちで、住宅が被災された方
 ●参加・申込方法:事前予約制 (先着順)
  申込先:高槻市住宅課 072-674-7525
  電話、または窓口にて受付いたします。 相談は無料です。
 ●申込受付期間:平成30年6月27日(水)~7月6日(金)【土日除く】
 ●受付時間:8時45分~17時15分
 ※相談会に参加される方は、被災した住まいの現況がわかる写真や図面、
 その他参考となる資料を持参いただきますと、相談が円滑に進みます。
(以上、高槻市役所HPより)


[PR]

by ti-ao | 2018-07-01 15:02 | 地震のこと | Trackback | Comments(0)