マチヤ・テラス通信~高槻の町家を照らす~

fukei.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 25日

ミモザをミモザと思って見たのは これがはじめて ~石切さんと石切ヴィレッジ~

d0129713_15153307.jpg
d0129713_15154232.jpg
d0129713_15155005.jpg

先週後半、東大阪の石切さんへ。
お参りするのは子どものころ以来。
つい拝殿の奥の本殿が気になる aho no 建築士。

そのあと、古民家を改修したイベント施設?、石切ヴィレッジへ。
http://www.terukensetsu.jp/ishikiri
築250年を軽く超える家の座敷。
庭にはなぜか明るいミモザ。
その足元には古い井戸、現役らしいです。
後背の古い石垣もいいですね。
このあたりの蔵は概ね置き屋根でシャープな印象。

石切さん界隈は、山の斜面地に細い坂道や石垣があり、
古い集落の名残や池があり、歩いていてわくわくします。
狭い土地でもどんどん新しい家が建て込んでいく状況は、
ほかの住宅地と似たような感じですが、
それでもとても落ち着いた雰囲気で、
子どものころにはまったく知らなかったすばらしい住環境がありました。

ありがとうございました。


[PR]

# by ti-ao | 2018-03-25 15:16 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 27日

傾く光束が梅をまっすぐ照らして やがて沈んだ~高槻300歳町家にて~

d0129713_18563042.jpg
d0129713_18563864.jpg
d0129713_18562011.jpg

仕事の合間、町家の梅と月を見て、ほっとする。
ちょうどお戻りになった町家センセイとごあいさつ。
いつもありがとうございます。

あとひと月もすれば、ここの枝垂桜。
季節はめぐる。


(とか言うてる場合か!年度末、たまってること片付けな。ひゃぁ~)


[PR]

# by ti-ao | 2018-02-27 18:57 | 風景カフェ | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 24日

春は近いのかな~大阪・中之島~

d0129713_19105970.jpg
d0129713_19110609.jpg

今日は久しぶりに大阪へ。
建築関連ショールームに行ったあと、中之島の図書館。
登録文化財に関するフォーラム。
いつもお世話になっているお方が講師だったので参加。

このところたて続けに高槻・富田で重要な町家が消えている。
不動産信託というのも、町家を町家として残し活かす上で、
有効な手だて足り得るのなら・・・

2月のおわり。
風は冷たいけど、なんか春の匂いがしました。


[PR]

# by ti-ao | 2018-02-24 19:11 | 今度はそっちですか紀行(大阪) | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 16日

内圧と外圧(ナゼ マチヤ・テラスは高槻市を応援するのか)

d0129713_18165205.jpg
城下町や宿場町という地域特性や町家に対する意識を高めるために
私たちがまちに入り、町家調査やキャンドル点灯などの活動に取り組む。
これはまちの内圧を高めることだと思います。
対して、これら地域特性や町家の保全や活用のために
行政が公的に、補助や規制(緩和)などの施策を実施する(と仮定)。
これを外圧とします。
(一般的に外圧はよくないイメージかもしれませんが、ここでは違います)

いつか近い将来、外圧がかかる時、あらかじめ内圧を高めておけば、
相互の効果はよりいっそう大きくなる。
このことを明確に念頭において、初期のころから活動してきました。
(ロゴにもそれがあらわれています)

よって、
高槻市がなにかに取り組む時、ご協力するのは当たり前だと思っています。
(単に役所にこびているだけではない)

マチヤ・テラスが、高槻市主催の景観ワークショップを契機にはじまった
ということも底辺にあります。

以来12年?
はじめにまちにちいさなあかりを灯してから、
(覚悟はしていましたが)ほんとうに気の長い戦をしています。

楠木正成公と石田三成公。
歴史上の人物で、とても尊敬しています。
この活動は楠公の戦い方がお手本です。
関ヶ原のような一時の派手な花火で終わるのではなく、
千早赤坂のような負けない粘り強さで状況が変わるのを待つ。
というような感じです。


ちなみに、今回の高槻市景観賞、
かつての景観ワークショップの同窓会的な側面もあるとおもしろいかもしれません。

(仕事の合間にちょっとおしゃべり・・・でした)


[PR]

# by ti-ao | 2018-02-16 18:17 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 14日

このごろのことなど

d0129713_00135148.jpg
写真は本文とは関係ありません。
(ちゃんとしっかり残っている高槻300歳町家の写真です)

1.町家の動向など
昨年12月、城下町で重要な町家の撤去が決まり、
取り急ぎメンバーと間取り調査に行きました。
物件を取り扱う不動産屋さんにはたらきかけた結果、
ご厚意で実行できたものです。
(ほんとうは町家としての活用の相談をしていたのですが、
 撤去建替えを行う買い手が決まってしまいました。残念)
認められた調査時間が50分で、少々ばたばたしました。
今後も撤去される町家の間取りや写真など、
せめて資料だけでも地元に残したいと思います。
 *追記
  もちろん町家を生きたまま維持、活用することがいちばんです。
  もしもそれがかなわなかった場合、記録だけでも残す、ということです。
  (本来、私たちは調査屋さんでも記録屋さんでもありません)
現在は、富田の重要な町家が1軒撤去作業中です。
こちらは屋根の鍾馗像だけでもどこかに残せないか、
地元の方がはたらきかけています。

2.高槻城築城(公儀修築)400年企画
もう401年ですが、地元のみなさんにはたらきかけています。
かつての堀跡でのキャンドル点灯など、
地元のみなさんが主体で実現できるとすばらしいですよね。

以上、現在の活動の状況でした。
また何かありましたら、ご一緒しましょう。

では、インフルが流行っているようですし、
みなさん、お気をつけて、お元気で。

マチヤ・テラス

(2月13日付記事を内容により、ふたつに分けて再編集しました)


[PR]

# by ti-ao | 2018-02-14 00:14 | マチヤ☆テラス(活動日記) | Trackback | Comments(0)